« November 2009 | Main | January 2010 »

December 31, 2009

時代を動かせるかも。

ダンナの実家のある、地方都市に来ています。
地方のご多分にもれず、町には活気がなく、シャッターを閉めている店も多く、
結婚した頃の華やかなたくさんの街並みが、ただただ衰退してきたという印象です。
でも、その中で一つの商店街だけが活況を呈し、人であふれかえっているのです。
あちこちにある商店街と似たような条件のはずなのに、なぜここだけがこんなに繁盛しているかと言えば、
おそらくこの商店街を牽引するリーダー的存在がいるのでしょう。
同じ個人商店であっても、出店する商店街が違えば、繁盛状況もまったく違っていたでしょうね。
その発展している商店街のつきあたりには、大資本のスーパーが新しく出店し、いろんなものがこの商店街の周辺に集まってきて、
町全体の勢力図も変わってきています。

私には、この商店街と嵐が重なって見えたんですね。

嵐の5人はそれぞれ素晴らしい才能を持っているけれど、
所属するグループ次第では、その才能が目立つこともなかったかもしれないと思うのです。
でも、潤くんというブレナイ牽引者がいるおかげで、
それぞれのメンバーが、自分の得意とする分野で思いっきり才能を開花することができていると思うのです。
皆がどうしたらいいのかわからない混沌とした状態では、自分のあるべき立ち位置もわからなくなりますからね。
グループというのは、各メンバーの存在意義が明確になって初めてグループとして機能すると思うのです。
ですから嵐は、10年かけて、真のグループになってきたと言えるかもしれませんね。

最近の何かの雑誌に、嵐の番組制作者が、潤くんを”嵐の精神的支柱”と表現していましたよね。
『CUT』のオールバックの潤くんは、毅然とした男のカッコよさがあって、
嵐を牽引し、精神的支柱たりえるオーラを発していました。

ところで、『CUT』の翔くんの、
「嵐は時代を動かせるかも・・・」というような発言。
私は大いにアリだと思います。

多くの人たちが何も考えず、目先の安さにつられているうちに、日本はデフレとなり、
その悪循環の恐ろしさにやっと気づき、どうしたら皆が幸福に近づく経済になるのか考え始めた今と、
嵐の健全さへのニーズがマッチしているのかもしれないと思うのです。

視聴率を追いかけ、受ければいいという低俗に走ったテレビ業界。
これでいいのだろうか・・・とふと立ち止まったとき、
まっとうな勤勉と努力を重ね、才能にあふれ、仲がよく、
本当はこうでありたい、こうであってほしいという若者像を具現化しているグループがいた。
同じ視聴率であるなら、こういうグループを推したい、紹介したい、応援したい・・・という、
人間が本来持っている理想を求める欲求に目覚めたのではないかと思うのです。

ですから、嵐のメンバーが時代を変えると意識しなくても、
嵐の存在が、見る者の、創る者たちの善なる欲求を刺激して、
社会がよりよい、あるべき方向に向かうことを後押しするということは、ありえると思うのです。
そういう瞬間瞬間の積み重ねが、大きく時代を動かすのでしょうね。

今夜は、待望の紅白歌合戦初出場。
芸能界に疎い義父も、紅白にでるということで初めて嵐の存在を知ったとのこと。

潤くんは、「好きになったこと後悔させない」というようなことを言っていましたが、
後悔させないどころか、胸を張って誇りに思えるようにしてもらっています。
本当に本当に感謝です。


|

December 26, 2009

SMAPになくて嵐にあるもの

あっという間の怒涛の1年だったなあ・・・と思っていたら、
カウコンの司会も嵐ですか~。
はあ、初出場の紅白を存分に堪能するなどという嵐側の想いとかより、
少しでも視聴率がとれると思われるグループを司会にするという、制作側の都合が優先されるんですね。
それが、今の日本のテレビ界だし、それができる人やグループが重宝されるということなんでしょう。

マダムさん情報の、”10分程度の打ち合わせのみでいきなり本番だとか…。”
もしかして、そんなものかな・・・と思っていたら、そうなんですね。凄いですね~。

私、SMAPになくて嵐にあるのは、愛すべきおばかキャラだと思うんです。
おばかキャラに徹してくれる人がいるから、10分の打ち合わせで、キッチリ進まなくても、あらぬ方向に行ってしまっても、
あはは、ばかだなあ・・・で終われるゆるさがあるんだと思うんです。

ニュースキャスターをやっている人まで、おバカキャラをやってくれるんだけど、
宿題くんが始まったころ、オグさんが翔くんに対して、ひときわイジワルな気がしたんですが、
今にして思えば、殻を破らせようとした思いやりかな・・・なんて思います。

先週の嵐ちゃん、やっと見たのですが、
VIP面白いですね。
ゲストを呼んでのインタビューというのは、いろんな番組でやっていますが、
嵐ちゃんは、ゲストの、ちょっと?と思うようなところをピックアップして、
様々な趣向を凝らして、思いがけないキャラ立ちをさせるんですね。
真面目そうな堀北真希ちゃんの、”くいこんどる”はずっと忘れそうにないですもの。


| | Comments (0)

December 21, 2009

成長していく歌

先週の宿題くんの、たらこ寝袋などで必死に競争するおバカ運動会、
そして、ベストアーティストでの口をめいっぱい開けて、
Smile Again~♪と生歌で歌う様子は、合唱コンクールの生徒のよう。

いつまでも、・・・というか、歳を重ねてますます、元気で純な中学生の男の子たちみたいなんですよね。

これが、嵐の魅力であり、老若男女に愛される理由だろうなあと思う。
だって、ほとんどの人は、いつの間にか失ってしまっているものだから。

そして、ベストアーティストの大トリで歌った『感謝カンゲキ雨嵐』は、
嵐のテーマソングというか、自己紹介の歌のように思いました。

9年前にリリースしたときは、まったく嵐に興味のなかった私ですら、
その曲名だけは耳に入ってきて、
は~?何このふざけたタイトル?!
日本語を冒とくしているような気がして、憤慨したというか、呆れたんですよね。

そんな私がファンになって、聞けば聞くほど、その時々の心境に深く入り込んで、
胸をわしづかみにされるんですよ。
いろんな感情体験をしなければわからない生きていく痛み。
でも、それを乗り越えて元気に生きていこうよ!という、
ファンにとってのみならず、おそらく嵐メンにとっても、応援歌になっているんじゃないでしょうか。

この歌は嵐とファンを成長させ、そしてその成長段階に応じて、
個々人にとっての歌詞が持つ意味あいも成長していく。

生まれたときは、ふざけたタイトルのアイドルソングだったのが、
時間をかけて、嵐とファンがお互いに感謝と感激を伝え合う、素晴らしくスケールの大きな感動の歌になった。
そして、さらに嵐とファンが成長すれば、この歌の持つスケールも大きくなっていくのではないだろうかと思うのです。

誰でもが簡単に口ずさめる単純なメロディーと、なかなかついていけない深い意味を込めたラップの組み合わせが、
嵐の、中学生のような可愛らしさと、ただものでない才能と努力のギャップにも似て、
嵐のテーマソングだなあと、私は思っちゃうんですよ。
タイトルにグループ名を入れたというのも、今となっては必然だったのかな・・・って。


|

オリジナル作品の難しさ

夕べ最終回だったドラマ『Jin~仁』、久々に面白いドラマを見せてもらいました。
視聴率がいいとか人気だとか言うので見てみても、
どこがおもしろいのかわからないドラマが多い中、
Jinはプロのドラマ作り、大人の、しかもエンターティメント性あふれるドラマを堪能させてもらいました。

『スマイル』も『Jin』も、未知の世界に挑んだ野心作ですが、
大きな違いは原作があるかないかだと思うんです。

Jinも花男も、原作漫画をドラマ化したTBSの成功作ですが、
原作漫画があると、スタッフ・キャストみな、共通したイメージの基盤があって、
同じ土俵で話し合ったり、アイディアを出し合ったりして、
整理しながら、新たな世界を組み立てていくことができると思うのです。

TVライフの宅間さんのスマイルについてのコメントを読ませていただきましたが、
「自分の信念を貫いた」ことに後悔がないようなことを言っていましたね。
その信念をスタッフ・キャスト全員で心底共有できていれば、
もっと整理のついたわかりやすいドラマになっていたのではないかと思うのです。
原作がないことで、そのドラマ観をまずは作り手全員に理解してもらい、
それを徹底することから始めなくてはならないオリジナル作品は、
意欲的であればあるほど、斬新であればあるほど難しいだろうなあと思いました。


|

December 15, 2009

12月13日朝日新聞『声の欄』

Img046
さくももさんの投稿を載せますね。
私にはこの大きさまでしか載せられず、
クリックして拡大しても、とても見にくいですね。
すみません。

出演番組や掲載雑誌情報を載せてくださっている、
ちーぼさんやマダムさんはじめ、たくさんの方々、
いつも本当にありがとうございます。
おかげさまで星フリが多くのファンのお役に立てています。

さくももさんの投稿はたくさんの同年代の嵐ファンを代弁していらっしゃるのでしょうね。

|

アラフォーこそ、大きなパワー。

さくももさん、
朝日新聞で、星フリを素敵な文章の中で紹介してくださって、うれしいです。
ありがとうございます。
記事をスキャンしましたので(住所とお名前は消してあります)、
もし、書かれたさくももさんの許可をいただければ、このメインBBSにUPします。
そしたら、潤くんも読むことができると思うのです。

『アラフォーだって嵐に夢中』というタイトルでしたが、
今の嵐の人気は、アラフォーの力がすごく大きいと思うんです。
むしろ、メインのパワーだと言えるんじゃないでしょうか。

アラフォーというのは、社会の中堅をなす世代で、
その人たちの支持があるから、学校や職場で嵐ファンであることを公言できるし、
嵐の曲を堂々とかけられる。
その子供たちも、コンサートやイベントに行けるし、CDやDVDも買える。

私、まりこさんのコンサートに行くか行かないか悩む投稿を読むたびに、
理不尽だなあと思うんです。
親が嵐ファンだったり、理解があれば、その子供たちはコンサートに行くことができ、
親御さんの理解がなければ、どんなに好きで、日頃どんなにまじめに努力していても、行けない。
理不尽は、人の痛みがわかる大人にしてくれる。
でも、理不尽を受け入れるのも、理不尽と闘うのも、年齢に関係なく、どちらもありだと、私は思います。


|

December 13, 2009

わさび目

私、潤くんの表情演技は世界一だと思っているんです。

私が彼に落ちるきっかけになった、ごくせんの取調室に入るときの暗い目や、
きみぺで、自販機の前でスミレちゃんにほほをぶたれた後の悲しい目。

満たされぬ思い、愛に飢えた切なさ、
それらが、あの目を通して訴えてくる。

そして、先日のひみつの嵐ちゃん。
大量のわさびを口に含んで悶絶しながら、
それをさとられないように平静を装う表情に、久々にしびれました。
目に悲壮感が漂っていましたもの。

内面の苦悩を隠した大人の男を演じる、ここぞ!というときは、
わさびを大量に口に入れておいたらいいのではないか・・・
と、不謹慎にも思った私です。


|

December 09, 2009

最高に素晴らしい!オリジナルな松本潤

東京ドームのラスト6日(日)に、
「何年か前のコンサートで(TIMEコンの東京ドームです。私、潤くんがその話をするのをスタンドから見ていたことをはっきり覚えています)、
嵐は山と風でできていて、僕たちが山を越えるとき、みんなが風になって、越えさせてほしいと言ったけど、
これからは、僕たちが風になって、みんなが山を越えるときの風でいたいと思う。」
というようなことを言ったそうですね。

ファン一人一人の胸に、なんと深く響く言葉を言うことができるんだろう・・・と感心したのと同時に、
また大きな階段を上って、さらに凄いスケールの男になったんだなあと思いました。

ファンに風になって欲しいと言ったTIMEコンから、嵐は急激にファンを増やし、
テレビ・雑誌・映画・音楽活動と、とてつもなく忙しくなり、
売れれば売れるほど、嵐の人気を利用とする人たちが集まってきて、
次々と仕事をこなすだけになってしまわないかと危惧していました。

でも彼は、この言葉に象徴されるように、
嵐とファンとそれを取り巻く環境の変化を、客観的に図式化して、
ダイナミックな転換をはかろうとしている。
これって、主体的に考え、行動し、そしてそれを鋭い感性で俯瞰するという、
とてつもなく高度な能力を必要とするんですよね。

はあ~、なんて凄い男なんでしょう。

こういう能力って、例えばドラマ『スマイル』のように賛否が分かれる仕事をしたり、
多くの猛反対にもめげずに成し遂げたことだったり、
そういう厳しい状況を自分の頭と体を極限まで使って克服することで、得られるんだよね。
つまり、世界中でただひとつ、彼自身が作り上げたオリジナルで誇らしい松本潤。

そういう宝石のような松本潤だから、
non-noで答えているような、彼女へのクリスマスのサプライズは、
赤いリボンを巻いた自分をプレゼント!
その後はどうされちゃってもいいとのこと。

自分で作り上げた松本潤が、最高に素晴らしいと思って、最高に好きなんでしょうね。

|

December 04, 2009

「紅白出場おめでとう~!」を叫んできてください。

今日から東京ドームが始まりますね。

私のブログの過去ログを調べたら、
2005年から毎年、紅白に嵐を!ということを書いているんですね。
去年は、嵐が紅白に出ているという脳内妄想まで書いています。

きっと、東京ドームで、「紅白出場決まりました!」
という喜びの発表があるでしょうね。
この喜びを同じ空間で一緒に共有したかったのですが、
残念ながら私は、今回のドームツアーは全滅で行けません。

参加される皆様、私の代わりに、「おめでとう~!」を叫んできてくださいませ。
どうかよろしくお願いいたします。


|

« November 2009 | Main | January 2010 »