« 愛の世界 | Main | 刺激的な関係 »

July 19, 2008

今、そこにある嵐の危機

まだ続くのかよアゲハ嬢!って思ったけど、吉田潤さんや和製ビヨンセさんのキャラ立ちや、
相葉ちゃんの盛り上げで、結構面白く見れた。
で、思ったの。
ひみつのアラシちゃんがつまらないのは、企画のせいというよりも、
その企画をどういう切り口で料理するか、
それを考える人間の知恵と情熱次第なんじゃないかってね。

大島さん出演の2回が面白かったのは、
大好きな潤くんの番組を盛り上げようと、
彼女が必死で考えて、頑張ったからなんだよね。

スタッフと嵐に、そういう情熱がこの番組にあるんだろうか・・・と思うの。
取材する側の潤くんが腕組みしていて、それを注意もできない腰抜けのスタッフに、
番組つくりの情熱と執念があるとは思えないもの。

嵐が忙しいことが前提の番組つくりでしょうから、
スタッフが知恵を絞って、これぞと思う放送作家を必死でくどくとか、
絶対にいいものを創るんだ!という執念が、番組に反映されていくと思うんだよね。
執念のあるなしで結果が違うのは、原作が同じでも、花男の以前の映画化と今回の花男1.2.ファイナルの違いで明らかですものね。

今が旬の嵐に、番組が安易にのっかるのか、
才能溢れる嵐5人の可能性を追求し、面白い番組を作るんだという執念が結実するか。
コンサート同様、今、そこにある嵐の危機だと思います。


|

« 愛の世界 | Main | 刺激的な関係 »