« うそがないから美しい。 | Main | 『松潤する』(東京フレンドパーク) »

March 30, 2008

星フリ4周年に寄せて。

星フリ4周年ですか~。
4年前の不安を思い出します。
松潤に堕ちて1年、ネットの楽しさにハマって調子に乗っていたころ、
ネットの怖さに震えました。
そこで引いてしまわずに、あきさんと一緒に勇気を振り絞って、ファンサイトを立ち上げました。
恐怖を乗り越えた瞬間でした。

あれから4年、いろんなことがありましたが、こうして多くの方々に感謝の言葉をいただけるようになりました。
潤くんも嵐も大きく成長し、ファンサイトで応援し続けてきたことを誇りに思える存在になりました。

そして私は新しい仕事を始め、
昨日は、大きなリスクを背負って、一大決断をいたしました。
そうしないと、信じる道を前に進められないと判断したからです。
リスクを背負っても信じる道を行くことが、結局は信頼を得、可能性を広げるということを、
星フリを通じて学び、潤くんから教えられたことです。

新しく仕事を始めてから、何度も何度も星フリを引退することを考えました。
能力のない私は、メールの対応に追われることもなく、感想をUPする必要もなく、
ただのんびりと、きゃあ潤くん素敵~と、忙しさに疲れた体と脳を癒されたいと思うのです。
そうできたら、どんなにいいだろう・・・と思います。

でも、それではレポや情報を載せてくださる方々や、様々な形で星フリを支えてくださる方々に申し訳がたちませんし、
天井を逆さ歩きしてまで私たちを楽しませようとする潤くんに申し訳がたたないのです。

最近の立ち読みしたアイドル誌のどれかに、
大事な人(だったと思います)を、ファンだけでなく自分を嫌いな人まであげていました。
観られてなんぼの仕事だからだそうです。
彼の人間的スケールの大きさに改めて圧倒され、
仕事をするという意味や姿勢を考えさせられます。

星フリがなかったら、私はただ彼の魅力を受身に楽しむだけだったでしょうが、
星フリに書き込むことで、松本潤という底知れぬ才能を持った凄い人間と対峙し、
租借し、糧とし、時には批判にさらされることで強さを獲得することができました。
星フリに集まってきてくださる方々や潤くんに、ただただひたすら感謝です。

ということで、管理人として最低限のことしかできませんが、
これからも、松本潤と嵐と星フリを、どうぞよろしくお願いいたします。


|

« うそがないから美しい。 | Main | 『松潤する』(東京フレンドパーク) »