« いい男は一日にしてならず。 | Main | auに嵐効果あり。 »

February 26, 2008

吉田の母は幸せなんだろうか?

五大ドームツアー、Step and go、2ndシングル以来の初動30万枚超え、
いよいよ、4年前の24時間TVで相葉ちゃんの手紙で言った、「絶対トップになろうね」に近づいてきましたね。

いざNOWツアーで、初めて福岡マリンメッセに行った後、福岡ドームに行ったことがあったんです。
マリンメッセとのあまりの大きさの違いに唖然としたのと同時に、なぜKinki Kidsがここでコンサートができて、嵐ができないの? Kinkiと何が違うの? と、釈然としないものを感じていました。
やっと、あちこちのドームで公演できるようになりましたね。
時間をかけて、質を高めて、来るべきところにきましたね。

ビッグにもなってきましたが、雑誌『CUT』の武蔵の眼には、ハングリーに世の中を下から上を見上げるような獰猛なギラツキもあり、こういう眼も内面に育ててきた松本潤という人に改めて圧倒されました。

でも、このところのあまりの情報過多に追いついていけず、くらくらしていた私は、ふと昔の潤くんを思い出して心の安らぎをむさぼっていました。
あまのじゃくですね。。。
「東京タワー」の吉田の母は幸せなんだろうか、不幸なんだろうか・・・とかね。

一見何不自由なく、平穏で幸せだと思っていた自分が、ある日耕ニというあがないがたい魅力に出会ってしまった。
関係を持ってしまった後に待ち受けているものは、十二分に想像できたはずに、それよりも耕ニとのつかの間の快楽を選んでしまった。。。
家庭の幸せって何なんだろう? 愛って何なんだろう?
争いごともなく、お互いを信頼し、自由と規律がほどよく両立するような居心地のよい家庭・・・
それが理想だけど、
葛藤に葛藤を重ね、お互いを傷つけ合うことによってやっと、相手の傷も理解できて、相手の弱さも受け入れいとおしむようになれるような魂の彷徨。。。
そんな時間を経てやっとたどり着けるような家族の平安・・・というのも、生きているからこそ得られる宝物かもしれないってね。
その後の吉田の母に興味がありますね。


|

« いい男は一日にしてならず。 | Main | auに嵐効果あり。 »