« September 2008 | Main | November 2008 »

October 26, 2008

ピラミッドの石

先日のひみつのアラシちゃん、
自分説明書で、綾瀬はるかちゃんに興味津々っぽく、
正解率が高かったですね。。。
若い女優さんへのエロっぽい興味なのか、プロデューサー的好奇心なのか、
人を見抜く目の確かさが証明されたような感じでしたね。

でも、番組は・・・。
USOといい、ホムンクルスといい、嵐出演のTBSのバラエティ番組は、結局同じティストに落ち着いたようですね。
雑多なものが混在していて、何の番組なのかよくわからず、何も残らないバラエティ番組。

ところで、ピラミッドを作っている人のたとえ話になるほど~と思ったので、紹介させていただきます。

石を運んでいる人に、「何しているんだい?」と尋ねたそうです。
ある人は、「石を運んでいるんだ」と答え、
ある人は、「ピラミッドを作っているんだ」と答え、
もう一人は、「世界的文化遺産のピラミッドを作っているんだ」と答えたそうです。
仕事で成功するのは、第3のタイプだそうです。

ひみつのアラシちゃんは、スタッフも嵐も、
どんなに一生懸命がんばっても、石を運んでいるだけという感じなんです。

それに対して、アジアツアーは、歴史的反目もある韓国や中国などにも敢えて行き、
そこに架け橋を作っている感じがするんです。
違った個性や能力の5人のグループであることで、
一人のスターよりも、日本の文化を象徴しているし、
アイドルだからこそできる架け橋ですね。

まごまご嵐は、力を合わせて生きてきた、自立した幸せな老齢なご夫婦と、
まご世代の嵐メンとの交流で、
世代を超えた理解と尊敬、そして、一般的日本人が生きてきた歴史を知り、
素晴らしい番組でした。
若者なら誰でもいいのではなく、
嵐メンのピュアな魂だからこそ、相手の心に飛び込むことができたと思っています。

嵐の宿題くんは、月曜日の夜に、
世の中を知ってしまったおじさんとキラキラ嵐メンが、思いっきりクダラナサを追求して、
そのアホくささに癒されて、明日もまあ、頑張って働くか、勉強するか・・・という番組ですね。

アジアツアーやまごまご嵐や嵐の宿題くんは、世界的文化遺産のピラミッドを作っている人のように、
目的とコンセプトがわかっているように思うんです。
目的がはっきりしていれば、必要なもの、不必要なものが判断できて、
出来上がったものも、説得力があって面白く、存在感があるんですね。


|

October 21, 2008

《ノー》と言ってくれる存在

さざんさん、はじめまして。
サザンオールスターズは、ベスト30歌謡曲という番組で、
『勝手にシンドバッド』で初めて見ました。
当時人気だった沢田研二の『勝手にしやがれ』とピンクレディの『渚のシンドバッド』を合わせた、
ふざけたタイトルで、どうせくだらない歌だろうと思ったら、
わあ~、何これ?! こんな斬新な歌聴いたことないわ! とてつもなく上手いわ! 本物だわ!
と、度肝を抜かされました。
あの時の衝撃を、今での鮮明に覚えています。
ファンにはなりませんでしたが、初めて見たときの驚きを覚えているのは、サザンと松本潤だけなんですね。

潤くんは、5年半前に見た『ごくせん』の7話で、
取調室に入っていく暗い目とそれに続く、今まで見たこともない演技に魅せられて、
ネットで”松本潤”と検索したら、”嵐””ジャニーズ”と出てきて、
こんな凄い俳優が、ちゃらちゃらジャニーズなんて、信じられない・・・と、頭がパニックになりましたもの。

>私の愛するサザン桑田が言っていた話なんですが、これだけ長い事続けていると誰も桑田の意見に《ノー》と言ってくれる存在がいないのが寂しいと…

潤くんが尊敬し、可愛がってもらっている勘三郎さんのドキュメンタリーで、
まったく興味のない高校生たちに歌舞伎を見せる企画がありました。
「アンケートを見るのが楽しみだ、つまらないならつまらないと書いてもらいたい」と言っていたし、
事前アンケートで、「がんばりたまえ中村くん」と書いた男子高校生を面白いと言って、わざわざ会っていました。
どうしたら、まったく興味のない高校生たちに楽しんでもらえるか一生懸命だし、
自分を崇め奉らない人を求めているんですね。
ニューヨーク公演も、高校生も、ノーと言われる可能性や、自分を違った目で見てくれる人に敢えて挑んでいるんだと思いました。

私たちの”星フリ”は、大きな仕事があるごとにアンケートを実施してきて、
良くなかった点とか、Worst10とかも項目にあります。
私は、松本潤は世界一中身があって、世界一頭のいい男だと思っています。
ですから、良くなかったことを言われたら、それを彼なりに租借して、
新たな素晴らしい創造の糧にしてくれると思っています。


|

October 20, 2008

追加の回答です。

(3)パフォーマンスWorst10 
  
5.とってつけたエコ(”Dream A Live")
     世の中の流れをコンサートに取り入れること自体はいいことだと思うが、   
     ちゃんと構成を考えた上で、嵐メンの生きた言葉で語ってほしい。

6.WAVE(TIMEコン・国立コン)
     夢の世界の嵐コンが、突然現実に引き戻される。

(4)アルバム曲・シングル曲で、新たなパフォーマンスで、斬新な光を当てて欲しい10曲

*君は少しも悪くない
     短調の哀愁を帯びたメロディが、とかく元気で明るい嵐コンの中でアクセントになると思う。


(5)今後の嵐コンサートについて、望むこと。

*申し込みをしたファンクラブ員は、必ず1回は参加できるようなチケット販売方法を考えてほしい。

*せっかくニュースキャスターがいるんだから、時事ネタを取り入れて、おバカな突っ込みや素朴な疑問で盛り上げてほしい。嵐も年齢を重ねていくわけだから、それにふさわしい変化が必要だと思うので。

|

October 19, 2008

怖い存在

たまたま仕事で知り合った男性が、昔、ジャニーズコンのスタッフをやっていたということで、
話を聞きました。
嵐はまだ存在しないころで、ものすごく楽しかったけど、ハードすぎて体を壊してやめたそうです。
メリーさんが来ると聞くと、スタッフが皆震え上がったそうです。

今回の台湾コンのYabai-Yabai-Yabaiで、
落ちてくるとき止らず、潤くんが床に手をつけることで大事に至らなかったというようなことを聞くと、
スタッフが震え上がるほど怖いメリーさんの存在が、とてもありがたいように思います。
一瞬の隙が怪我や命に関わるわけで、
翔くんの名古屋での怪我も、機械がちゃんと動かなかったためのようですね。

海外でコンサートをやるのに、わざわざ一番危険なYabai-Yabai-Yabaiを選ぶ心意気の裏には、
潤くんの意志があっても、上層部がOKを出して、
膨大な機材の運搬や、万全を期すためのあらゆる方策と人材とお金のバックアップがあるわけで、
日本国内とは違う環境というリスクを負っても、海外のファンに日本と同じものを楽しんでもらおうというジャニーズ事務所。
何かあれば、各方面の仕事に多大な迷惑をかけるわけで、
潤くんも、本気であればあるほど、コンサートの裏では厳しいだろうと想像します。
楽しいエンターティメントの裏にある過酷さに思いを馳せ、
そこに渦巻く様々な人間の思惑や感情を超える強さがあって初めて、ジャニーズの繁栄があるんだろうなあと思いました。

ケコ茶さん
>そのバイオリニストさんにはやきもち焼かないんですか?

やきもちどころか、ダンナにもそういうアイドルがいてくれてありがたやです。
(川井)郁子ちゃんを見ていればご機嫌だし、チケット取ったり、海外コンサートに出かける準備で嬉々としていますもの。
で、先日、聞いてみたんです。
「マツジュンにやきもち焼かない?」
一瞬、間があって、「ぜんぜん・・・」と、やや弱弱しい返事。
「じゃあ、私、郁子ちゃんにやきもち焼いていると思う?」
即座に、「ぜん、ぜん!」と力強い返事。
彼のマツジュンについての本音が、ちょっと見えたような・・・でした。


|

October 16, 2008

10周年記念・嵐コンサート・アンケート

【10周年記念・嵐コンサート・アンケート】

(1)これまでに参加した嵐コンは?
*【国立競技場コンサート】(2008年9月)
*【Dream 'A' live 】5大ドームコン(2008年5月~7月)
*TIME・ドームコン(2007年10月)
*TIME・アリーナツアー(2007年夏)
*凱旋ファイナル・ドームコン(2007年4月)
*凱旋コンサート(2007年1月初め)
*『韓国コン』(2006年11月)
*『台湾コン』(2006年9月)
*『ARASHIC』(2006年夏)
*『ONE』(2005年夏)
*『いざッNOW』(2004年7月~8月)
*『LIVE IS HARDだからHAPPY』(2003年~2004年冬)
*『How’s it going?』(2003年夏)


(2)パフォーマンスBest15

1.モモダンス(How's it going?)
    息を殺す静寂の中で、荘厳なバッハの「無伴奏チェロ組曲」が流れ、
    天井から4本の光の柱の間で、真っ赤な衣装で踊るモモ。
    キャアキャアの嵐コンの中で異彩を放ち、
    潤くんのしなやかな肢体がダンサーとしての可能性を魅せてくれました。

2.re(mark)able~truth(国立コン)
モモダンスと真逆の、キャアキャアの嵐コンの頂点に位置する圧巻です。
    国立競技場の歴史と重みを嵐コンに取り入れた心意気と志の高さに脱帽です。


3.中国語の感謝カンゲキ雨嵐(第1回台湾コン)
    初めての海外コンで、中国語のアカペラで始まり、日本語に変わり、
    スケステで会場を縦断しながら次第に盛り上がって、
    大きな感動に包まれていったときは、涙・涙でボロボロでした。

4.翔くんのアカペラの”A Day in Our Life"(いざッNowの横アリ・オーラス1回きりのパフォーマンス)
    アンコールの声の中、翔くんの「全身全霊・・・」というささやくような声が聞こえ、翔くんが現れ、
    アカペラが次第に大きくなっていって、
    会場全体に広がって盛り上がっていった感動は素晴らしかったです。

5.W/me(One)
潤くんが女性ダンサーと絡んだエロ分野ソロの第一弾。好きです。

6.Yabai-Yabai-YabaiのMJウォーク(TIMEコン)
    潤くんのコンサートに賭ける執念に度肝を抜いた。
    ぼんぼん帽のドームより、アリーナ頭上の帽子なしの方が好き。
    ボンボン帽子は潤くんのエロっぽい魅力と合わないと思う。

7.時代~Yes?No?(TIMEコン)
    黄色と黒の衣装と、特にYes?No?のオリジナリティ溢れるダンスが大好きです。

8.とまどいながら~君は少しも悪くない(いざッNow)
    ピンクのスパニッシュな衣装と、フラメンコ風ギターと踊り、大好きです。


9.Blue(第1回台湾コン)
    会場中が暗闇になり、キラキラと星がきらめく夜空のような演出が素敵でした。

10.Cry for you(TIMEコン)
    マスクとマントという怪しげな演出が、ドキドキした。

11.Cool&Soul~I want somebody(ARASHIC)
特に、動くスケステ上でのI want somebodyの荒々しいダンスは大好きです。


12.大宮SKの地元名物紹介VTR(How's it going?)
    各地元の名産物を、大宮SKが毎回違うコントで紹介するVTRがとっても楽しかったし、
    コンサートが行われている場所を実感する良い企画だった。

13.開演前の大宮SKの注意事項VTR(LIVE IS HARDだからHAPPY)
    毎コンサートが開演される前に、大宮SKがおもしろおかしく、ウチワは胸までしか上げてはいけないとか、
    実際に大げさなことをやって爆笑ものの解説VTRだった。

14.Love Situation(TIMEコン)
    交差するスケステの使い方が凄いし、2組に分かれて踊るというのも面白かった。

15.Days(One)
    白いレースのシャツで、潤くんと大ちゃんのバレエ風ダンスは息をのんだ。

15.ファンからの手紙にまつわる、毎回違う歌を歌った。(ARASHIC)
    ファンと嵐メンとが繋がっている気がしたし、
    毎回違う歌を様々な思いを感じながら、しんみりと聴くことができてよかった。


   
(3)パフォーマンスWorst10 
  
1.パレード(”Dream A Live")
幼稚で品がなく、あんなものでファンが喜ぶと思われるのが心外。

2.マッチ棒のような人間の動きをした映像(”Dream A Live"と国立コン)
     嵐メンより遥かに大きく目立つものが画面で踊っているので、嵐メンが霞んでしまって本末転倒。
     邪魔以外の何物でもない。

3.鋼の腹筋の大宮SK(Oneコン以降の大宮SKすべて)
     BESTパフォーマンスに挙げた大宮SK二つは、その意図やコンセプトが明確で、
     とても愉快で爽快だったのに、
     鋼の腹筋以降の大宮SKは、シュールというか、言いたいこと・やりたいことがわからず、
     コンサートの流れを止めてしまった。

4.水槽(国立コン)
     脱いで、水槽に入って、だから?
     面白がらせたいのなら、もっとひねってほしい。

(4)アルバム曲・シングル曲で、新たなパフォーマンスで、斬新な光を当てて欲しい10曲

*I want somebodyを潤くんのソロダンスで見たい。

(5)今後の嵐コンサートについて、望むこと。

*斬新なアイディアとパフォーマンスで、私達を驚かせ、楽しませ続けてほしい。
*MCを2回行い、コンサートを3部構成にしてもいいのではないか。
 おしゃべりのMCとゲームのようなMCと2回あると、ダンスと歌のパフォーマンスへの集中力も高まって、
 満足度が上がると思う。(LIVE IS HARDだからHAPPYコンで、1回だけ行った”D嵐コン”がまさにこのパタ ーンで、ものすごく楽しかった。)

*定番曲・お手ふり曲を、そろそろ変更してほしい。

 
(6)今後の嵐コンサートについて、望まないこと。

*ほとんどのファンが知っているお仕事情報をコンサートで発表のように話すこと。

………………………………………………………………………

【嵐10周年に望むこと・アンケート】

(1)10周年を機に、望むこと、やってほしいこと。

*世界をマーケットにしたエンターティメント番組
*今までのコンサートのベストパフォーマンスを集めた、コンサートベスト盤の発売
 (嵐をよく知らない人に見てもらうための紹介DVDになると思うので)
 

(2)今後の嵐に望むこと

*どんな逆風にも負けずに、志を高くもってほしい。
  そうすれば、どんなオバカをやっても品のあるグループでいられると思う。


|

国立コンアンケート・私の回答

(1)総合的満足度
4.9

(2)9月5日・6日のどちらに参加されましたか?
5日

(3)今回が初めての嵐コンサートですか?
いいえ

(4)歌・踊り・演出を総合したパフォーマンスBEST7
1.Re(mark)able
2.truth
3.イチオクノホシ
4.シリウス
5.One Love
6.La Tormenta
7.ニノソロ「虹」


(5)衣裳BEST3
1.Re(mark)ableの赤xゴールド基調のパターン違い
    
(6)装置・特殊効果などBEST7
1.巨大スクリーン
2.聖火台と聖火台からのトロッコ
3.迫力満点の炎
4.スケステ
5.風船
6.回転センターステージ
7.はためくペナント 

(7)良かった点
・時間の経過と夕陽・月・摩天楼と野外であることを十二分に生かしたコンサート。絶品でした。
・オグさんの国立競技場の解説や映像と、それに続く聖火台を使ったパフォーマンス。王者になったと実感した瞬間でした。
・シンプルなステージ構成が嵐メンやパフォーマンスを生かした。
・花火や噴水や風船など、野外でしかできないことが存分にできた。
・一つ一つのパフォーマンスの演出意図が明快に伝わってきて心地よかった。(ドリアラコンの真逆)
・巨大スクリーン、スケステ、センターステージ、田の字の花道、クレーンという、大きな会場の嵐コンに必須の基本がそろっていて、欲求不満にならなかった。 

(8)良くなかった点
・定番曲が多すぎた。
・一つのパフォーマンスとして、磨きのかかったMCがほしい。
・聖火台側のスクリーンももっと大きなものにしてほしかった。


(9)会場内外で気になったこと

・チケットがファンクラブ員に均等に手に入れられるように、チケット販売方法の見直しの時期にきていると思います。


(10)他のアーティストの野外コンサートに行ったことがある方は、嵐コンとの相違点など、参考になることがありましたら、何でも書いてください。

(11)その他、感想・ご意見など

・嵐とスタッフの計り知れない底力を実感しました。凄い!としか言いようがありません。
・参加することができなかった人のためにも、ぜひともDVDの発売をお願いします。
 
(12)台北・ソウル・上海のコンサートの演出に望むことや提案を箇条書きでお願いいたします。
・Tell me what・・・は、前回のアジアツアーでも行ったので、別のを潤くんソロを。
・nakedやW/meのように、女性ダンサーがそのダンスパフォーマンスにいる必然性があるものは、女性ダンサーもアリだと思います。嵐コン全体にワラワラいるのは勘弁していただきたい。
・現地の言葉で最低1曲を。
・現地のファンを第一を考えていただきたい。

|

October 12, 2008

世界をマーケットにした番組を!

2年前の台湾の初海外コンに行きましたが、
あのときの、ファンたちの「再見~!」という、会場中の悲鳴が実現できてよかったなあと思います。

2年前に台湾と韓国に行きましたが、日本のファンとの違いを感じましたね。
滅多に会えないからでもあるでしょうが、その必死さ、熱心さは凄いものがあります。
2年前の台湾コンのときは、台湾独立派の緑のTシャツと中台統一派の赤のTシャツの何十万人が市街にあふれていて、あちこちの街頭集会とスピーカーの声の中での開催でした。
緑の嵐コンTシャツは、大丈夫か?と思ったりしたものでした。

今回、台湾のパンフレットが中国本土の簡体字で書かれていたということで、販売中止というニュースが情報BBSで見ましたが、
台湾人のアイデンティティというか、相手の国の事情に無頓着というのは、
同質で、政治的立場や主義主張を明確にしたがらない日本人ならではという気がします。

潤くんが、「世界中の人を幸せな気持ちにしたい!」と叫んだ18歳のときの願いは、
花男の出演とコンサートなどで、着々と実現しつつありますが、
花男という、世界各地ですでに人気を得ていた原作のドラマに主演できたということは、
必然だったように思います。

24時間TVでカンボジアに行きましたが、カンボジアでも花男のドラマが放送されていて、
多くの人に見てもらっていたそうですね。
彼が、世界中の人のためにしたいことをするために、
花男の道明寺司役は、名刺がわりですね。
潤くんの純粋で大きな願いを叶えるために、神様が道明寺役をプレゼントしてくれたような気がします。

そんなことを考えると、今の日本のバラエティにおける嵐はもったいないなあと思います。
3つもあるバラエティに、どれにも似たようなタレントさんが出て、他の番組ともあまり差のないことをやっています。
特に、ひみつのアラシちゃん!などは、今日は何をやっているかわからないような番組にチャンネルを合わせて見る人がファン以外どれほどいるでしょうか?

どうせ視聴率がイマイチなら、世界中の人に見てもらうことを前提にした、
質のよいエンターティメント番組を作って欲しい。
世界をマーケットにした企業にスポンサーについてもらってね。
かつて日本でも大人気だったアメリカの音楽コメディ、『モンキーズ』という番組がありましたよね。
モンキーズのテーマとか、ディドリームビリーバーとか、今での耳に残っている歌があります。
嵐にも、毎週毎週消えていくバラエティ番組ではなく、
国を超えて、時代を超えて残るテレビ番組を作って欲しいと思うし、
今の嵐ならできるし、嵐でなければできないと思うんですよね。

とにかく、今の嵐のバラエティ番組の状況は、彼らの才能と時間の無駄使いで、もったいなさ過ぎます。


|

October 10, 2008

マツジュンは空気

皆さんの妄想暴走、楽しいですね~。
私も昔は、妄想少女だったのですが、年と共に現実がのしかかってきて。。。

で、我が家の現実は、
マツジュンは空気です。

私が5年半前にマツジュンファンになって以来、
ダンナも息子たちも、興味を示したことはナッシング~!
私がテレビにしがみついていようが、
ネットにハマっていようが、
CDをガンガンかけていようが、
まったく存在しないかのごとく、なんの反応もなし。
それぞれが、自分の世界で生きていて、私が何していようと無関心。
唯一ダンナが興味を示したのが、「東京タワー」。
私が留守の間に、あの場面だけ探してDVDを早送りして、
「なんだ、たいしたことないじゃん」と言ったのが最初で最後。

でもね。
息子の一人は、サークルのイベントで必要だからと言って、
ジャニーズの曲・オン・パレードのCDを作っていた。
もう一人の息子は、就職の面接で、「お母さんは何をされていますか?」と聞かれて、
「ジャニーズ追いかけています」と答えて、試験官全員がド~っと笑って、
その反応を見て、この会社は相性がいいと言って入社した。

で、ダンナは、大好きなバイオリニストの川井郁子ちゃんのカーネギーホールコンサートを追いかけて、
ニューヨークへ、ファンクラブのオフィシャルツアーで行ってきた。
夏休みもとらず、必死で働いて、なんとか仕事の都合をつけてニューヨークまで行って、
帰ってきたら、今度はヨーロッパがいいな・・・とか言って嬉々としている。

空気が実は一番怖いかも。


|

October 03, 2008

エロイだんなの実態&スマコンチケット

今週の宿題くん、楽しかったですね。
チューしよ、おいで・・・の言い方、エロの天才ですな。
そして、演じているときより、宿題くんの素の言い方の方が、遥かにエロくないですか?
演じるときは、役柄やシチュエーションをいろいろ考えて、抑えたり、相手を立てたりするのでしょうが、
素のときは、ど真ん中、ドっキューンと攻めてきますね。

彼の彼女や奥さんは、毎日こんなエロエロ攻撃を受けられるんでしょうか。。。
うらやま~。
でも、自分の幸せって意外と慣れっこになってしまって、
えっ?! うちのダンナ、仕事で留守ばっかりだし、
たまの休みで家にいると、必死で部屋の掃除してるから、楽なもんよ・・・とか言われてそう。

ananの好きな男4位ですか~。
1位でも当然なのに・・・です。
その中でセクシーな男とか、恋人にしたい男とか、おしゃれな男とか、陳腐きわまりないカテゴライズでランク付けして、
松本潤のスケールの大きさなんか計れやしないぜ!と思ってしまいました。

でも、おじさんたちにとって、女性たちの好みを知る唯一の指標らしく、
今週号の週刊文春で取り上げられていましたね。
タイミングよすぎるくらいに始まったSMAPのコンサートが、今まで見たことがないくらいチケットが余っていると書いてあります。
いよいよ世代交代ですか。。。

|

October 02, 2008

嵐コンの↓↑。

国立コンサートのアンケート集計、ありがとうございました。
集計してくださった方々、そしてリードとフォローをしてくださったマキミンさん、ありがとうございます。

嵐メンバーのラジオに知らせました。(翔くんはラジオ番組がないので、どこに連絡したらいいのかわかりません)

ところで、過去のコンサートの総合的満足度を、過去ログからひろいました。

いざっNOW〈2004年夏)・・・・・・・設問なし〈23名)
ONE(2005年夏)・・・・・・・・・・・・・4.70(35名)
ARASHIC(2006年夏)・・・・・・・・4.50(83名)
凱旋コン(2007年1月)・・・・・・・・・4.77(47名)
AAA in Dome(2007年春)・・・・・4.84〈58名)
Timeアリーナツアー(2007年夏)・4.70(80名)
Timeドームコン〈2007年10月)・・・・・4.88(50名)
Dream'A'Live(2008年春)・・・・・・・3.99(60名)
国立競技場(2008年9月)・・・・・・4.90(61名)

ONEコンとARASHICの間に花男1があって、
潤くんファンが一挙に増えて、
星フリにも新たなファンがどっと押し寄せてきました。
そして、ARASHICコンは、1日3公演という無謀なことが行われ、
個人的にこのコンサートはイマイチだと思っていましたが、
それが、数字に表れていますね。

その後、アジアを回り、年明けの凱旋コン、春のAAA in Dome、夏のTimeアリーナツアー、秋のTimeドームコン・・・
と、素晴らしいコンサートが次々と続き、嵐や嵐コンサートの人気がうなぎのぼりになり、
今年春、5大ドームでDream'A'Live(ドリアラコン)を行いましたが、嵐コンとは思えない出来が、ハッキリ数字として表れました。

そして、大野くんの週刊誌騒ぎや嵐コンに対する失望などの危機的状況が、国立競技場の素晴らしいコンサートを生み出したのではないかと思います。

伝説のONEコンも、コンサート前にアルバムが発売されず、ほとんどのファンが新曲をよく知らず参加するというマイナス状況が、スケステを作らせ、中身の濃いコンサートを生んだのではないかと思います。

つまり、ファンが一挙に増え、恵まれた状況になると、コンサート内容は↓、危機的状況だと、↑という傾向があるのでは。。。

アンケートBBS

|

« September 2008 | Main | November 2008 »