« 弁護士会や法科大学院に送りませんか。 | Main | 請う!レベルアップした耕二。 »

July 19, 2009

参考までに。。。

参考までに、私がDVDに添付した手紙を載せさせていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、爆笑問題さんとの番組で、裁判員制度について興味深く拝見させていただきました。
そこで、陪審員制度や裁判員制度の面白い映画やドラマが日本にはないとおっしゃっておられましたので、
TBSがこの4月~6月まで放映したドラマ『スマイル』のDVDをお送りさせていただきます。
人種差別・偏見・裁判員制度・死刑制度などを扱ったもので、東京弁護士会の落合洋司弁護士が法律監修しています。

TBSの公式HPには、たくさんの中学生たちの、感動した、いろいろなことを考えさせられたという投稿であふれ、
社会の問題を真剣に考えたい次世代を担う若者たちがたくさんいるのだと思いました。

全11話は長すぎるので、10話、最終話の最後の2回分だけでも、十分すぎるほどの問題提起があります。

1~9話までのあらすじは、↓です。

日本人とフィリピン人のハーフの早川ビト(松本潤)は、日本人の母親から育児放棄され、
中卒後、働き始めたが、林誠司(小栗旬)の不良グループに入る。

林の殺人の罪を、林の父親が警察のトップにいたことから、ビトのせいにされ、
ビトは冤罪で6年間少年院にいた。

出所後、保護司でもある町村フーズの社長夫妻に雇われ、
多国籍レストランを作ることを夢見て頑張っていた。

三島花(新垣結衣)は、父親がマルチ商法の詐欺で服役中で、
ビトに恋をして、町村フーズで一緒に働いていた。

林も別の罪で服役していたが、出所後、更生したいと言ってビトをだまし、
交番から拳銃を奪い、恨みをいだいていたやくざを殺すようにビトに命じる。
言うことをきかなければ、花はどうなってもしらないと脅され、
ビトは林を撃ち殺す。(7話)

裁判が始まり(9話)、裁判員は↓の6人。
私立高校教師の 冷牟田 (浅野和之)、トラック運転手の 叶 (モロ師岡)、海外生活の経験があるエリート商社マン・真田 (忍成修吾)、専業主婦の 徳島 (大島蓉子)、出版社勤務のキャリアウーマン・掛井 (櫻井淳子)、妊娠5ヶ月で専業主婦の柴田 (酒井若菜) 。

*物語は2009年だが、2015年にビトは拘置所にいて(長髪・白いTシャツ)、弁護士(中井貴一)や刑務官(勝村政信)と明るく笑っている場面が何度も挿入されるので、
2009年と2015年のシーンの区別をしっかりしないとわかりづらいかもしれません。

はなはだ勝手ではありますが、DVD4枚でお送りいたしますので、
ご活用いただければと思います。

|

« 弁護士会や法科大学院に送りませんか。 | Main | 請う!レベルアップした耕二。 »