« May 2008 | Main | July 2008 »

June 30, 2008

花男ファイナル初見

花男ファイナル観てきました。
何度も観ると最初の印象がぶれるので、1回観ただけの感想を今書いておきます。
ネタばれがありますので、未見の方はお読みならないでくださいませ。

サスペンス仕立て、潤くんの素晴らしいアクション、夢がかなったということの説得力、幸せの極致のキスシーン、
とてもよかったです。

ただ、どうしても万々歳のカタルシスがないのは、リターンズの最後で軟化したとは言え、鉄の女の楓とつくしの両親のキャラ変更のありえなさです。
世界的大財閥の御曹司とド庶民の娘という、普通は結ばれることはありえない恋愛が、
困難を乗り越えて愛を貫くというのが、花男世界を支える柱だと思うのです。
障害が大きければ大きいほどせつなさが増し、様々な人間を巻き込んでの人間ドラマに厚みが出てくるのだと思うのですが、
その障害を象徴する双方の親が、ものわかりよい親になってしまい、
しかも、子供たちの愛の強さを確かめるために、危険極まりない設定を次々と仕掛け、
それが親の大きな愛情のしるしとする大団円には、違和感がありました。

映画そのものにはいろいろ言いたいことがありますが、
それとは反比例するかのように、道明寺司(=松本潤)に狂おしいほど会いたくて、
映画館通いしてしまいそうなのは、なぜなんだろうか・・・と思います。

何はともあれ、かっこよさとオバカを両立させるという極めて難しい役を、こんなにも魅力的に演じ、
それを多くの人に受け入れてもらい、楽しんでもらえているという事実が、とてもうれしいです。

こうなったらぜひとも続編として、リターンズとファイナルの間の4年間に様々な登場人物に起こった物語を製作して、
花男ワールドをさらに深く広く大きなものにして欲しいです。


|

June 27, 2008

ぜひコント番組を!

夕べのひみつのアラシちゃん!の大島美幸さんの最後に、私泣いちゃいましたよ。
好きな人のために命を投げ出して、その彼主演映画の大ヒットが見える・・・と言って息をひきとる。
ファンの真髄ここにあり!ですよ。(涙。。。)

そして、どんなに好きでも芸人としてのプライドを守って、
番組を面白くするために、骨身を削って、アイディアと体を張る。
台本を考えてくるというのも凄いけど、
落馬はわざとですよね?
だって、たくさんのスタッフがいて、乗馬の専門家がついていて、
初心者を馬から落とすなんて、ありえませんもの。

さらに大島さんの凄いところは、
以前登場したときの歌や、今回の料理のように、
自分の特技をさりげなく披露して、顔やスタイルだけの女なんかにゃ負けないぜ・・・
と、潤くんの心の中にグィっと入り込む。
宿題くんの相撲も、その一つだったかもね。

潤くん、とびっきりのいい女に惚れられて、男冥利につきるってもんですよ。

以前から私は、ひみつもアラシちゃん!では、飽和状態の社会派バラエティより、
嵐の才能を生かしたコントをやって欲しいと思っていて(アンケートにも書きました)、
今回の隠し砦の三悪人のアンケートで、”今後やって欲しい作品や役”に、サマーさんが、
嵐5人と森三中の刑事物で、とっても面白いアイディアを出されていて、
私はこれをコントにしたらいいと思いました。
大島さんに限らず、嵐と女芸人さんって、とっても相性がいいと思うんです。
潤くんやニノのドSツッコミが、女芸人さんの個性を輝かせて、新鮮な面白さが生まれると思うんですけどね。


|

June 24, 2008

決して逃げない。

夕べのフレンドパーク、印象的だったのが、最後のハイパーホッケー。
選手の交代は自由というルールの中、
6-6のジュースになった旬くんが、ニコニコ笑いながらトントンに無理やり交代して、
潤くんはこんな時に交代するなんて考えられないという様子で一心不乱に勝負を続け、
仕方なく出てきたようなトントンは、バッチリ決める。
勝つか負けるかわからないギリギリの状態になったときの、3人それぞれのありようがわかって、
なかなか面白かったです。

そして先週の宿題くんの出川さんの回。
出川さんに無理やり熱々のおでんを食べさせるとき、後ろから羽交い絞めにしていたのは潤くん。
バラエティと言えど、どうなの、これ?という賛否を呼びそうな状態で、
悪役を引き受ける潤くん。
これを見て私は、芸能界で私達が知らないところでいろんなことが起こっているんだろうけど、
潤くんは泥をかぶっても言わなければならないことは言うし、結果の責任はとるし、
決してきれいごとを言って逃げたりはしない男だろうなあと、改めて確信しました。

こういうヤツだから、私は惚れているんですよ。


|

June 22, 2008

One Loveの行方

Mステ初登場のOne Love、今にも♪世界で一つだけの・・・と歌いだすんじゃないかとドキドキしましたよ。
それにしても狙ってる感、ありありでしたね。
『世界で一つだけの花』が、「ナンバーワンにならなくてもいい、世界で一つだけのオンリーワン」というメッセージが超わかりやすく伝わったのに対して、
「百年先も愛を誓うよ」と、愛を誓う歌なんだよというわかりやすいコンセプトの上に、
新郎・新婦のダンサーまでつけて、結婚式でも歌ってくれよと、これでもか~というベタなプレゼンテーション。
潤くんのソロの♪百年先の愛を誓うよ~ まであって、
これは、ぜひ新郎に歌ってもらって、
「松潤よりうまいよ、松潤よりカッコイイよ」と、ニューカップルの盛り上げに貢献するのでしょうか?

これって、『隠し砦の三悪人』が焦点を絞りきれずに観客を集められなかったのと逆狙いですね。
ダンスをフィーチャーした嵐らしさを封印し、先輩の成功例の踏襲。
今までの嵐の歌って、ファンには受けても、そこそこの売り上げどまりだったので、
One Loveで、そこそこを脱却できるのか?!
良い悪いを別にして、SMAPの大ヒット曲を連想するこの曲の行方に興味深々です。

『隠し砦の三悪人』のアンケート、今晩が締め切りですので、よろしくお願いいたします。

|

【隠し砦の三悪人】アンケート私の回答

(1)総合的満足度
4,7

(2)50年前の黒澤明版【隠し砦の三悪人】は、ご覧になっていますか? 
いいえ。(敢えて観ませんでした)

(3)好きなシーン、或いは印象に残ったシーンBEST10
1.薪を背負った4人が並び、眼下に雄大な景色が広がるところ。(この映画のスケールの大きさが象徴されていたし、4人の絆を感じた)
2.ラストの波打ち際の2人と”裏切り御免”の音楽。(ここまでの映画の雰囲気とガラリと変わったラストが斬新なセンスを感じた)
3.小鳥を放すシーン(砦の高さと、それを超えていく自由が象徴されて、心が解放された)
4.大爆発から生還し馬に乗って現れた六郎太と新八
5.雪姫が秋月の君主と生きることを知って、立ち去る武蔵  
6.秋月の姫はこの私だ!とタンカをきるシーン
7.雪姫が妹を亡くしても平然としているのを責めるシーン
8.雪姫が敵兵を馬で追いかけるシーン
9.エレベーターの落下シー

(4)好きな、或いは印象に残ったセリフBEST5
1.誰もいなくても俺がいる。
2.金、酒、女
3.秋月の姫はこの私だ!
4.柳の柔軟さと、○○の強さを両方を持ちたい。

(5)よかった点
・次々と予想を覆す、裏切り御免の連続であきさせない。
・たくさんのエピソードをスピード感あふれる映像で魅せた。
・CGと実写のバランスがよく、違和感がなかった。
・ラストの雪姫と別れて、屈託なく海辺で戯れる武蔵と新八と、斬新な音楽が、この映画を後味のよいものにしている。
・ロケの日本の映像が美しい。
・雪姫の君主としての苦悩や迷いがよく表現されていた。

(6)よくなかった点
・展開がスピーディすぎて、登場人物一人一人の感情を想像するタメがなかった。シーンごとに余韻を楽しむ時間を増やして、2時間10~15分程度の映画にすれば、もっと深く楽しめたのではないかと思う。
・主役の武蔵にヒーローらしさと、松潤でなければ表現できない”何か”が足りなかったように思う。
・雪姫が姫の扮装をするようになったら、姫の気品がなくなったのはなぜでしょう?
・残酷なシーン

 
(8)潤くんファン以外の人の感想
・面白い。アメリカ人に受けると思う。Last Princessだけの題名の方がいいと思う。
  
(9)今後、松本潤くんが映画でやってほしい作品や役など
以前は、潤くんにこういう役をやってほしい・・・と、いろいろ思いましたが、今は、どんな役でもOKですから、松本潤はどんな風に演じるんだろう・・・という楽しみの方が大きくなってしまいました。

(10)感想・ご意見など、ご自由にお書きください。
  
日本映画に滅多にない、面白い!冒険痛快娯楽時代劇なのに、あまり多くの人に観てもらえなかったことがとても残念です。
いろいろな要素を盛り込みすぎて、明確なコンセプトが伝わらず、劇場に足を運ぶ人が少なかったのではないかと思います。
黒澤明監督のオリジナルよりも面白いものを作ろうという意欲が後半のオリジナルを生んだのでしょうが、それがかえって映画としてのブレになってしまい、批判的な人たちを納得させるほどのパワーにもならなかった。
話題の映画をたくさん観に行っている中学生の女の子が、「松潤のひげが気持ち悪くて観に行かない」と言っていました。観てもらえないことには面白いことがわかってもらえないので、
結果論ですが、中途半端なリアリティより、『ラスト・プリンセス』というタイトルで、美しいヒーロー&ヒロインの冒険活劇で、実は「隠し砦の三悪人」が原案なのよ的に開き直った方が、わかりやすいイメージを持たれて、気楽に観に行く層が多かったかもしれないと思います。

|

June 20, 2008

【Dream 'A' live コンサート】アンケート項目追加

国立競技場とアジアツアーが発表されたことに伴い、
↓のように、質問項目を追加します。

(12)国立競技場のコンサート(雨天決行)の演出に望むことや提案を箇条書きでお願いいたします。

(13)台北・ソウル・上海のコンサートの演出に望むことや提案を箇条書きでお願いいたします。

*すでに回答を投稿済みの方は、ご自身の回答の右上の『返信』をクリックして、(12)(13)について、回答してくださいませ。
ご自身の投稿がトップに上がります。

どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートBBS


|

June 16, 2008

【Dream 'A' live コンサート】アンケート私の回答

(1)総合的満足度(最高を5、最低を1とし、0.1刻みでお願いします)
2.5(このような低い点をつけなければいけないのがたいへん悲しく残念に思います)

(2)どこのコンサートに参加したか、場所を書いてください。
東京ドーム15日(日)
  
(3)今回が初めての嵐コンサートですか?
いいえ

(4)歌・踊り・演出を総合したパフォーマンスBEST5 
1.Naked
    
(5)衣裳BEST3
1.吊られているときのオレンジの衣装

個々には素敵な衣装がありましたが、曲の世界観や個性を表現しているものがなかったので、
結果的に衣装のインパクトがない。
   
(6)装置・特殊効果などBEST3
1.バルーンと5人を吊った装置

(7)”Dream 'A' live コンサート”の良かった点
・Your Songの会場大合唱

(8)”Dream 'A' live コンサート"の良くなかった点
・嵐コンの楽しみは、CDの曲がダンスや衣装や演出という視覚をプラスして、その曲のパフォーマンス・世界観が出来上がることだと思っています。今回はかろうじてNakedがそれに値しましたが、他はほとんどありませんでした。
衣装と演出を他の曲と交換しても何の問題もないような、曲の個性がまったく感じられないコンサートでした。
つまり、最初から最後まで、お手ふり曲をダラダラ延々とやり続けたような印象です。
嵐コンに行き始めて5年になりますが、このようなコンサートは初めてで、嵐のコンサートではない気がしました。

・突然のエコバッグ登場に顕著なように、コンセプトの一貫性がないため、気持ちがのめり込んで感動することもできず、余韻もないです。

・MCが単なる仕事の宣伝の場でしかなかった。

・歌・ダンス・衣装・演出、そのマッチングがちぐはぐで、結果として雑多な寄せ集めになってしまい、
唯一印象に残ったのがシンプルな潤くんの裸という、皮肉な結果になってしまった。

・仕掛けや映像が大掛かりになったが、それは嵐のパフォーマンスを生かすというより、嵐の良さを殺すマイナスにしか働いていなかった。

・嵐のパフォーマンスを生かす装置の代表であるスケステがあまり使われなかった。


(11)その他、ご自由にお書きください。
・もし、国立競技場やアジア諸国で、今回のコンサートを土台にしたものを行うのであれば、目玉となるパフォーマンスを新たに二つか三つ作らなければ、とても人を誘うことはできません。これが嵐のコンサートだと思ってもらいたくないですから。

・嵐コンサートが新たな段階へのステップアップのため、様々な試行錯誤をしているのは理解できますが、観客は映像や仕掛けを観にいくのではなく、嵐5人のパフォーマンスを観にいくのだということを大前提としたコンサート作りをしてほしいと思います。

・でも、国立という芝生の上で行うことを前提とした今回のコンサート作りだったのかも・・・とも思います。
仕方ないのでしょうか。。。

|

June 14, 2008

某書店

今日、東京のJR有楽町駅前の、交通会館1階にある三○堂にたまたま入ったら、
潤くん表紙の映画雑誌が一箇所に集められて、壮観~!でした。
別の場所には、潤くんお勧めの『文体練習』が山積みされていて、
もしかして、お店の人に潤くんファンがいる?でした。

ドル誌も立ち読みし放題で、「ファン同士の繋がりを見るのがうれしい・・・」というような言葉が載った『WINK UP』も見れました。

くしくも東京ドームコンがあるこの二日間。
○省堂にファンが押し寄せていいものやら・・・ですが、
私は、3冊も買ってしまいましたから、
お店の宣伝をしてあげたということで、お許しを。
(高価な『文体練習』はパラパラめくっただけで気が済んでしまいましたが)


|

June 10, 2008

【隠し砦の三悪人】のアンケートを開始しました。

ふと気がつくと、【花男ファイナル】の公開も近づき、
その前に【隠し砦の三悪人】のアンケートをしなくては・・・ですので、
皆様、回答をよろしくお願いいたします。

締め切りは6月22日(日)で、花男ファイナルの公開前に集計を終えられたらと思います。

Dream 'A' Liveコンのアンケートも実施中ですが、
両方の回答をよろしくお願いいたします。

ドラゴンさんご紹介の『キネマ旬報』の好意的評は、宇田川幸洋さんという私でも名前の知っている映画評論家ですね。
”裏切り御免”の使い方について、なるほど!という解釈をしておられます。

映画評論家というと、難しい言葉を駆使してあら捜しをしなくてはプロとしての沽券にかかわるとでも思っているのかしら・・・という評が結構ある中で、
宇田川さんの評は、シンプルなわかりやすい言葉で、こんな映画の楽しみ方もあるんだと教えてくれています。

アンケートBBS


|

June 06, 2008

アメリカのサウナ

このところ超忙しくて、ご無沙汰でした。
JAMさん、次々と興味深い潤くんの過去語録と、お題ありがとうございます。

私の堕ちポイントは今まで何度も書いてきたことなのですが、
ごくせん7話の取調べ室に入ってくるときの暗い目です。
今まで無の存在だった人が突然運命の人に変わった瞬間ですね。
でも、その後も何度も堕とされ続けてきたから、5年以上経った今でもこうしてファンサイトに書き続けているんでしょうね。

この1曲も、今まであまりに書いてきたからいまさら書くのもなんですが、
『感謝カンゲキ雨嵐』です。
私のもっとも深いところで支えてきてくれた曲で、
何十年後かわかりませんが、私が死ぬ時には、この曲で送って欲しいと思っています。
ですから、台湾と韓国での初コンサートで、現地の言葉で歌い、違う国の人同士を結びつける曲に選ばれたのはとてもうれしかったです。

人には言えない恥ずかしい潤くんとのことは、
ロサンゼルスに隠し砦のプレミア試写会に行ったとき、
花男のロケに使ったというラスベガスのホテルにも泊まったんです。
どこもかしこも、潤くんもこれを見たのね、これと同じようなものを使ったのね・・・と妄想していたんですが、
ホテル内のスパでは、他に誰もいなくて私ひとりのため、妄想の極致に達していました。
潤くんもここであんなことやこんなことをしたのね(男女別だから、同じ場所ではないのにね)・・・とか、
私と潤くんの二人だけの裸の世界。。。
サウナ室で、この木の床に潤くんも座ったのね・・・とか指で撫で回して妄想を炸裂していました。

そこに、アメリカ人女性が水着を着て入ってきて、床に大きなバスタオルを敷いて本を読み出したのです。
さすがアメリカ! 人それぞれなのね・・・と思っていたら、
次々とアメリカ人女性がサウナ室に入ってきて、皆水着を着ているのです。
裸なのは私だけ。
ぎょえ~!でした。
胸だけでなく、下までどうやって隠したらいいのか。。。


|

« May 2008 | Main | July 2008 »