« June 2008 | Main | August 2008 »

July 29, 2008

命さえあれば、必ず這い上がる!

Dream 'A' Live コンサートのアンケート集計、キンタさん、よよさん、かあかさん、あきさん、ハマさん、マキミンさん、りかさん、
ありがとうございました。
嵐各メンのラジオに、参考にしてくれるよう送りました。

今回の大野くんの件、
どのような結果になろうと、
松本潤は、命さえあれば、必ず這い上がる男だと思っています。

白夜の女騎士で声が出なくなったにもかかわらず、奇跡の復活をしたこと。
ONEコンは、アルバムがコンサート前に発売されず、ファンは曲をほとんど知らずに参加するという前代未聞の状況で、
スケステを考案・実現させ、
スケステ上で踊る彼は、どうしてこんなにも毎回、力をめいっぱい、体をめいっぱい使って踊るんだろう・・・と不思議に思うくらい全力で踊っていて、
MCも、新たな嵐誕生と思うくらい素晴らしく、構成もダンスも本当に素晴らしかった。
花より男子1は、他ドラマがぽしゃったために急遽制作が決まったドラマで、
ONEコンの終わりころ聞かされたそうだけど、
危機的状況が、スタッフ・キャストを結束させて、大人気ドラマになった。

今回のことは、これらとは比べようがないくらい影響力の大きいたいへんなことだけど、
必ず、逆境が力を与えてくれると思います。


|

July 22, 2008

刺激的な関係

潤くんの同年代の友達って、
旬くん、仁くん、錦戸くん、七之助くん・・・
言動が物議をかもしたり、ずけずけ物を言ったり、
一筋縄ではいかなくて、小さくまとまるのまったく逆タイプ。
類は友を呼ぶのだから、はたから見れば、潤くんもこういう部類に入るんでしょう。

好意的でない人たちからは、その言動に眉をひそめられたり、
好意的な人たちからは、だから面白いじゃん!だし、
好きで好きでたまらないファンからしたら、本当はいい子なのよ。わかってあげて・・・だろうし、
時には、世の中には好意的な人ばかりではないことを知っているからハラハラもする。
人気になればなるほど、足をひっぱろうとする人種は山といるから。

上記4人も潤くんも、そんなことではへこたれない強い男たち。
強い男同士だから、ずけずけ言い合うことを喜んでいるし、
皆、とんでもなく凄まじい経験をしてきているんだろうから、
お互いが刺激的。
だからお互いが好き。

私たちは、潤くんからたくさんの刺激や勇気をもらっているから、
ひとりひとりの経験や知恵は微力であっても、ファン同士お互いが切磋琢磨して、
何か言われたからってへこたれない強さを持って、刺激しあって、
一緒にたくましく成長していこうよ!ってね。

タンタンさん
ですから、潤くんにこういう役をやって欲しい・・・というような書き込み、大歓迎ですよ。
一人で考えつくのはとっても狭いから、いろんな人の発想を知って、刺激を受けたいですもの。


|

July 19, 2008

今、そこにある嵐の危機

まだ続くのかよアゲハ嬢!って思ったけど、吉田潤さんや和製ビヨンセさんのキャラ立ちや、
相葉ちゃんの盛り上げで、結構面白く見れた。
で、思ったの。
ひみつのアラシちゃんがつまらないのは、企画のせいというよりも、
その企画をどういう切り口で料理するか、
それを考える人間の知恵と情熱次第なんじゃないかってね。

大島さん出演の2回が面白かったのは、
大好きな潤くんの番組を盛り上げようと、
彼女が必死で考えて、頑張ったからなんだよね。

スタッフと嵐に、そういう情熱がこの番組にあるんだろうか・・・と思うの。
取材する側の潤くんが腕組みしていて、それを注意もできない腰抜けのスタッフに、
番組つくりの情熱と執念があるとは思えないもの。

嵐が忙しいことが前提の番組つくりでしょうから、
スタッフが知恵を絞って、これぞと思う放送作家を必死でくどくとか、
絶対にいいものを創るんだ!という執念が、番組に反映されていくと思うんだよね。
執念のあるなしで結果が違うのは、原作が同じでも、花男の以前の映画化と今回の花男1.2.ファイナルの違いで明らかですものね。

今が旬の嵐に、番組が安易にのっかるのか、
才能溢れる嵐5人の可能性を追求し、面白い番組を作るんだという執念が結実するか。
コンサート同様、今、そこにある嵐の危機だと思います。


|

July 17, 2008

愛の世界

仕事に忙殺されて、お久しぶりの登場になってしまい、申し訳ありません。
Dream ’A’ Liveコンサートのアンケートへの回答、皆様ありがとうございました。
様々な意見がありますが、ファンの正直な感想を伝えることが、
これからの嵐の発展には欠かせないことだと思います。
人気上昇とともに、様々な制約を受け、
嵐メン自体が歯がゆい思いをしている可能性もありますので、
ファンはこういうことを望んでいるんだよ・・・ということで、
潤くんや嵐メンが事務所や制作者に意見を言うときの、後押しになれると思います。

集計は、またマキミンさんとハマさんがやってくださるそうで、
いつも本当にありがたく思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

先週のチャイルドマインダー潤くんを見て、
東京タワーの完成披露試写会のあいさつで、寺島しのぶさんが、
「(ベッドシーンで)私を物のように扱って、やりやすかった。経験が豊富なのね。」というようなことを言ったのを思い出しました。
子供でも女性でも、おそるおそる相手の機嫌や出方をうかがって・・・ではなく、
タイシ君に対しても、物のように自分の体の上にポンと乗っけたり、
自分はソファーにひっくりかえっていたり、
まず自分があって、相手との関係も、自分が心地よいようにする。
そして、それが相手にとっても、実は一番気持ちいいことなんだよ・・・ということを本質的にわかっているんだと思う。

彼がラブシーンが上手と言われるのは、相手役との独自の愛の世界を創り上げることができるからだと思うの。
それは恋人だけでなく、親だったり、子供だったり、いろいろ。
どんなに行動や言葉が乱暴だったりドSであっても、松本潤は愛の人だから、うそ偽りのない愛の世界が生まれる。(司を”愛の人”とよぶマダムさんをパクらせていただきました)

例えば、きみぺの母親役の夏木マリさんに、「愛してるよ、俺の人生。」と満足げに言うところ。
親に対する、これ以上ないほどの愛情表現だと思う。
親は自分を愛してくれることより、子供自身が自分の人生を愛してくれる方が何十倍もうれしいと、私は思う。
花男の司の寂しさは、彼自身はもてあますほど大きく強い愛の人であるにもかかわらず、母親の楓に愛してもらえなかったことであり、
母親を求める気持ちが強いほど、手をつけられないほどの乱暴者になり、
つくしに出会うことで、その強い愛がつくしに向かっていったのだと思う。

ですから私、24時間ドラマ、とても楽しみなんです。
父親としての彼と2歳の娘との間に、どんなラブシーン(愛の世界)を創り上げるのでしょうか。。。


|

July 15, 2008

アンケート追加回答

(12)国立競技場のコンサート(雨天決行)の演出に望むことや提案

・サッカーの日本代表がワールドカップなどの試合のとき、国立競技場にサポーターが集まって、TVの試合実況を巨大スクリーンで見て応援しますよね。ですから、嵐のコンサートでもできるだけ多くのファンがスクリーンで嵐を見ることが可能だと思うのです。過剰な装飾より、見やすいスクリーンにお金を使ってください。

・人を感動させることができるのは人です。
嵐のファンを想う心や嵐の魅力が、ストレートに伝わる演出をお願いしたいです。

・子供だましの演出はやめていただきたいです。
前回のアジアツアーの凱旋コンで初めて嵐のコンサートを見たオグさんが、翌朝のワイドショーで、「反省しました」と言って嵐コンの素晴らしさを語ってくれました。
国民的アイドルと期待されるようになった現在、様々な芸能関係者が初めて見に来る可能性があります。
ひみつのアラシちゃんがイマイチの現在、嵐の得意分野であるコンサートで、そのレベルの高さをアピールすることで、
思いがけない突破口が開けるかもしれません。
嵐の実力をこれでもかあ~!というくらい示していただきたいと思います。


(13)台北・ソウル・上海のコンサートの演出に望むことや提案

・前回のアジアコンでやらなかったパフォーマンスの中から復活させた、いいとこどりを集めていただきたいと思います。
例えば、cry for you、 Yes,No, Days、 Naked、 Your song, Love Situation, 君は少しも悪くない,など。

・現地の言葉での歌とあいさつ。

|

July 09, 2008

難病であるパパ役

いのちゃん

ごめんなさい。
アンケートBBS、既定の「30日以内返信OK」のままにしていました。
今、「無制限」に変更しましたので、
返信で書き込みができます。
いのちゃんさんはじめ、皆様の投稿を楽しみにしていますので。
どうぞよろしくお願いいたします。

JAMさん

≪潤☆過去コトバ≫、毎日本当にありがとうございました。
JAMさんが、読む人それぞれの人に心にひっかかり、
何かを感じ、考えさせてくださる言葉を選んでくださって、
潤くんの言葉の奥に潜む深さだけでなく、
JAMさんの感受性の素晴らしさに感嘆していました。

実は、≪潤☆過去コトバ≫を星フリに残そうと、コピーしていました。
後からファンになる方々が、
これを読むことで、潤くんの精神の真髄に触れて、何かを感じてくださるのではないかと思うからです。
雑誌のインタビューの量も半端なくて、以前からのファンも読めずに終わってしまうものが多いでしょうから、
保存していつでも繰り返し読めるようにしたいと思うのです。

JAMさんの去年の分も保存してありますし、
あきさんが載せてくださったものと合わせて、星フリに残したいと思うのですが、
JAMさん、あきさん、許可をいただけるでしょうか?

24時間ドラマ、小さい子供のいる難病の役なんですね。
同じく難しい役ですが、
感情の起伏をオーバーに表現した道明寺とは逆に、
抑えた演技で、夫として父親としての内面の葛藤を表現するのでしょうか?
彼のことですから、抑えても抑えても愛があふれてくるような気がします。

道明寺が大ヒットしているこの時期に、
意外性があって、彼の可能性の大きさを感じることができる役をもらい、
よかったですね。
命をキラキラ輝やかせて、アイドルと俳優をやっている潤くんが、
今この時期に、生きていることが必ずしも当たり前ではない現実を伝えてくれることは、
様々な意義がありそうですね。


|

July 06, 2008

男の幸せって?

花男F、2回目観てきました。
道明寺(=松潤)の生々しい男をめいっぱい感じて、大きな愛に包まれようと、
最前列のど真ん中の席に陣取って、巨大スクリーンを見上げていました。
ここからネタバレありですので、未見の方は読まないでくださいませ。

花男Fって、男の幸せとは何か?!を直球に描いた映画ですね。
無人島は、
「自分で稼いだこともないガキが~」と、
「一人の男として見たことがあるか?」
に対する答えですね。
あらゆるものを取り払った素の男の道明寺は、
海にもぐり、木に登って、つくしのために食糧を調達する。
それが彼の夢であって、それがかなった。
そして、「愛してる」という言葉。

愛って、相手の幸せを願うことだと思うんです。
道明寺の愛は、一人の素の男として、自分の力でつくしを幸せにすることだったんですね。

すべてを失っても、愛するつくしさえ得られれば幸せという道明寺と対照的なのが、類と鏑木。
どちらもイケメンでお金持ちで優しくて、つくしに対して理解があって傷つけない。
彼らは表面的なものは何も失わず、でも、好きな人は失ってしまう。

「さよならだけが人生さ」というクールな類の最後のシーンと、「ありえないっつーの!」と変顔で狂喜乱舞する道明寺。

道明寺の誓いのキスのありえないほどの力強さが、少女マンガの甘さから脱却して、
男って本当はこうなんだぞ!という現実味を帯び、
脚本・監督・主演の男どもから挑戦状を突きつけられたようで、
体の奥底からドギマギしてしまいます。

それに対して類は、つくしとF4の写真を見て、それが漫画の絵に変わり、また夢の世界に戻した。
これが、花男1とリターンズで類に熱を上げた大勢の若い女の子たちに対する、脚本のサタケさんの答えなんでしょうか?


|

July 03, 2008

おめでとう&ありがとう潤くん(ENJOY)

花男Fの大ヒットを知っての更新だと思われるENJOY。
彼の満足が、一緒に花男を作ってきた人たちやファンに対する感謝の言葉になったんでしょうね。
もちろん大勢の人たちの力の結集でできた映画と結果だけど、
私には、松本潤という人の積み上げてきたものの一つの集大成にも思えるんです。

役者としてだけでなく、リーダーとしての彼のありようが、
花男を成功させたと思っています。
素晴らしい仲間に恵まれたというより、素晴らしい仲間を彼が作りあげたんだと思っています。

ごくせんの再放送で堕ちて以来、彼の俳優としての才能と人間としてのスケールを信じてきました。
信じるというのは、目に見えない実体のないものが、いつかは目に見えるものになるだろうと確信することですね。
花男でやっと多くの人たちに私が信じていたものがわかってもらえたかしら・・・という感じです。

そして、滝に打たれて叫んだ、「世界中の人たちを幸せな気持ちにする~」という決意が、
花男Fが海外で公開されることで実現しますね。
あの時は、具体的なイメージはなかったでしょうが、
JAMさんが今日選んでくださった過去コトバ、「自分がどうジャッジして、どこで何を貰っていくのかっていうことを見極めないと、ただ流れていっちゃうだけだからね。」のように、
一つ一つジャッジして丁寧に仕事をしてきた結果が、彼の夢を実現させようとしていますね。

こういう彼の仕事ぶりを見、言葉を聞くことで、どれほど多くのことを教わったことか、
ただただ潤くんに感謝です。
彼のファンになって本当によかった!

マキミンさん、ハマさん、よよさん、キンタさん、かあかさん、りかさん、
『隠し砦の三悪人』のアンケート集計、ありがとうございました。
さぞやたいへんだったことと思います。
AJSと東宝WEBに知らせ、印刷したものを東宝本社に郵送しました。

この4年間星フリで様々なアンケートを行ってきましたが、
潤くんと嵐の活動に役立っていると信じています。
どう生かされているかはわかりませんが、信じることが行動を起こし、
信じることが結果を生むと思っています。
ということで、皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


|

« June 2008 | Main | August 2008 »