« 隠し砦のDVD box | Main | 僕は君を選んだ。 »

December 26, 2008

GQを選び選ばれた。

大活躍だった2008年の嵐と潤くん。
紅白だって、映画賞だって、音楽賞だって、多くのマスコミが取り上げ、たくさんの人が話題にしてくれるものも、その気になればとれたろうに、
今まで存在も知らなかったMen of the year だけ受賞。

これは、日本国内のすでに確立された権威より、
世界の・・・と頭につくのがふさわしい、
日本を代表するビビッドなクリエイター達に名を連ねる方を選んだんだと思うのです。

人生は選択の連続の結果。
18歳の時、酷寒の滝に打たれて、
「世界中の人を幸せな気持にする~」と叫んだあの願いに一歩ずつ近づいてきた。
7年前は大望に思われたことが、インターネットの発達で、
世界中の人があまり時間差なく映像も情報も共有できるようになって、世界が向こうから近づいてきた。

嵐はネット時代のアイドルのパイオニアと言えるのでは。
過去の遺物より、前人未踏のいばらの道を選択するのが松本潤にふさわしい道で、
その決意表明が、Men of the year のような気がします。

ジャニーズを潤くんが選び、ジャニーさんに選ばれたように、
選び選ばれることで、初めて1歩が踏み出せるし、
未来が開かれますものね。

|

« 隠し砦のDVD box | Main | 僕は君を選んだ。 »