« ビトに会いたい。。。 | Main | 愛の哀しい側面 »

May 15, 2009

冷や水を浴びせられても。。。

日刊スポーツで理想のタイプを聞かれて、
『つくしみたいなタイプは抜けている感じがちょっと厳しいですね。』
と言ったということで、
ショックを受けたファンがいたという話。

真央ちゃんは番宣で、理想のタイプは西門や花沢類を挙げることが多く、
道明寺とは決して言わなかった気がするんです。
つくしに自分を重ねて、自分にとっての理想のタイプは別だけど、
道明寺にはひたすら愛される・・・というのが、花男の理想の世界なのでしょうか。

現実の松本潤とドラマの区別がつかないなんて?!とビックリしてしまうのですが、
花男人気を支えているのは、そういう人たちの存在もあるのでしょう。
それで、AJSで「申し訳なかったなと思いますが、そういう意味ではありません」
と言ったのかなと思います。

潤くんの魅力は、どんなにラブストーリーをやっていても、
現実の共演女優さんには、いじわる突っ込みすることなんですよね。
きみぺの放映中、番宣のラジオで、
小雪さんが、「冷え性だから半身浴をする」と言ったら、
「オバサンだなあ」と冷たく言い放ったんですよね。
きみぺの二人の甘いお風呂シーンが大好きで、
ファンになって間もない私は、冷や水を浴びせられたようで、
松本潤はモモとは全然違うんだ・・・と嫌でも認識せざるを得なかった一言でした。

でもね。夕べ、最近大活躍で、すごくカッコイイ男になったなあと感心していたジャニーズの後輩が、
主演ドラマで共演している40歳の女優さんをずっと前から憧れていて、
共演が決まってものすごくうれしかった・・・という話をしていたんです。
その話をしているときの表情や雰囲気を見ていたら、
すごく素敵にカッコヨク思えていたスターが、とたんにただの男に成り下がっちゃって、
私がファンだったら、こんなこと絶対に公で言ってほしくないなあと思いました。

ということで、潤くんには、フィクションの世界では夢あふれるラブシーンを演じても、
ドラマ以外では、女優さんに俺様ツッコミという現状を、
これからも続けていただきたいなあと思いました。


|

« ビトに会いたい。。。 | Main | 愛の哀しい側面 »