« February 2009 | Main | April 2009 »

March 29, 2009

原監督と松本潤。

潤くんが、おととしの鹿児島のコンサートで、
「僕にとって嵐は夢なんです」って言っていましたが、
一人一人、自分にはないとびっきり素晴らしい才能、個性を持った嵐というチームを、
輝かせるのが彼の夢なのかしら・・・と思ったりします。

原監督が、侍ジャパンの監督になり、
「僕が尊敬する選手を選ばせてもらいました」と選手発表したのと、潤くんが重なって思えたのです。
こんなことを言うスポーツの監督は、私にとって初めてでしたし、
選手の才能や個性を、日頃からそういう目で見ている人なんだなあと思いました。
自分が監督にとっての駒にすぎないのか、尊敬されている存在なのかで、選手のモチベーションは違ってくるだろうし、
WBC優勝という結果は、こういう原監督の資質によるところが大きいと私は思っています。

潤くんは、華やかな容姿や生意気な言動のため、自分を輝かせることにエネルギーを注いでいるように思われるかもしれないけれど、
先日のMusic Loversでも、ムービングステージの発案を、自分の名前を出さず、嵐のメンバーの発案で・・・という表現がされていましたね。
自分は嵐というチーム、或いはドラマや映画、バラエティ制作のチームの、メンバーであり、スタッフであり、場合によっては監督でもあり、
そのメンバーを輝かせ、よりよい結果を作りだすことが、松本潤の根本的あり方だと思うのです。

きみぺの放送の年の秋、ジャニーズ運動会が東京ドームであって、
潤くんは、野球のキャッチャーで出場しました。
ブルペンでは、ボロボロ球をこぼしていたのに、
本番が始まったら、素晴らしいプレーの連続でした。
自信を持ったのか、しばらくすると立ち上がって、守っている先輩たちに大きなジェスチャーで指示を出し始め、
先輩たちもその指示に従うんですね。
20歳になったばかり、嵐の売上もどん底のころ、
でも彼は、そういう人なんですね。


|

March 28, 2009

危ない男。。。

やっと、宿題くんSPとMusic Loversを見ました。
皆様、米倉涼子さんとのやりとりに無反応ですが、大丈夫ですか?
刺激が強すぎて、なかったことにしよう・・・とかですか?

涼子ちゃんのも可愛いよ・・・
俺でいいの?
ナンパしよう。
逆ナン・・・
どっちが早く別の場所に行けるか競争しよう・・・

潤くんにとって女性って、何なんでしょう?
私が初めてコンサートに行って、目の前で止まって、じ~っと見つめられ続けたときのことを思い出しました。
危ない男だよなあ。。。

自分の彼氏がこんな男だったら身が持たないよね。
米倉さんの、「ムリ」というのは、そういう意味なんでしょうか?
何がムリなのか、しつこく気になる私です。


|

March 20, 2009

ギャップ萌えカップル成功の法則

maruさん
反省したり謝ったりすることないですよ。
今回のひみつのアラシちゃん→WBCのVTRの変更は、賛否あって当然のことだし、
世の中のほとんどのことは、立場が変われば受け取り方も変わりますものね。

ただ、今回のことは、これがテレビなんだ!と痛感しましたね。
テレビは生き物!
刻一刻と動いている世の中で、多くの人たちの関心事が起こったら、
急きょ、番組がさしかえられたり、番組内容が変わったりができるからこそテレビで、
テレビの世界で生き残っている人たちは、それに対応できている人たちなんでしょうね。
嵐も、テレビの中心で活躍するようになったから、どんな話題でも臨機応変に対応できて当たり前。
それができなかったら、テレビ業界には必要ないよ・・・という厳しい状況に置かれているんですね。

ところで、新ドラマ『スマイル』、どうなるんでしょうね。。。

潤くんのこれまでのドラマや映画の恋愛を考えたとき、
ありえないっつーの!というギャップ・カップルの方が成功しているんですね。

金田一少年の、鈴木杏ちゃん、
バンビーノの吹石一恵さん、
みゅうのあんよの香里菜さん、
一般的にとってもお似合いのカップルですよね。
でも、潤くんの魅力はイマイチ。

でも、ごくせんの熱血コミカル教師とクールな生徒、
きみぺの生真面目なキャリアウーマンと変幻自在なふわっとした年下ダンサー、
東京タワーの地味な主婦と遊び人の年下チャラ男
花男のド庶民の娘と大財閥の御曹司、
こういうギャップカップルだと、潤くんの現実離れした魅力が炸裂すると思うんですよ。

同じありえないっつーカップルでも、
僕妹となると、同質の狭い世界の中でもがいているだけでギャップ萌えがないし、
隠し砦となると、姫と山の民がお互い恋し合う恋愛要素をクローズアップするなら、見た目を綺麗にするべきだったし、
見た目を異常に汚くしたのなら、手の届かない高貴な姫に密かに想いを寄せる切ない男にするというように、
ギャップを明確にした方が萌えただろうに・・・と思うんですよね。


|

March 17, 2009

宇宙人&株

AJSとWink Upで、「愛を与えるためにきた宇宙人」だと言われ、
育ててくれた両親に申し訳ないという潤くん。
ご両親に対して、そんな風に思う彼に胸キュンの私ですが、
私が親だったら、子供が宇宙人でも全然OKだね。

私は、思い通りにならない息子二人を育てをしながら、
この子たちは、私たち二人の子供ではなく、
神様が、無数にいる子供たちの中からピックアップして、
私たちのところに預けてくださったように思うようになったのね。
20年間、或いは大学を卒業するまで、
何もわからない未熟な親を鍛え、楽しませ、幸せをくれて、
そして、社会にお返しする存在という感じですね。

だから、潤くんのように、私たちのところに預けられた息子が、
愛を与えるためにもたらされた宇宙人だったとしたら、ものすごく光栄だし、
その素質を損なわず、彼の中の愛が、家庭の中で順調に育って、
多くの人に愛を与え、しかもそれが仕事として成り立っているんだから、
こんなありがたいことはないですね。
(中2で誰に最初に愛を与えたかのか、チラッと気にはなりますが)

・・・と、こんなことを思う一方、
近頃の世界同時株安の現在、株を買うなら今なのかなあ、
買っている人もたくさんいるんだろうなあと思いながら、
その実態が実は何もわかっていない企業の株を買うなんて、
私にはできないなあと思うのです。

そして、もし松本潤株というものが存在するなら、
私は絶対に買うね。
他の株はまったく買わず、1点集中ですね。
だって、彼なら、目に見えて業績がいい時だけでなく、
一見、業績が悪く低迷している時でも、
絶対に、貪欲に学び、経験し、人との絆を深め、自己投資を惜しまず、
いずれ花開くときのために、しっかりと根を張り巡らせているに違いないですもの。

星フリに若くて賢明なファンが次々と登場してうれしいですね。
中学生・高校生は、親世代に対してシビアですから、そういう人たちに選んでもらえるのは、
本当に光栄です。


|

March 12, 2009

どうなったの? ムテキ・ファンデ。

今ウラシマのミツコです。

ムテキなファンデは、その後どうなったのでしょう?
近くの大型スーパー店で、
外人女性のアップの顔ばっかり映った画面を、なぜ嵐メンが出てこない、
隣の画面では、後輩Gがいっぱい出て歌っているのに・・・
と、恨みのこもった視線でガン見してたら、
店員さん(コーセーの美容部員?古い表現?)が、サンプルを持ってきて、
よろしかったらやって差し上げますよ・・・と言われ、
私もターゲット年代に入っているのね!とゴロニャンとしてから、幾年月。。。
ムテキファンデを買うどころか、サンプルすら使わず、
お腹ばかり空いて、太る一方。

だってさあ~、化粧品会社が嵐、いや松潤を使って、顔や姿を映さないっていうのは、
バカか?!アンタってもんでしょう。
宝の持ち腐れ、金の無駄遣い、いつまでもあると思うな、松潤の若さと美貌!ですよ。

嫌というほど流れる、「頑張りすぎるなよ」の若年寄風なauより、
鏡の前で女性の頭を後ろから押さえて、一緒に鏡をのぞきこみ、
指先でムテキファンデをス~と塗ってやる、エグイ松潤でしょう。
向き合って、その長い指で女性の唇に赤い紅をさしてやる、エロい松潤でしょう。

画面から、マツジュンの極彩色のオーラがユラユラ発するようなCMが流れまくったら、
世の女たちは、コーセーを買いに走りますよ。
私なら一生分のファンデと口紅を買うね。


|

March 11, 2009

人生の一瞬だけ興味をもっても・・・

ご無沙汰しておりました。

あまりに仕事が忙しく、考えなければならないこと、調べなければならないこと、覚悟を決めなければならないことが次々と起こって、
心は潤くんを求めていても、頭がまったく潤ごとについていけていない状態です。

そんな中、台湾からかつての潤くんファンがやってきました。

ごくせんでファンになって、短い間だけのファンでしたが、
そのころ、私とのメール交換が始まって、医師になる勉強をしていたけれど、家庭の経済的事情で断念して、働いていました。

初めての台湾の嵐コンサートの時、彼女を訪ねて台南に行ってきました。
ボーイフレンドと一緒に、車で古都・台南の街中を案内し、たくさんの彼女の知り合いを紹介してくれ、どんなに彼女が多くの人に愛されているかよくわかりました。

そんな彼女が、突然私を訪ねて日本に来ました。
何の目的もないと言っていましたが、
台湾に帰ってからのメールで、仕事、人間関係、将来のこと、自分が本当は何をしたいのか混乱して、
新鮮な空気や自分を解放したくて、日本に行ったと書いてきました。

日本での、私と私の夫と彼女の3人での鎌倉その他の休日から、彼女は何を感じたかはわかりませんが、
私の夫には、何にでも興味津々で、まわりの人をすぐにハッピィにする彼女との英語でのコミュニケーションをとても楽しんで、ものすごく新鮮だったようです。

彼女と私の関係を思ったとき、雑誌『GINZA』の、
「ずっと応援していてとは言えない、その人の人生の一瞬だけでも興味をもってくれたり、自分の言葉を思い出してくれるだけでもいい・・・」という潤くんの言葉を思い出しました。

彼女の人生の一瞬だけ潤くんに興味を持っただけなのに、
台湾と日本に離れ、親子ほど年齢も離れているのに、見えない糸でつながることになってしまった気がします。

そして、彼女に限らず、潤くんや嵐のファンになったため、それが例え短い間だったとしても、
日本に留学したり、地元の日本企業に勤めたり、人生を大きく決める転機になった人たちがいますね。

それだけ魂や存在を揺さぶる魅力を持っているということでしょうね。


|

« February 2009 | Main | April 2009 »