« 12:00~14:30 | Main | カラオケのパーティルームに変更しました。 »

August 09, 2009

惜福(せきふく)

Kママさん、そして皆様、
もし、誕生日パーティのメルアドにメールが送れなかったら、
星フリのTOPページから、管理人宛にメールをしてください。
あきさんが私に転送してくれますから。

そして、出席者は私も含め、ほとんどがおばさんですし、
中には、おばさんのお母さまもご一緒に出席されますよ。

出席のご連絡をくださった方々へのお返事は、
8月11日(火)以降に、詳しい場所などと一緒にいたしますので、
しばらくお待ちくださいませ。

ところで、国立のチケットの件で、悲喜こもごもかと思いますが、(私は30日に参加します)
私は何か決断しなくてはならないときに、いつも『惜福(せきふく)』という言葉を思い起こします。

これは、50歳で将棋の名人になった米長邦雄さんがよく色紙に書く言葉ですが、
元々は幸田露伴の『努力論』からの引用です。

どんな人にも幸運のチャンスは何度かやってくるが、福を取り尽くさず、使い果たさないで、
これを天といおうか将来といおうか、目には見えない茫々(ボウボウ)たる運命にあずけておくとか積み立てておくことが、
”福を惜しむ”、つまり《惜福》の真髄ということです。

将棋界では若くして天才と騒がれる人たちもいますが、
米長さんは、若手の棋士たちを自宅に呼んで、ごちそうして、彼らに教えを請い続け、
そして、50歳という異例の高齢でとうとう名人になった人ですね。

嵐は、彼らの努力がやっと花開いて、膨大なファンを獲得するようになりました。
彼らが素晴らしいコンサートをすればするほど、これからもファンは増え続け、
国立のような人気公演は、ますますチケット入手が困難を極めることになると思います。

今回、複数回の当選できた方々は、様々な努力の結果だと思いますが、
今後もその幸運が続くとは限りませんので、
《惜福》ということを考えて、
今まで、たくさんの情報やレポを提供してもらったり、
感想やアンケートで楽しませてもらったり、
様々な心情を語ってくれて、共感させてもらったり、考えさせられたり、
以前チケットを譲ってもらったり、
誰にも気づかれないところで親切にしてもらったり、
そういう恩のある方々に福を分けてあげませんか。

余っているチケットを譲るだけでなく、
参加できる回数を減らすという痛みを伴った決意だからこそ、
分けてあげた福が、いつの日か思いがけない形かもしれないけれど、
必ず自分の身にかえってくると、私の今までの体験から確信しています。

まあ、これは、私個人の勝手な思い込みですので、
どうされるかはそれぞれの方々の価値観やお考え次第ということで、
スルーしていただければと思います。

ドラマ『スマイル』アンケート、AJSに知らせ、
全員のアンケート回答と、集計結果を印刷して、
TBSの制作者に郵送しました。
結局、<5.感想・その他>も、私が全員分を転記して、
集計結果に入れました。
回答してくださった方々、集計にお骨折りいただいた方々、
本当にありがとうございます。

|

« 12:00~14:30 | Main | カラオケのパーティルームに変更しました。 »