« 宇宙飛行士の条件 | Main | ”いじわる”&”フェロモン”のおかげ? »

May 06, 2009

「彼女は僕と会わなければ幸せになれたんだよね」

3話の拘置所での、
ビト「彼女は僕と会わなければ幸せになれたんだよね」
一馬「そんなことはねえよ」
の後のビトの表情、
目が色っぽくて、ドキッとしました。

花はビトに会って、世間一般的な幸せには遠のいたけど、
一馬は、花は花で幸せだったんだよ、或いは幸せなんだよと言いたくて、
それを聞いたビトは、男としてちょっと誇らしい気持ちになったというのが、
あの表情かな・・・と思います。

今、花がどうしているのかわかりませんが、
少なくとも、2015年の時点で、ビトの気持ちの中で花とはいい関係になれて、
花を愛し、愛されることによって、
あんな色っぽい表情を見せるほど、女性に対する自信を持つ男になったんだなあと思いました。

|

« 宇宙飛行士の条件 | Main | ”いじわる”&”フェロモン”のおかげ? »