« August 2009 | Main | October 2009 »

September 27, 2009

行動と気持ち

やっと8話を見返しました。
林を殺してしまったビトを、花はひたすら抱きしめ、手を握りしめ、ただただ守ろうとする。
そこには、社会のルールや法律が入りこむ隙がない。
ビトは、かつての経験から、法律や警察を信用していないし、それよりも花ちゃんと富士山を見に行くという約束の方が大事だった。

約束を果たしてやっと、自らの意思で社会のルールに従おうとしたけど、それすら許されず、
極悪人として花ちゃんから引き裂かれる。

初見のときは、二人の手が引き裂かれるのが、お互いの運命を分つような気がして、ものすごく悲しかったけど、
その後の二人を知っている今は、
肉体は別れ別れになったけれど、魂はずっと一緒に寄り添っていると思える。

2015年の拘置所での笑顔が、独房の中で花ちゃんを想ってブタの折り紙を抱きしめている本当の彼を隠す笑顔だと知った今、
『スマイル』というタイトルをつけた深意をいろいろ思いめぐらしている。

今、マスコミでは似たような行動をしたノリピーが盛んに話題にされ、
彼女を批判する人たちは、逃亡中に様々な生活用品を買い求めたことに彼女の真意があるように言う。
そうかもしれないと思う。
裁判員の商社マンの男性が言ったように、真実は行動にあると。

その時の気持ちをノリピーがどんなに言葉で説明しても、言い訳にしかとってもらえないかもしれない。
スマイルを見ていたファンでさえ、ビトの逃亡という行動が許せないという人もいるだろう。
行動は見えても、気持ちは見えない。
また、言葉ではなんとでも言えるし、受け取り手によって様々な解釈がなさせる。

そんな中、花と手を繋いで身を寄せ合って、トボトボと歩くその後ろ姿に真実があるように思う。
裁判員には見ることができないけど、視聴者は見ることができ、
そういう、行動にも言葉にも表すことができないものを表現するのが俳優であり、ドラマや映画なのかもしれない。

|

September 25, 2009

命がけ。。。

ムービングステージ、
これこそ、何かの不備でステージが落ちたら、
下にいるファンを押しつぶして大惨事になるわけで、
これがお役所に許可されたこと自体、
ことなかれ主義の日本では画期的なことだと思っているんです。

これを考案して作ってもらい、実際にコンサートで多用している潤くんは、
万が一のときには全責任をとるくらいの命がけの覚悟で実行しているのではないかと、私は思うのです。
それほど、エンターテイメントの世界は厳しく、
人を楽しませることのリスクは大きいんでしょうね。

潤くんや嵐メンが、観客を楽しませることにこれだけの思いでやっているのですから、
私たちファンもそれに応えたいと思いますし、
何か思うこと感じるところがあれば、率直に伝えたり話し合ったりするのも、ファンからの誠意だと思うのです。

ジィージ様ご夫妻のような先輩が長い間嵐を応援してくださっていると知って、とてもうれしく、
また星フリに投稿してくださったこと、たいへん光栄に思います。
これからも、ときどき一人ごとを書いてくださって、私たちに別の視点からの刺激を与えてくださいませ。


|

September 23, 2009

嵐人気急上昇の一因は。。。

10周年ベストアルバムが124万枚を超えたとのこと。
凄いですね~。
これは、コアなファンだけではありえないことで、
一般的な、なんとなく好き・・・という人たちが急激に増えたということでしょうね。
そのバックには、ファンクラブには入っていないけれど、チャンスがあればコンサートにも行ってみたいという人たちが、
膨大に存在するということですね。

嵐のこの人気急騰の一因に、翔くんと『ひみつのアラシちゃん』の存在が大きいのではないかと思っている私です。
嵐5人とも、それぞれ違った意味でとても頭がいいと思うのですが、
翔くんの頭の良さは学歴とかニュースキャスターとか、一般的にとてもわかりやすいし説明しやすい。
アイドルがニュースキャスターをしているというだけでも画期的なのに、
その彼が、氷水に落とされてアタフタしたり、牛丼のつゆだけ、つゆ入れから直接口に入れたり、
いじられキャラを徹底して演じてくれる。
私、先日の牛丼・翔くんの覚悟に感動しました。
こういう翔くんが、多くの人の目に触れる夜10時台のひみつのアラシちゃんで頻繁に見ることができるようになったことで、
すごく頭のいい人なのに、バカなことをやってくれる愛すべき嵐の櫻井翔イメージができたんだと思うんです。

そういう人がいるおかげで、親子で安心して楽しめるし、ファンであることを堂々と言えるし、
曲を学校などでかけられる健全なアイドルグループというコンセプトができたのでは。。。
そして、国立競技場のコンサートの評判が評判を呼び、
チケットが手に入らないということがプレミア感を煽り、さらに人気が加速したのでは・・・と思うのです。

バブルのような人気はあっという間に急下降するでしょうが、
嵐は10年かけて様々な分野で力をつけてきた5人の集まりですし、
ちびまるこちゃんのマンガのように、キャラ立ちすればするほどほのぼの感が増すという、
アットホーム感がありますから、
視聴率が急上昇することもないかわり、地道に日本の家庭に馴染んでいくような気がします。

|

September 21, 2009

雑誌『DAZED』から。。。

遅ればせながら、雑誌『DAZED』。
ファッション雑誌なのでしょうが、
潤くんの、腰に手をあてた躍動的な写真と、メガネの写真は、まさにアート。

着ている人間、洋服、スタイリスト、カメラマンなど、大勢の人間で作り上げた、
アーティスティックな作品。
美術館に置いてもらいたいほど。

アートって、観る者一人一人の、今まで隠れていた何かに刺激を与えて、思いがけないものに気づかせてくれるものだと思うんです。
そして、脳裏にいつまでもそのイメージが残っている。
凡庸なものはアートになりえないし、
アートは時代を超える。

ドキっとさせる斬新なアートを演じる潤くんと、
HANAKOの「ニーズと自分のやりたいことがフィットしていれば、嵐は続けていくけど、
ミスマッチになったら、続ける意味がないし、変化することに恐れはない。」
と言う潤くんが、リンクする。

そしてそれは、物議をかもすことは承知の上で、客席への飛び込みを敢えてやる彼や、
天井を逆さ歩きしたり、聖火台からすべり降りる彼ともリンクする。

同じところに留まっていることへの危機感。
とんがった感性と、飽くなきチャレンジ精神と実行力。
見守るしかないなあ・・・です。

|

September 16, 2009

いつまでも、これから。。。

今日、あるシンポジウムに参加して、
たまたま大大企業家の話を初めて聞きました。

その破天荒な行動に、こいつは何なの?!とビックリしましたねえ。。。
でも、話を聞き進むうちに、
時空を超えた深遠な意図、企業家としてのとてつもないスケールの世界観、
メチャクチャ、ワクワクドキドキしました。

講演の後、私が天命と思って始めた仕事の話を少ししたら、
私の顔をじっと見て、「絶対、成功しますよ。大丈夫!」と言ってくれ、感激しました。

なかなか思うようにいかないことも多く、まったく未知数の私に、
世界中探しても、古今東西、こんな凄い企業家はいないんではないか?!と私が思ったその男に、
力強い言葉で励まされたのです。

そして、今日は、嵐結成10周年の日。
こんな素晴らしいグループが世間に注目されていないのはおかしいと思って応援し続けた私にしてみれば、
今のこの人気は、なるべくしてなった当然の状況。

シンポジウムが終わって、「絶対、成功しますよ」と言ってくれた企業家の名刺と、
嵐の10周年を祝うメッセージが載った星フリを表示した携帯を目の前に置いて、
一人でしみじみとビールで祝杯をあげました。

私はもちろんのこと、嵐もこれから。
いつまで経っても、これから・・・という存在であれたらなあと思います。


|

September 11, 2009

互いを補いあったビトと林?

潤くんの新しいドラマが、東大を目指す秀才役と聞いて、
わあ萌えそう・・・と思うのと同時に、
他者を思いやる愛ゆえに、愚かとしか思えないような行動をとったビトが不憫で不憫で、胸が痛みます。
まだまだ私は、ビトを追いかけたいと思います。
きみぺの後、ドラマがなくて、2年以上きみぺばかりを語っていた私ですから、
ビトをまだまだ過去にはできないんです。

やっと、林を殺すはめになった7話まで見直しました。
ビトにとって、林だけがフィリピン人とのハーフだからといって差別しなかった唯一な人で、
林といれば守られ、強くなった気になれたという事実を後で知って、
林の誘いを断りきれないビトの心情がわかる気がしました。

ビトは、本当に林に更生してもらいたかったんでしょうね。
林の身代わりで7年も服役しながら、恨むのではなく、林の役に立とうとする。
恐怖にひきつりながらも、車の中の林に「ありがとうな」と言われて、
うれしそうな顔をして交番に入るビト。
恐怖から逃れて自分を守ろうとするよりも、林の将来を思いやって手助けをするビト。
誰からも疎んぜられている林の辛さを思いやって、林の心を理解しようとする。

親に捨てられた者同士の底に流れる、他者には入りこむことができない共感。
男同士だけど、ある意味、愛し合ったいたのかもしれない。
一人の人間の中で、善と悪、ジキルとハイド、あるいは光と闇があるように、
ビトと林は、二人でその極端な役割を分担して、お互いを補いあっていたようにも思える。

だから、林が自分の胸に銃口をあてて、撃ってみろ・・・と脅したのは、
善の部分の分身であるビトが、自分を撃つはずがないという確信めいたものを持っていたのではないか。
そして、「フィリピン野郎」という言葉がなければ、ビトも引き金を引くことはできなかったのではないかと思う。

見れば見るほど、深いメッセージがあるように思える『スマイル』。
大切にしたいドラマです。

|

韓国版花男ファンの松潤評

友達からのメールです。許可をもらったのです、そのままコピーします。

”地上波でもしてた韓国版花男のこと。
韓流ファンで、花男にはまってる人が多いのだけど、
それが高じて原作漫画から日本版と比べたくなり、全部みてみた友達がいてね、
マツジュンの演技がすばらしいと絶賛して、私にも見るようにすすめられたの。
韓国の司のイミンホも演技うまいんだけど、 松潤はもっと凄いって。
ジャニ ファンでも嵐ファンでもない韓流ファンがいうんだから信用できるよね!”


|

September 10, 2009

底知れぬ表情。

はこいりぽっとさん
>みつこさん企画案ブラック潤主演の選挙CMを思いだしてました。

はて?と忘れていたので、自分のブログを探してみました。
興味のある方は、↓のURLをクリックしてくださいませ。
http://mitujun04.cocolog-nifty.com/msa/2008/01/

まあ、潤くんもブラックだけど、こんなCMを考える私も相当なブラックだわな~
と思ってしまいました。

それにしても、潤くんの底知れぬ魔力を持った表情を生かしたCMがありませんね~。
彼のアップの表情だけの大写しにしたシンプルな映像だけで、
人間の心を射抜くことができると思うのですが。。。

最近、マネキンファイブでも、VIPでも、宿題くんでも、
番組の内容よりも、潤くんの表情を追いかけています。
最近のドキっは、カメさんを見るような、顔をそむけるような男くさい表情。

彼の表情があんなに千差万別に、くめど尽きせぬほど豊かなのは、
それだけ新たな感情が湧き出てくる、
とんがった好奇心と奥深い感受性があるからなのでしょうね。

ところで、スマイルを今見直しているのですが、
最初に観たときは、なぜ林と縁をきることができないのかと、歯がゆい思いをしていましたが、
林との過去を知った今、ビトの表情から、林に対する愛と恐怖の相反する気持ちで揺れていたのがよくわかります。
”愛”という文字は、”心を受ける”と書く。
ビトは林の心を理解して受け取っていたのでしょうね。

ドラマが時の経過に従って順番に描かれていたら、
話がもっとわかりやすく、潤くんの表情演技の意味も明確になり、
もっと共感されるドラマになったのではないかと、もったいない気がします。
(この続きは、スマイルBBSで・・・)


|

September 07, 2009

誕生日会、ありがとうございました。

Sn3e0044
遅くなってしまいましたが、8月30日の潤くんの26歳のお誕生日会に集まってくださった方々、
お手伝いをしてくださった、Kママさん、てんどんさん、akkunmさん、K子さん、ほのかさん、ほのかさんのお嬢さん、
ありがとうございました。
皆が楽しめるように、裏方に徹していろいろやってくださって、本当に助かりました。

そして、逃げられないように、てんどんさんのベルトで縛りつけられたウチワの潤くんの席(画像参照)の隣に座ったため、
潤くんに代わって、開会のあいさつと最後のお礼をしてくださったATさん、ありがとうございました。
まるで潤くんのようにカッコヨカッタですよ。

出席者お一人お一人の1分スピーチは、そこまでやるか?!という想像を絶するイタサだったり、
貴重な情報だったり、すごく面白かったです。
皆さん、1分なんて話せない・・・とおっしゃっていたのに、話始めるといくらでも話せちゃうんですね。

集まったのは、潤くんが好きというだけが共通項の初対面同士なのに、
あっという間に盛り上がって不思議ですね。

カラオケで歌いたい曲を2つずつ書いてもらって、集計して、
上位4曲(A・RA・SHI、感謝カンゲキ雨嵐、Love so sweet、One Love)を皆で歌ったのですが、
上位2曲が、そのまま今回の国立コンのオープニングとラストの曲だったというのは、必然なのでしょうか。

私、星フリの管理人の一人をしながら、ずっと長い間、ネット上だけの存在でいたいと思って、
オフ会の参加に積極的ではありませんでした。突っ張っていたんでしょうね。
他の方が主催してくださって、それに甘えていました。
でも、今回、潤くんの26歳の誕生日と国立コンサートの最終日が重なって、
おもいきって、誕生日会を主催させていただきました。
嵐も大きく成長し、チケットをとるのも難しくなり、星フリとしてファンの方々に貢献できることもあるのではないかと思ったのも、
理由の一つです。

お手伝いも次々と申しでてくださって、たくさんの方々が集まってくださって、その楽しそうなお顔を拝見しているだけで幸せでした。
星フリが縁で、見ず知らずだった者同士が知り合いになって、潤ごと・嵐ごとを一緒に楽しんだり、協力し合ったりしていただければ、私もうれしいです。

実際にお会いしてお話を伺うと、BBSへの書き込みやアンケート回答を読ませていただいても、
その後ろにお顔や声が聞こえてくるようで、生き生きと迫ってくるんですね。

誕生日会に出席してくださった方々には、実際の私を知られてしまいました。(恥)
こんな私ですが、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

|

September 06, 2009

回答・集計ありがとうございました。

アンケート集計をしてくださった方々、ありがとうございました。
今日が締め切りですが、全部の集計がそろいました。
凄いですね。
一刻でも早く仕上げて、潤くんや嵐の役に立ちたいというお気持ちからでしょうか。

皆様、それぞれのやり方で工夫されていて、
それぞれの方の作品として、見惚れてしまいます。
素晴らしい!です。

分解して分析する項目以外に、
お一人お一人の想いを伝える項目として、
《(11)その他感想や意見など》を設けていますが、
グッズやチケットなど、他の項目に記入してほしいことも、ここに書かれた方が多く、
これは、私の設問の仕方が悪いのだと思いました。

そこで、今回は皆様が書かれたことをそのまま載せましたが、
次回【5×10ドームコンサート】のアンケートは、
設問を↓のように変更しようと思います。

・良かった点(コンサート内容)
・良くなかった点(コンサート内容)
・良かった点(例えば、観客、スタッフ、会場、グッズ、チケットなど)
・良くなかった点(例えば、観客、スタッフ、会場、グッズ、チケットなど)
・5×10国立コンサートと5×10ドームコンサートとの比較
・DVD発売についての意見や要望
・上記の項目に含まれない感想や意見&全体的な感想

コンサートについての感想は、たくさん嵐メンのラジオに届いていると思いますが、
AJSを聞く限りでは、全体的な、或いは何かに絞った、伝えたいことだけを書いたものが多いように想像されます。
そういう意味で、設問に一つ一つ答えて、集計した星フリのアンケートは、
とても意義のあるものだと思います。
ちなみに、総合的満足度の平均は、昨年の国立は4.90、 今年は4.78でした。

また、各メンのソロに順番をつけたくない、
或いは、潤くんのファンサイトであることから客観性はどうか?
という意見もあるかと思いますが、
各コンサートによって、順位は違ってきますし、
潤くんソロが、下位の場合もあります。
良いものはよい、イマイチなものはイマイチ・・・という、率直な評価をすることが、
ファンが、よりよいコンサート・作品を作る手助けをするために必要だと思いますし、
メンバーが切磋琢磨する材料にしてもらえれば、光栄に思います。
ただ、星フリで潤くんソロが上位になりやすいのは、割り引いていただかなくてはなりませんね。

それでは、時間のない中、回答してくださった方々、集計してくださった方々、
本当にありがとうございます。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html

|

September 04, 2009

仕事で返すために。

アンケートの集計、次々と立候補してくださる方がいらして、
あっという間に全項目、お願いできることになりました。
本当にありがとうございます。
こうして、やってくださる方がいるおかげで、
アンケートをずっと続けられます。
一人ではできないけれど、たくさんの力が結集すれば、
いろんなことができますね。

Jrの水遊び(?)が話題になっていますが、
こういうことのためにも、アンケートが必要だと思うのです。
例えば、潤くんが、「今、Jrの子達が○○をしてくれているよ」
という紹介を入れるだけで、印象が違ってくると思いますからね。

よかれと思ってしたこと、あるいは指示したことが、
思いがけない受け取られ方をする場合がありますし、
パフォーマンスも、意図したとおりに喜んでもらえる場合もあるけど、
労多くして効果少なしのこともありますからね。

潤くんって、決して言いわけをしないし、他人のせいにしませんよね。
何があっても胸にしまいこんで、仕事で返す人だと思うのです。
仕事で返すためには、どんな情報でも貴重なものになるし、
ファンからの千差万別の、あるいは一致した反応を、
松本潤のフィルターを通して、彼の権限でできることにおいては、
次に生かされていると信じています。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html


|

おめでとう、ミリオンセラー♪

10周年ベストアルバムがミリオンセラーと聞いても、
まあ、通過点だわな~。
これからも、私は私でできることをやり続けていこう・・・
というような感じだったんですが、
潤くんからの、「デビューして初! 初だよ!!ミリオンいきました」
という迷惑メールを読んだら、
じわ~と涙が出てきました。

ファンは、見せてもらって、聞かせてもらって、楽しませてもらって、
あれこれ文句いったり、キャーキャー言うだけだけど、
潤くんや嵐は、この10年間、毎日毎日朝から晩まで、ひたすら考え、創り出し、仕事をし、
一生懸命やり続けてきたんだものね。
頑張っても頑張っても報われないことも多々あっただろうから、
ミリオンのうれしさもひとしおなんだろうなあ・・・と、
胸がいっぱいになってしまって。。。

WISHを発売したときの握手会、
朝から幕張メッセだったけど、
途中、花男の撮影で抜けた潤くんが、中野にある、つくし家のアパート前の撮影現場から、
幕張に戻って、また握手会に加わったと知ったときは、まさか?!という驚きでした。
最大のベスト、想像以上のベストを、ファンに対して、仕事に対して尽くす人なんだと知らされたできごとでした。

客観的に見れば、不遇の時代もあってのミリオンセラーなんでしょうけど、
私は、ファンになってから6年半、ずっと幸せだった。
それは、潤くんと嵐の努力する才能・可能性を信じていたから。
こんな素晴らしい人のファンでいることをずっと誇りに思っていたから。

おめでとう、潤くん、おめでとう、嵐♪


|

September 03, 2009

嵐に強い嵐

30日の豪雨のコンサート、
嵐が歌ってダンスをしている間は、雨も寒さも感じないんです。
ステージに誰も出ていないとき、ああ、雨が降っているんだなあって感じるのね。
MC中も誰も座ることもなく、3時間半、立ちっぱなし、
手に汗握り(ふやけてもいた)、一緒に歌い、体を動かし、
ただただ無我夢中でした。

嵐メンもファンも、なりふり構わず、ただただやるべきことをやったんでしょうね。
お互いが濡れた素肌で抱き合ったような恍惚感があったように思います。
雨の中、最後、潤くんが上半身裸になって近づいてきて、聖火台へのトロッコに乗り、高い聖火台の上に立ったときは、
ありがたや~と、思わず手を合わせて拝んでしまいましたよ。
キラキラ後光がさしたように見えましたもの。
そのことを友達に言ったら、「寿命が延びたね」と言われました。

アンコールをせがむファンに対して潤くんが、
「バッキャロー、俺はお前たちの体が心配で・・・」みたいなことを、
大げさな芝居風に繰り返していった時、
素顔の男としての優しさ・温かさ・大きさに、体全体が包まれたような気がしました。

ですから、コンサートが終わって、体は冷たくても、心はぽかぽか温かく、
翌日、翌々日・・・と、幸せな余韻に包まれていました。

それにしても、10周年記念の国立コンサートの最終日、コンサートの先頭に立って頑張ってきた潤くんの誕生日に、
凄まじい豪雨の中でやることになったのは、
嵐という名のグループに、なんとふさわしいことでしょう。

野外でコンサートをやることの一番の懸念は、雨。
でも、その一番の心配事を、10年間かけて築いてきたファンやスタッフとの信頼関係と絆で、
伝説のコンサートと言われるまでに昇華した。
恐れをまた一つ乗り越えたことで、大きな自信となって、さらなるチャレンジに向かっていけるでしょうね。

嵐には、嵐という困難がふさわしい。
だって、♪泣きながら生まれてきた僕たちは、たぶんピンチに強い~♪ですもの。


|

September 02, 2009

【5×10国立コンサート】アンケート回答

(1)総合的満足度
4.2(豪雨の30日の参加でしたので、精神的満足度は、5以上なのですが、コンサートそのものの作りとしては、4.0くらいで、総合的に4.2にしました)

(2)8月28日・29日・30日のいずれに参加されましたか?
30日

(3)昨年の国立コンサートに参加しましたか?
初日に参加しました。

(4)歌・踊り・演出を総合したパフォーマンスBEST7

1.WISH(潤くんソロ)・・・柔らかい体の動きと華麗なステップ(水しぶき付き)
2.感謝カンゲキ雨嵐・・・登場の仕方が度肝を抜いた。
3.明日に向かって・・・豪雨の中、明るくわかりやすいメロディを一緒に歌いながら、元気づけられ、心が弾んだ。
4.言葉より大切なもの(ニノソロ)・・・イメージをガラリと変えたアレンジとギターがよかった。
5.ピカンチ(相葉ソロ)・・・いつものフレンドリーな相葉ちゃんソロとのギャップがよかった。

(5)衣裳BEST3(1位が二つあれば、次は3位というようにして、最大3曲を順位をつけてお願いします)

1.白シャツ、黒つりズボン、黒ハット (潤くんソロ)
2.ピンクのスーツ ピンクのシャツ (MC時の衣装として印象深いです)
    
(6)装置・特殊効果などBEST7

1.メインステージ上の巨大スクリーン
2.ムービングステージ
3.聖火台からのトロッコ
4.花火
5.空中ロープ
(30日だけの参加だったので、風船が見れなかったのが残念です)
 
(7)良かった点

・10周年記念コンサートとして、嵐の曲だけで構成したこと。
・各メンバーのソロを、おなじみの曲をまったくイメージの違うアレンジにしたこと。
・嵐メンのファンに対する愛情と感謝を目いっぱい感じられたこと。
・豪雨でも中止にならず、最後までできたこと。
 
(8)良くなかった点

・昨年の国立のRe(mark)ableのような、核となるメインのパフォーマンスがなかったため、平板な印象になった。
・嵐の過去映像が、現在の歌やダンスに入り込んで、印象が散漫になったこと。
・素晴らしい潤くんソロの後半に潤くんの過去映像が映し出され、せっかく創り上げられたWISHの世界が邪魔されてしまって、残念だった。
・同じ曲を2度やる必要はないと思う。
・曲数は多かったが、印象的なパフォーマンスが少なかった。国立のような巨大な場所でやるには、曲数を減らしてもメリハリのある演出が有効だと思う。

(9)会場内外で気になったこと

・ファンクラブ員全員が平等にチケットが手に入るシステムを構築してほしい。
 
(10)他のアーティストの野外コンサートに行ったことがある方は、嵐コンとの相違点など、参考になることがありましたら、何でも書いてください。

(11)その他、感想・ご意見など

・嵐のファンでよかった、誇りに思えるコンサートでした。本当にありがとうございます。
・初めて嵐コンを経験したとき、ファンを楽しませるためにここまでやるのか?!と驚きましたが、
あれから6年経ち、そのサービス精神がさらに進化・深化していると痛感しました。

(12)5×10ドームコンサートの演出に望むこと

・嵐の歌やダンスと、過去映像のコーナーは別に独立させて、それぞれに集中して楽しませてほしい。
・各メンバーのソロで使った曲は、もう一度歌う必要はないので、代わりにしっとりしたバラードなどを入れてほしい。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html


|

September 01, 2009

参考資料をお願いします。

【5×10国立アンケート】を始めたことを、今日AJSにメールします。

今回は、ドームコンに参考にしてもらうのが主な目的で、
正確さよりスピードが命ですから、(9月3日締切)
皆様、書けることだけ、適当で結構ですので、回答をお願いいたします。

セットリストは、キンタさんとまきさんが書いてくださいましたが、(ありがとうございます)
遠くて衣装の区別もよくわからなかったり、
雨の中で本来やるはずだったことを見れなかったりですので、
どなたか、衣装や演出など、アンケート回答するのに参考になるようなこと、
何でも結構ですので、ネタバレBBSに載せていただけないでしょうか。
そして、載せてくださったことを、メインBBSでお知らせいただけるとありがたいです。
お願いいたします。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html

|

« August 2009 | Main | October 2009 »