« 反面教師 | Main | 10周年おめでとう! »

October 31, 2009

自分に厳しく他に優しい。。。

『魔女たちの22時』、初めて見ました。
黒ぶちメガネをかけた潤くん、
あのまま、嵐のお笑いリーダーを全うしてたら、
今頃、こんな感じの松潤になっていただろうなあ・・・という感じでしたね。
雑誌やドラマだけでなく、バラエティでも、与えられた役割を雰囲気で表現できる凄い人だと、
改めて思いました。
と同時に、テレビの怖さも痛感しましたね。
お笑い担当だったんだ・・・というコンセプトでストーリーを作ると、
潤くんの過去は、あのように脚色できるし、
その脚色に従ったタレント像を、演じることもできる。
もし、お笑い担当がウケテいたら、今頃、彼はあんな感じでバラエティに出ていたのでしょうか。

それとは対照的な、5000枚のサイン色紙。
感激しましたね。
なんの脚色もなく、淡々とサインを書き続ける素顔の嵐5人。
誰にでもできる超簡単なことだけど、それを超忙しい合間に5000枚書き続けることは、
ものすごく強い意志がないと、とてもできないこと。
でも、よく考えると、サイン色紙は書かなくても、
ファンを喜ばせ、幸せにすることを、いつもいつも考えて、実行しているんだと思うんです。
バラエティでも、どうしたら楽しんでもらえるか、
コンサートのことを考えると、追いかける夢をよく見ていたり、
いろんな人の舞台やコンサートを見にいったり、
振りや歌を覚え、セリフを覚え、リハーサルをし、
彼らの毎日は、常に私たちファンを幸せにするための努力なんですね。

今朝のズームインで、潤くんが大ちゃんのことを、
「自分に厳しいけど、皆をそのまま受け入れるから、4人は自由に動ける」というようなことを言っていたけど、
これって、嵐5人全員に当てはまると思うのね。
5人全員が自分に厳しく、他に優しいから、嵐は仲がいいと言われるんであって、
もし、全員が自分に甘くて、他に厳しかったら、グループはメチャメチャですよね。
そして、嵐というグループは、自分たちに厳しくて、ファンに優しい。
ファンを喜ばせるために、自分たちを厳しく鍛えている。
これが、10年目にこれだけの人気になっている理由の一つなのでしょうね。


|

« 反面教師 | Main | 10周年おめでとう! »