« 『隠し砦の三悪人』宣伝隊 | Main | 裏切り御免! »

May 13, 2008

ひるむな!

隠し砦の客の入りが悪くて、ここぞとばかり叩かれるし、これからも鬼の首を取ったかのようにあれやこれや言われると思うのです。
それは潤くんだけでなく、ファンに対しても。

これって、イジメの構造に似てると思うのね。
人間誰しも、欠点はあるし、どうかな・・・というところを持っている。
そういうところを、嬉々としてついてくる卑しい奴らがたくさんいる。

だけど、何を言われてもひるまない手ごわい相手には、虚勢を張っているだけの弱虫は何も言えなくなってしまうんだよね。

だから、隠し砦の欠点を指摘されても、ひるんじゃいけない!
そんなことにめげず、「観て面白くスカッとする楽しい映画だよ」と宣伝しまくろう。
だって、こんな映画、そうそうないよ。
観た人に損させないもの。(偏見に満ちた意地の悪い人間以外は)

JAMさんが紹介してくれた潤くんの言葉。
「人は何もかもうまくいって生活してるわけじゃない。
 でも、それを受け入れることが大事で、受け入れることで、
 人はちゃんとした経験を得られると思うんですよ。」

これは、隠し砦にも当てはまると思うのね。
精魂込めて、大勢の努力が結集して素晴らしい映画を作ったけど、観て欲しい肝心のお客さんが入らない。
その事実は厳しく受け止め、マーケティング、映画のコンセプト、宣伝方法、その他、今後のためのたくさんの検討材料にしよう。

でも、この事実からどう発展させていくかが、潤くんの、そしてファンの経験になっていくんだよね。
今こそ、私たちファンが風になって、羽ばたかせてあげることができる絶好のチャンスだと思うんですよ。
超大作、しかも人に勧められる面白い映画の主演なんて、そうそうあるもんじゃないから、
ダメだったで終わるか、次に繋がる希望の光が見えるかでは、大違いですもの。

潤くんが、TIMEコンの挨拶で言っていたように、
「みんなはひとりじゃないから」、頑張ろう!


|

« 『隠し砦の三悪人』宣伝隊 | Main | 裏切り御免! »