« February 2008 | Main | April 2008 »

March 30, 2008

星フリ4周年に寄せて。

星フリ4周年ですか~。
4年前の不安を思い出します。
松潤に堕ちて1年、ネットの楽しさにハマって調子に乗っていたころ、
ネットの怖さに震えました。
そこで引いてしまわずに、あきさんと一緒に勇気を振り絞って、ファンサイトを立ち上げました。
恐怖を乗り越えた瞬間でした。

あれから4年、いろんなことがありましたが、こうして多くの方々に感謝の言葉をいただけるようになりました。
潤くんも嵐も大きく成長し、ファンサイトで応援し続けてきたことを誇りに思える存在になりました。

そして私は新しい仕事を始め、
昨日は、大きなリスクを背負って、一大決断をいたしました。
そうしないと、信じる道を前に進められないと判断したからです。
リスクを背負っても信じる道を行くことが、結局は信頼を得、可能性を広げるということを、
星フリを通じて学び、潤くんから教えられたことです。

新しく仕事を始めてから、何度も何度も星フリを引退することを考えました。
能力のない私は、メールの対応に追われることもなく、感想をUPする必要もなく、
ただのんびりと、きゃあ潤くん素敵~と、忙しさに疲れた体と脳を癒されたいと思うのです。
そうできたら、どんなにいいだろう・・・と思います。

でも、それではレポや情報を載せてくださる方々や、様々な形で星フリを支えてくださる方々に申し訳がたちませんし、
天井を逆さ歩きしてまで私たちを楽しませようとする潤くんに申し訳がたたないのです。

最近の立ち読みしたアイドル誌のどれかに、
大事な人(だったと思います)を、ファンだけでなく自分を嫌いな人まであげていました。
観られてなんぼの仕事だからだそうです。
彼の人間的スケールの大きさに改めて圧倒され、
仕事をするという意味や姿勢を考えさせられます。

星フリがなかったら、私はただ彼の魅力を受身に楽しむだけだったでしょうが、
星フリに書き込むことで、松本潤という底知れぬ才能を持った凄い人間と対峙し、
租借し、糧とし、時には批判にさらされることで強さを獲得することができました。
星フリに集まってきてくださる方々や潤くんに、ただただひたすら感謝です。

ということで、管理人として最低限のことしかできませんが、
これからも、松本潤と嵐と星フリを、どうぞよろしくお願いいたします。


|

March 26, 2008

うそがないから美しい。

宿題くんのまたしてもダイラタンシー、
私なら一瞬で首まで埋まるな・・・とか、しょうもないことを考えつつダラダラ見てたら、
キタ~! 潤様のお怒り。
いや~、好きですね。不当を許さない断固たる姿勢。
泣きの1回のために乳首開きTシャツにさせられた恨みを、倍返ししないと納得しない強さ。
こういう男だから、私は惚れてるのよ。
この妥協を許さぬ強さがあるから、芸能界で頭角を現すし、嵐を守るし、オグさんにも一目を置かれると思うのよね。
でもね。こういう彼だから、ドラマで堕ちたファンを、(一見)優しい他メンにお譲りしちゃうんでしょうね。
まあ、何かの雑誌で、「自分は司会に向かない」と言っていたのも納得かな。

で、雑誌『T』の表紙の泣き顔。
鬼の目にも涙・・・  おっと。。。

きゃっきゃっとおしゃべりしてた人が、芝居になった途端、すぐに涙を出して泣ける人がいるそうだけど、
潤くんの泣き顔は、どこか不器用。
必死に気持ちを作って、一生懸命泣きました・・・って感じ。
だから、私は彼が好きなの。
彼の表情にはうそがない。
そのとき、その一瞬の心のありようが、ピュアに現れる。
だから、彼の表情は美しいんだと思う。

Tの表紙の泣き顔は、この顔を作るために、きっと彼はとても辛いことを思い出して、泣かずにはいられない・・・という心の状況を作っているんだろうなあと思える。
だから、私は辛いことがあったら、この写真を見つめて、彼にも同じように辛いことがあるんだって思って、慰められて、一歩前に進める。


|

March 21, 2008

俳優って何?(雑誌『T』)

ジッパーポスター、嵐歴最大のヒットじゃないですか?!
今まで嵐はどうもチンマリまとまっている感じで、突き抜けた感がなかったのですが、
トップに上りつつある今の嵐だからこその勢いのあるインパクトがありますね。
これが、もっと若かったら、おいたわしいし、
オジンになってからだったら、やだわ~ですもの。

ところで、いまさらな雑誌『T』ですが、
「自分は俳優ではない。365日俳優をしている人たちに対して後ろめたい気持ちすら抱いている。」という彼の言葉に、
そもそも俳優って何?って考えてしまいました。

現実に生活している人間に、いかに近く見せるのか・・・を問われるのであれば、ドキュメンタリーを作ればいいわけで、
じゃあ、私たち観る側が期待するものは何?

私は、どれほど観る者の心に届くか、響くか、感じさせるか・・・だと思うのです。
心が揺さぶられたとき、良いものを観たという満足を得られるわけで、
それがエンターテイメントだと思うんです。
劇団出身のキチンとトレーニングを受けてきたプロの俳優さんより、お笑いの人や
潤くんの言うところのジャニーズのなんでも屋の人たちがドラマや映画で活躍している現状は、
その根本にあるサービス精神と無縁ではない気がするんです。
お笑いの人たちは、自分を笑い飛ばすことで観客にサービスしている。
ジャニーズは歌や踊りやバラエティで、サービスしている。

観る人を楽しませることができる芝居。思いがけない表現で思わず引き込まれる演技。
絶対ありえない設定やセリフなのに、アリにしてしまう底知れぬパワー。
そういうものを観たくて、私はドラマや映画を観る。
そして私は、これらのものを松本潤は誰よりもどんな俳優より持っていると思っています。


|

March 15, 2008

ジャンル別対応?

私も、森泉さんへの「おれ代わろうか?」に、ムムっときた一人です。
綺麗なおねえさん系には、デレっだし、エロ目線だし、やたら親切だし。。。
お笑い系との態度の違いが歴然ですよね。
あれは、本能なのか、ジャンル別対応マニュアル松潤版があるのか?
ブスおばさんファン系にはどうなんだろう・・・と、本気で心配したり。。。

でもね。宿題くんのゲストで私が一番うらやましいと思ったのは、まちゃまちゃ。
ARASHIを嵐5人と踊って歌ったけど、まるで邪険にされて。。。
それに対して、まちゃまちゃはめげずに全身全霊で立ち向かっていったよね。
親切になんかされなくたって、持っているものをフル稼動して、嵐と互角に渡り合おうとする心意気。
ゲスト風扱いではなく、嵐にとっては、何言っても倍以上になって返ってくるぶっ飛んだ面白い女の子。
そういう関係性が、わあ~いいなあと、私はワクワクしちゃったんですよ。


|

March 07, 2008

悪い女を好きな男

今日、映画『クロサギ』の宣伝で山Pが出ていて、
この人って、評判のよくない人と付き合っていることがよく報道されているなあ・・・
と、ぼ~と見ていました。

私は、彼について何の感情もないんですが、
すごく人気があって、何でもできて、仕事も次から次へとあって、大学にも行って、顔もスタイルも抜群によくて、いくらでも他に付き合う女の子がいるだろうに、
人気商売の彼が、どう考えてもマイナスにしかならないような人と付き合い、隠し通す気もなさそうなのはなぜなんだろう・・・って、不思議に思いました。

そんなとき、野村監督とサッチーの組み合わせを思い起こしました。
ああいう、いかにも悪い女という感じの人といると楽なんだろうなあと思うんです。

プロ野球の監督もジャニーズのアイドルも、
試合結果の責任や、大勢の女性たちの妄想相手にふさわしい対象であり続けなければならないストレスは、たいへんなものだと思うし、
マスコミという正義を振りかざす奴らに常に追いかけられて、何かあれば鬼の首をとったように叩かれる。
そんなとき、いくらバッシングされても怯まない、つまり世間に迎合しない、悪く言われることを屁とも思わない女がそばにいてくれると、
精神的に救われることってあるんじゃないかなあと思うのです。


|

March 02, 2008

auに嵐効果あり。

海外でも国内と同じように使える&カメラ付き携帯が、急遽必要になって、
グッドタイミングで、do○omoからauに変えました。

いやあ、auのお店は、さわやかな5人の大きなポスターがあっちこっちに貼ってあって、
天国ですね。。。

そこで聞いてみました。
「嵐がキャラクターに変わって、何か変化がありましたか?」って。
「はじめ凄かったですよ。カタログが1日であっという間になくなってしまって。。。
ポスターの前で撮影会があったり。
でも、キャラクターが変わったからと言って、問い合わせが多くなったり、申込者が増えたりとかいうのは、初めてですよ。」とのこと。
2年間機種変更せずに使い続けたら、21.000円の機器代が無料になるというので、
「2年間、嵐がキャラクターで居続けたら、そのまま使い続けます。」と言っておきました。
とまあ、嵐のCM起用は今のところ、auにはとっては十分な手ごたえがあるようなので、ほっとしました。

それにしても、お店はめちゃ混みで、延々と待ち続けている間、他のお客さんの様子を見ていると、
携帯って、誰にとってもまさに生活そのもので、そのイメージキャラクターに起用されることの大きさをつくづく実感しました。

携帯のCMに限らず、このところの嵐のキタ~!感は凄いですが、
5年もコアなファンをやっている私には、彼らの何かが変わったわけでもなく、
ただ、それぞれが持っている良さを世間が認識するようになったということなんでしょうね。
翔くんのニュースキャスターやニノのハリウッド、最近では大野くんのアートの天才ぶり・・・といった、
わかりやすい良さがあって、
嵐のファンだと公言することが、恥ずかしくなく、誇らしく思えるようになったということが大きいと思います。

じゃあ、エロくて生意気そうな潤くんは?

あのね。実は星フリの存在って大きいんじゃないかって、今思うんですよ。
よく言われるんです。
ドラマで潤くんに落ちて、この歳で、こんな若い子に狂ったみたいになって、私どうかしちゃったんじゃないか。このまま行ったらどうなってしまうのか・・・って、ネットで検索してたら、似たような歳の人たちが、
まじめに語っていて、私もファンになっていいんだって思えたって。
ここで、親子でファンだったりコンサートに行かれる話がよく出てきますが、どうしようか・・・って迷ったとき、
同じようなことをしている人たちがいれば、私もそうしよう・・・って思いますよね。
そういう空気を作るのもこういうネットの役割だと思うんです。

星フリもそろそろ丸4年を迎えようとしていますが、
これまで支えてくださった方々に本当に感謝いたします。
ありがとうございます。


|

« February 2008 | Main | April 2008 »