« January 2008 | Main | March 2008 »

February 26, 2008

吉田の母は幸せなんだろうか?

五大ドームツアー、Step and go、2ndシングル以来の初動30万枚超え、
いよいよ、4年前の24時間TVで相葉ちゃんの手紙で言った、「絶対トップになろうね」に近づいてきましたね。

いざNOWツアーで、初めて福岡マリンメッセに行った後、福岡ドームに行ったことがあったんです。
マリンメッセとのあまりの大きさの違いに唖然としたのと同時に、なぜKinki Kidsがここでコンサートができて、嵐ができないの? Kinkiと何が違うの? と、釈然としないものを感じていました。
やっと、あちこちのドームで公演できるようになりましたね。
時間をかけて、質を高めて、来るべきところにきましたね。

ビッグにもなってきましたが、雑誌『CUT』の武蔵の眼には、ハングリーに世の中を下から上を見上げるような獰猛なギラツキもあり、こういう眼も内面に育ててきた松本潤という人に改めて圧倒されました。

でも、このところのあまりの情報過多に追いついていけず、くらくらしていた私は、ふと昔の潤くんを思い出して心の安らぎをむさぼっていました。
あまのじゃくですね。。。
「東京タワー」の吉田の母は幸せなんだろうか、不幸なんだろうか・・・とかね。

一見何不自由なく、平穏で幸せだと思っていた自分が、ある日耕ニというあがないがたい魅力に出会ってしまった。
関係を持ってしまった後に待ち受けているものは、十二分に想像できたはずに、それよりも耕ニとのつかの間の快楽を選んでしまった。。。
家庭の幸せって何なんだろう? 愛って何なんだろう?
争いごともなく、お互いを信頼し、自由と規律がほどよく両立するような居心地のよい家庭・・・
それが理想だけど、
葛藤に葛藤を重ね、お互いを傷つけ合うことによってやっと、相手の傷も理解できて、相手の弱さも受け入れいとおしむようになれるような魂の彷徨。。。
そんな時間を経てやっとたどり着けるような家族の平安・・・というのも、生きているからこそ得られる宝物かもしれないってね。
その後の吉田の母に興味がありますね。


|

February 19, 2008

いい男は一日にしてならず。

少クラのインタビューは、「いい男は一日にしてならず」と思いましたね。
何度も聞いたことのあるおなじみの話が多かったけど、
同じ話でも、深く経験してきた者だけが持つ自信と落ち着きがあり、
そして、アイドル笑顔ではなく、
仕事のできる男の一点の曇りもないすがすがしくキリリとした笑顔。
自分勝手をして事務所に怒られたこととか、酒癖が悪いこととか、
堂々と、しかもさりげなく話しちゃうからカッコいい。
10年経ったら、太一くんの席にいたい・・・というのは、
自分だったら、もっと実のあるインタビュアーになれるぜ・・・とか、
コンサート作りの話を聞いたけど、たいしたことないな・・・なんて、
そんなことはおくびにも出さず、一応先輩を立てつつ。。。

それにしても、錦戸くん。
怖い先輩と言いつつも、野菜ジュースを飲ませて追い出して、
雑誌DUETでは、パジャマ柄のガウンのようなものを着た異常に目立つ潤先輩の後ろを、
一般人的格好でスゴスゴついていき、
潤くんの扱い(上げ下げ?)が上手い?
関ジャニとNEWSの両方をこなし、毒を吐きつつも怖い潤先輩に可愛がられ、
恐るべし、錦戸亮。
一つのグループを出たり入ったりしている、語学留学くんとは大違い?
でも、この3人がつるんでいるというのは、あまりに納得で。。。
お互いの傷口をグリグリやるのもやられるのも大好きな、悪童3人組?

HEY×3の宮川大輔さんの話は、松本潤という魅力的な男と一緒にお風呂に入ったときの、
正直な気持ちをTVでしゃべっただけで、
誰だって、似たようなもんじゃないですか?
ただ、その動機や好奇心のありようが、人によって微妙に違うかもしれないけどね。
潤さまは、マンザラでもなくお喜びのご様子。

こんなことを書いていると、
うたばんでお子様達にもてなかったていうのは、当然のような気がしてきます。
おこちゃまは、世の荒波にもまれていないだけに脆弱な自我だけが肥大化して、
歌のおにいさんとか体操のおにいさん的、決して傷つくことのないちやほやしてくれる人が好きだもんね。
いい男が見分けられるようになるのも、一日にしてならず。


|

February 15, 2008

女性専用車の光景&auCM

渋谷から東横線の女性専用車に乗りました。
嵐の『step and go』のポスターは中吊り広告だけですから、嵐だと意識して見ないと、
気づかない人も多いのでは。
それより驚いたのは、始発の渋谷駅で女性が乗り込んで、座席に座ったとたん、
ほぼ全員が一斉に携帯を取り出して、携帯の小さな画面のみに集中して、
まったく上も回りも見なかったことです。
一つの車両に乗り込んだほぼ全員のうら若き女性たちが、携帯の小世界に没頭しているという異様な光景に、
唖然としました。

こんな状態で、嵐の新曲キャンペーンは意味あるのかしら・・・と思ったり、
恐るべし携帯電話。
この中で何人がauを使っているんだろう?
何を基準に携帯の会社を選ぶんだろう?と思ったり。
こんな風に、皆が一斉に同じような行動をとるということは、
CMもインパクトのあるものを繰り返し流さないと、
消費者の行動を変えられないし、
変えさせるときは、一斉なんだろうなあ。。。

そして、嵐のauの広告。
しょっちゅうTVで流れるのはうれしいけど、
潤くん、目立たなくないですか?
最初見たとき、白雪姫と5人の・・・と思ったくらい、嵐の個性も生かされていないですね。。。
こんな嵐の目立たないCMを作って、嵐を起用したから売り上げうんぬん言われてもなあと思う。

あっ、街で見かける潤くんが中心にいる5人の可愛らしい男の子たちのauポスターは、とっても好きです。


|

February 10, 2008

BOAO(結婚?)

何気に初回を見た『篤姫』、いやあ、面白くて久々にハマッテいるドラマです。
そして、おてんば篤姫を支えて恋しているのが、瑛太くん。
この瑛太くんのたよりなげなのに、篤姫のためとならば火の中、水の中・・という感じが、とってもいい。

で、ふと、これって、私がごくせんにハマリ、潤くんに堕ちたパターンじゃないの?!
私はどうも、男勝りの女の子を支える優しい男に弱いみたい。
ベルバラのアンドレもそうだしね。

そして思ったの。
潤くんは恋愛ドラマが上手いって言うけど、結局、相手役の女性に魅力があって共感できなくちゃ、
潤くんも輝かないんだって。
東京タワーで、透でなくて、耕二で本当によかったと思うのは、
黒木さんにはまったく共感できないけど、喜美子や吉田の母には共感しまくりだったもの。
喜美子や吉田の母の、年齢とともに崩れていく容姿や束縛に抵抗できなくなっている弱さに反比例するかのごとき、女の燃え上がる情念。
それを受け止めるだけの強さと受け流すいい加減さのある、はがねの肉体と感受性を持つ若い耕二。

そんな風に考えていくと、BOAOの結婚をモチーフにした写真。
あれは、何をねらったものなんでしょう?
潤くんは結婚指輪をしながらも虚無的な表情。
それとは対照的な満面の笑顔の花嫁。
とても、気持ちが通い合っているようには見えない二人。
男の気持ちに鈍感そうに笑っている彼女には共感できないし、
かと言って、今結婚しようとする女性に心がないような男もなんだかなあ・・・
ということで、
結婚なんて、所詮こんなもんよというアンチテーゼ?


|

あの~。

2月5日(火) 0時22分

あの~。
私は、潤くんと潤くんファンのために、
こういうファンサイトがあればいいなあと思ってやっているだけです。

私は言いたいこと言って、立ち去るだけ。

ですから 皆さんもご自身が一番楽しい方法で参加していただけたら、
それが最高の幸せです。


|

« January 2008 | Main | March 2008 »