« 義男さまの気品&美しさ | Main | 人と経験にお金を使え。 »

October 20, 2009

宅間さんの脚本も、死刑回避だったのでは?

やっと、最終回をリピートしました。

死刑前夜に花ちゃんと再会して、今までの本当の気持ちを吐露するビト、
私が知っている潤くんの中で、最も美しい表情だと思いました。
ドラマやバラエティや雑誌で、数々の美しい表情を見てきましたが、
このときのビトは、一見、ものすごいブサ顔だけど、
魂の奥からこみあげてくる花への愛情、生への執着、自分の人生を振り返ったときの後悔、
そして、この作品に捧げる献身、その他、松本潤のありとあらゆる想いを、
あの表情に凝縮していると思いました。

俳優は、演じる役の魂を表現するものだと思っていますから、
ブサ顔の奥にある、美しくピュアな魂を表現できる松本潤は、素晴らしい俳優ですね。
私は、あの顔を一生忘れないと思います。

ところで、宅間さんの脚本の最後は、死刑執行で終わったのか、いなか?
私は、宅間さんも死刑回避だったのではないかと、ずっと思っています。

なぜなら、「壮絶な生きざまをみせた男の、愛と正義の物語である」と、
初回から何度も繰り返されているからです。
花への本心の愛を隠し、冤罪も証明せず、あのまま死刑になっていたとしたら、
愛も正義もなく、哀れな死にざまにしかならなかったと思うのです。

足利事件の菅谷さんも、冤罪が証明されて刑務所を出てから、”生きざま”という言葉にふさわしい活躍をされていますね。

ビトが刑期を終えて、夢の多国籍レストランを始めても、まだまだ壮絶な人生が待っている気がするのです。
町村夫妻が彼を信じて守ってくれたように、
自分と似たような境遇の人に、ビトは愛の手を差し伸べずにはいられないでしょう。
当然、そこには難題が持ち上がり、またしても渦の中でもがくことになるでしょう。
ありあまる富とともに、壮絶な人生を生きるのが、ビトの宿命のように思います。

また、初回が、マーチンルーサーキングの”I have a dream”の切り抜きを使ってブタを折るシーンから始まり、
全編を通して、ブタさんのハンカチ、キーホルダー、折り紙がラッキーアイテムとして使われているのですから、
死刑という悲劇で終わるわけにはいかないと思いますもの。

|

« 義男さまの気品&美しさ | Main | 人と経験にお金を使え。 »