« November 2008 | Main | January 2009 »

December 31, 2008

好きな表情

HIV母子感染の取材に行った時、最初、子供達が寄り付かなかくてどうしたらいいのかわからない表情が、
最近、頭から離れないんです。

どこに行っても嵐の松本潤であるという前提で、自分も周りもコミュニケーションをとっているのに、
彼が何者であるかわからないカンボジアの子供達の中で、
どういうアイデンティティーをとればいいのかわからず、一瞬、素の松本潤になったと思いました。

華やかな表の顔に慣れて、MステSPの豪華な彼に、これぞ松本潤!と思うんだけど、
私の心をとらえて離さないのは、
カンボジアでのあの表情のように、一瞬陰の部分が見えた時。

誰にでも陰の部分はあるけれど、
これだけ長い間、様々な媒体で日常的に彼を見てきても、
垣間見えた陰の素に、人間的ないやらしが皆無で、
寂しさや戸惑いが感じられたとしても、
そこには崇高な何かが漂っていて、
それが私が彼に惹かれる理由であって、安心してのめり込める理由でもあると思うのです。

|

December 28, 2008

僕は君を選んだ。

♪世界中でただ一人だけ、僕は君を選んだ~♪
と、こちらを指して唄われると、
私もあなたを選んだのよ…と言いたくなっちゃうのよね。
そして、潤くんがアイドルで本当によかったと思うんです。
だって、向こうからは選ばれる必要がなく、こちらが好きな時に好きな潤くんを引っ張り出してきて、癒されたり、突っ込んだり、こちらの感情のおもむくままに自由自在。
妄想も自在な恋人だし、他のおおぜいの人と共有して楽しみも何倍にもなる。
ありがたい存在ですねえ~これが現実だと血を見ますからね~

ところで、花男Fのディレクターズカットを観ました。
道明寺の漢字の読み間違いが、どこかの国の財閥のお坊ちゃまから総理大臣になられた方を連想してしまい、妙にリアルで笑えなくなったり、
ティアラの箱を横に置いた後ろ姿が、
モモのバスケットを持った寂しい後ろ姿とダブって見えて、
なぜここをカットする?!
こういう孤独な内面を象徴するシーンを入れないから、深みがないんじゃ!
と怒ったり、
無人島のお姫様抱っこで楽しそうにしているシーンがあるからこそ、司の「夢はかなった」という言葉に説得力があるんやないか、ボケ~!
と、いろいろ突っ込んでしまいました。

|

December 26, 2008

GQを選び選ばれた。

大活躍だった2008年の嵐と潤くん。
紅白だって、映画賞だって、音楽賞だって、多くのマスコミが取り上げ、たくさんの人が話題にしてくれるものも、その気になればとれたろうに、
今まで存在も知らなかったMen of the year だけ受賞。

これは、日本国内のすでに確立された権威より、
世界の・・・と頭につくのがふさわしい、
日本を代表するビビッドなクリエイター達に名を連ねる方を選んだんだと思うのです。

人生は選択の連続の結果。
18歳の時、酷寒の滝に打たれて、
「世界中の人を幸せな気持にする~」と叫んだあの願いに一歩ずつ近づいてきた。
7年前は大望に思われたことが、インターネットの発達で、
世界中の人があまり時間差なく映像も情報も共有できるようになって、世界が向こうから近づいてきた。

嵐はネット時代のアイドルのパイオニアと言えるのでは。
過去の遺物より、前人未踏のいばらの道を選択するのが松本潤にふさわしい道で、
その決意表明が、Men of the year のような気がします。

ジャニーズを潤くんが選び、ジャニーさんに選ばれたように、
選び選ばれることで、初めて1歩が踏み出せるし、
未来が開かれますものね。

|

December 24, 2008

隠し砦のDVD box

昨日、特典映像全部見たら、素の潤くんと一日中付き合ったような気分です。

まあ~宮川さんにどうでもいい細かいこと、突っ込む突っ込む。
私、「負けるな宮川大輔、めげるな大輔!」と応援してしまいましたよ。

クリエイティブな人は、何でも知りたがりだそうですから、星フリを覗いて、ブラックでどうでもいい突っ込みをゴチャゴチャ言ってたりして。。。

もっと小うるさい潤くんを堪能したくて、買うつもりのなかった花男FのDVD-boxも買ってしまいそうな私です。

|

December 23, 2008

GQ受賞おめでとう!

日付:12月17日(水) 22時34分
夕べのNews zeroで受賞式の様子をチラッと見て、わぁ、仕事ができる男の世界で認められたよ~、クリエイターの一員だよ~と、新たな段階の潤くんがとてつもなく楽しみしなったのね。

でもさっき、録画していたWSを見たら、受賞の時の、目を細めてはにかんだ表情を見ちゃったんです。
ああ~、うちの息子達と同じだわ。
自分でもよくやったと思っていることを誉められるとあんな表情をするのよね。

そう思ったら、エロいとか凄いとか思っていた潤くんが普通の男の子に見えてきて、こんなおばさん達のファンがたくさんいて、ありがたいけど重たかったろうなあ…と、ふと申し訳ない気持になったり。。。

それにしても潤くんのタキシードは、こんなデザインもありなんだと楽しいですね。
成人式のヨージヤマモト、初の海外の台湾・金曲賞の時のきらきらシルバー、そして今回のかわいいタキシード。
そのポイントポイントで印象的です。

|

December 08, 2008

ブラック潤とは。。。

ふうこさん
ブラック潤は、例えば、ブラック・モモとか、
先日のVS嵐で、大ちゃんに、「今日のマツジュンは可愛いね」とか言われたら、
キレタようににらみつけたとか、
宿題くんで時々見せるドSなところとかですね。

四方八方に気をつかって言葉を選びながら、延々と話すかと思えば、
こういうところもあり、
その多面性が、人間っぽくて好きですね。

私もブラック・ミツコを自認していますがね。。。


|

健全潤と小悪魔潤

FNS歌謡蔡、ONE LOVE、久々に見て聴くと、覚えやすくて、メッセージが明確で、温かい気持ちになるいい歌ですねえ。。。
長く、多くの人に歌い継がれて欲しいものだと思います。
嵐の健全さが、日本の少子化防止に役立てればなあなどと思ってしまいました。
上原ひろみさんのファンという潤くん、
才能とパッションとオリジナリティがあって、こういう人が好きなんだなあって、改めて思いました。

auのお坊ちゃまCM、
ブラック潤、エロ潤、俺様潤を知っている者としては、
いやあ、小悪魔だなあ・・・と思ってしまうわけですよ。
こういうコロっと変えられる彼だから、きみぺのモモはハマリ役だったし、
こういう悪魔だから、私はドロドロにはまり込んでいくわけで。。。

マルシャリンさん
(自称)ヨーロッパ圏宣伝部長さんなんですね。
素晴らしいです。
ファンが何十万人いようとも、誰か一人が使命を持って行動するかどうかで、何かが変わるということがあると思うのです。
嵐はもはや日本だけのものではなく、彼らの意識の中では舞台は世界のように思います。
これからも、いろいろ教えてくださいませ。


|

December 03, 2008

DAIGOくんと同じニオイ

24時間TVのアンケート回答、集計、ありがとうございました。
嵐メンのラジオと日本テレビに送りました。
日テレの24時間TV担当へは、ワードにコピペして、各項目ごとにホチキスで止めて郵送しましたので、
読みやすくわかりやすいと思います。

お騒がせしました、私が担当した『みょうのあんよ・・・』の感想・その他は、
回答者ごとにそのままコピペしただけにしました。
内容で分類すると、良かった点・良くなかった点など、他の項目とダブってしまうので、
回答してくださった人で分類したという感じです。
それぞれ、こういう視点の、こういう感性の人が、こういう感想を持っていますよ・・・ということですね。

ところで、夕べの宿題くんのDAIGOくん、楽しかったです。
潤くんから同じニオイがするとラブコールがあったのに、
DAIGOくんは相葉ちゃんにしか同じニオイを感じなかったようで。。。

潤くんとDAIGOくんの同じニオイは、
・正直
・隠しきれない育ちの良さ(潤くんファンになったばかりの頃、すごい良家のお坊ちゃまだと思いこんでたんですよ)
・冴えわたる頭脳
・実はお人よし
といったところかな。

潤くんは、怖そうでとっつきにくいかもしれないけど、本当にいいやつだから付き合ってあげてね、DAIGOくん。

そして、この人なら嵐に入ってもいいなあと初めて思いましたね。


|

December 02, 2008

潤くんのエロさ=揺れる知性

ふうこさん
潤くんのエロエロ・ソロというのは、
例えば、ONEコンでやったW/me(ウィズミー)や、
Dream 'A' LiveコンのNaked(ネィキド)などですね。
女性ダンサーと絡んで、潤くんの綺麗な上半身裸も見られます。
どちらも、DVDになっていませんが、
W/meは、ArashicのCD初回限定版についたDVDに、ほんの一瞬だけ映っています。

でもまあ、私が最近一番エロイと思ったのが、
宿題くんで、寝る前に漫画を読んでいる姿。
演出のない、素の日常が垣間見えたようで、ドキッとしました。
漫画を読んでいる姿がすごく知的だったのね。

CUTのテキストで、「揺れている人だ」と表現していたけど、
私、”知性=揺れる”だと思うんです。
新しい情報が入ってきたり、新たな体験をすれば、
揺さぶられたり、もっと知りたくなったり、
つまり、フレキシブルな好奇心に溢れていることが知性だと思うわけ。

そして、潤くんのエロさは、揺れている内面や、
不条理や理不尽といった、どうにもならないことを飲み込んでいる大人の男の柔軟さにもあると思うんです。

その対極にあるのが、
男の美学とか言っている凝り固まった男とか、
表面が綺麗なだけの人形のような男。


|

« November 2008 | Main | January 2009 »