« 花男Fアンケート回答 | Main | ごくせん4なら。。。 »

August 17, 2008

嵐と北京オリンピック

北京オリンピックの日本人メダリストたちの誇らしくキラキラ輝く笑顔は、本当に素敵ですね。
こういう笑顔を見るたびに、私は潤くんのコンサートのときのアップの写真の歓喜の絶頂のような美しい笑顔を連想してしまうんです。
こういう潤くんの写真を見るたびに、ああ彼は本当にコンサートが好きで、ファンを喜ばせたことで、こんなにもいい顔になるんだと幸せな気持ちになります。

オリンピックに万全の体調で臨める選手というのは意外と少なくて、それぞれいろんな問題を抱えながら、
決して言い訳が許されない状況で、そこで本来の力を発揮することができるかどうかが、勝者と敗者を分けるんだろうけど、
その精神力のほんのわずかな差というのは、極限状態を楽しめるかどうかにかかっているんではないかと思うのね。
楽しめるかどうかは、自己に対する信頼があるかどうかだし、
自己に対する信頼は、それまでの成功体験に根ざしているのだろうし、
成功体験というのは、怖さから逃げずに挑んで初めて手に入れられるものだと思う。

金田一少年の事件簿やピカンチ、最近では20世紀少年の監督、堤幸彦さんが、
NHKのプロフェッショナルで、「プロフェッショナルとは、逆境を楽しめること。」って言っていた。
潤くんのENJOYにも通じるけど、楽しむって厳しい言葉なんだよね。

4年まえのアテネオリンピックでは、HEROが日テレの応援ソングだったけど、
ただ、それだけって感じだったのに、
4年後の北京オリンピックは、いろんなことが嵐と重なって思える。
翔くんのキャスター、選手へのインタビュー、開会式のMJウォークを思わせる演出、
北島選手にヒレをつけた競泳で勝った潤くんなどあるんだけど、
何よりも、嵐自体が世界を相手に闘っているから、
日本人各選手の活躍と重なって思えるんだよね。

話変わって、Mステのtruth、よかったですね。
健全さわやかソングが続いたから、こういうティストはゾクゾクします。
潤くんは、バク転はできないけれど(やる気がないだけ・・・と私は思っていますが)、
脚を前に高く上げるパフォーマンスは、最高にカッコイイ!と思いますね。


|

« 花男Fアンケート回答 | Main | ごくせん4なら。。。 »