« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

姑根性(anan)

年の終わりのご挨拶でビシッと締めたいところですが、
PCが突然電源が入らなくなって、すべてのデータが消えてしまいました。
あれもこれも・・・あああ・・・なんですが、私みたいに何でも溜め込んで整理整頓できない人間は、ときどき、こうしてリセットしなくてはいけないのかもしれないなんて思います。
PCがないことには仕事も何もできないので、息子に頼みこんでPCを買ってきてもらいました。
文句を山と言われ、そんなこともできないのか・わからないのかとののしられ、
しのびがたきをしのび、たえがたきを耐え、なんとかメールとネットだけはできるようになりました。(涙)

ということで、皆様にお願いがあります。
私のメルアドをご存知の方は、私宛に、ご自身のPCと携帯の両方のアドレスをお知らせくださいませ。
件名にHNを書き、内容はPCと携帯のアドレスだけで結構ですので、よろしくお願いいたします。

ところで、ananのツーショット、何ですかあのモデルは!(←突然強気)
あのモデルさんに何の罪も責任もないんですが、われらが松潤さまには、足・り・な・い!
足りなさすぎる!
ただ可愛いだけの女の子なんて、つ・り・あ・わ・な・い!
松潤様のエネルギーと想いとオーラと複雑さの複合体のパワーが100とすれば、女の子は1程度。
二人で手をつないで歩いている写真は、カメラの放列に向かって潤様は、「何見てんだよ、てめえら」みたいな悪っぽい刺すような視線とオーラ。
たった1枚の写真だけで、その内面に何があるんだろう?と思わせられる凄まじい役者魂が感じられるのに、女の子は、つれていってもらってま~す・・・、な~んにも考えていません・・・ってな感じ。
彼女のブログを読んだら、撮影のとき、潤さまは優しかったそうで。。。
あのね。彼は、男でも女でも、認めた人には毒吐きまくるからね。
そんな彼に食いついてくる人とがっぷり四つに組んで、それぞれが持っている力をさらにパワーアップさせて、エネルギーあふれる、面白いドラマを作るんだよ。

ふう~。
こんなことを書きながら、こういうのを姑根性って言うんだろうね・・・と思う。
デキのいい息子を持ったら、強気になるよなあ。
現実の私なんか、うちの息子どもに付き合ってくれる女の子がいたら、同情するよ・・・なんて思っちゃうもんね。

でもね。
うちに限って言えば、息子どもにやさしくされる日が来たら、それは私がすっかり弱ってしまって、いたわらなければいけない存在になったときだと思うのね。
まあ、死ぬまで息子どもとののしりあっていられれば、それはそれで幸せってもんかもしれない。

|

December 22, 2007

松潤ファンはたいへん。

ファンになって5年近く経ちますが、最近しみじみと松潤ファンはたいへんだ~と思います。

隠し砦の三悪人の映像やポスターがやっと見ることができましたが、これってかっこいいの?どうなの?
赤ん坊がひげつけているように見えるのは私だけ?
でも、眼光鋭く、やっぱカッコイイよね?
そのうち慣れるんだろうけど、慣れるまでのあれやこれや思わなくちゃいけない。

2度あることは、やっぱり3度ありましたね。なまうた。
その心意気やよし。
だけど、プロは心意気だけでいいの?
どうなの、これ?
もう歌はネタだと開き直ったの?
松潤ファンの私は、それならそれでいいし、そういう彼もチャーミングで愛おしいけど、嵐としてはどうなんだろう?

宿題くん、女と金というニ大いやらしい話をいやらしくないネタにできる彼は凄いなあって思う。
女にもお金にも愛されている余裕なんだろうね。脱帽。
印税の話を聞いた時、ブラックモモの顔を久々に見れてドキっとしちゃいました。

でも、勝負ごとになると、せこいよね。
策を弄したあげく、せこいこと考えて、嬉々としてやってのける彼が大好き。
今日のGRAのスケートでも、まあ、他メンを押しのけて、ズルのギリギリセーフ? アウト?

なんかさあ、一般的な基準で測れないんだよね。
常に、どうなの、これ?って、自分で自分に問いかけなくちゃいけない。
でも、やることなすことが、いちいち可愛いし、かっこいいし、頭いいし、ズキュンとくるし。。。

ふう~。松潤ファンやってるのも、たいへんだよ~。


|

December 12, 2007

もしかしたらチャームポイント♪

ふわ~。
お仕事、お疲れです。
仕事があるのはありがたいけど、能力・体力が足りない私はたいへんで~す。
星フリに書きたいけど、疲れると頭も回らないし、言葉も出てこない。

FNSやベストアーティストに癒されてるよ~。
はずしてもはずしても、果敢になま歌にこだわる彼に、
私も仕事ではずしてもはずしても、めげずにガンバロ!って思うんだよ。
めげずに頑張ればできるようになるってもんじゃないけど、
その姿勢だけは、誰かの心に響くよね。

プラスに響くこともあるけど、
え~、松潤はずしてるじゃん!と、マイナスの意味で注目される方が多いだろうけど、
仕方ないよ。
セクシーで、もてまくって、生意気でエラソウな彼の、もしかしたらチャームポイントになるかもしれないし。
ほんと、何が幸いするかわからないっていうのが世の中だと思うもんね。


|

December 05, 2007

嵐の二大不思議

紅白に出れないことと、潤くんのピンCMがないこと。
これが、嵐の二大不思議ですねえ。。。

去年のKUTTUNと今年の嵐は、NHKも出て欲しかったと思うよ~。
まあ、ジャニーズ事務所の方針が、
SMAPとTOKIOには、北島さぶちゃんや細川たかしさんのような、
アイドルの御大の道を極めさせ、
あとのグループは、NHKとの交渉を有利にすすめるための駒でしょうか。
だってさあ、出てください、はいはいおっしゃるとおり何でも出しますよ・・・だったら、
言いなりだもんね。
欲しいだろうけど、出さないもんね・・・とイジワルして、
紅白のブランド力を落とせば、ジャニーズの威力は増すもんね。
そして、毎年恒例のカウコンで、きらびやかなジャニーズ勢揃いで、ジャニーズはますます健在をアピール。(お願いですから、今年こそあの方の健在をアピールするのに時間を浪費するのはやめてください。)

そして、潤くんのピンCMなし。
こちらも、彼の現在の状況と事務所の力を考えれば、いくつかあって当然なのに、ない。
これも戦略なのではないかと思うのです。
CMの露出が増えれば、多くの人に知られ、人気があると思われるし、いやらしい話、たくさんお金も入ってくる。
松本潤というイメージもできてくるし、繰り返し見せられれば、次第に抵抗なく受け入れられるようになる。

だけど、彼の最大の武器である、演じる役によって全く別人のごとき人物像を造形するという魅力がそがれる可能性があると思うんですよ。
慎・モモ・道明寺・・・と、えっ、コイツ誰?という驚きは、固定イメージがなかったからこその新鮮さなわけで、
だからこそ、「落ちる」という言葉がハマルんですよね。

何かを得るためには、或いは何かを維持するためには、何かを捨てなくちゃならないことが多々あるわけで、
役者・松本潤のさらなる魅惑的な発展のためには、ピンCMはいらないということなのでしょうかね。。。

ところで、私のブログ『松本潤とSMILE AGAIN』のアクセスを見ると、このところ、訪問者数に比べて、アクセス数が異常に多いという現象があります。
一人でたくさんの記事を読みまくっているということですね。
きみぺの再放送で、モモ落ちがまた出てこられたのでしょうか。


|

December 04, 2007

危ない興奮

先週の宿題くんといい、今週といい、前フリのお芝居をした後の翔くんがなんとも可愛らしく、
あんな風な役どころを、とぼけたようにやれる彼は大人物だなあと思う今日このごろです。
突き抜けちゃったのかな~。

それにひき替え、韓国語と日本語のくさい告白セリフをさらっと言って、会場をひゅ~と言わせてしまう潤くんは、こんにゃろ!です。
なんかジェットコースターが急降下したような危ない興奮って言うんですか?
女性を手中に収めて、その上で俺危険な男だけど、ちょっと付き合ってみるのも面白いかもよ・・・みたいなサラリ感。

船越さんが家で趣味をやらせてもらえない・・・ってことに、潤くん、そんな~?!ってな顔して見ていましたね。
でも、船越さんのようなタイプが奥様達には人気なんですね。
私なんか、家で我慢させると、外で何してるかわからんぜ~ってな、黒ミツコだから、
一見危険そうな男の方が、つきあいがいがあるってなもんよと思っちゃうんですね。(←強気な妄想)

昨日の朝日新聞に、太田光さんの奥さんの記事が載っていて、
立川談誌さんのファンをずっとやっていたのが、男性を見る目を養った気がするとのこと。
彼の毒のある話も、根底に優しさがないと言えないとのこと。
そうそう・・・とか思って、つい潤くんと重ね合わせて読んでしまいました。


|

December 01, 2007

目指すものとそばにいる人。

潤くんと旬くんについて、ananさんの息子さんの「目指すものが違うんだから、しょうがないじゃん」にコメントしようと思いつつ、忙しくて、今日になってしまいました。

週刊文春で、ドクロの同じ指輪をしているとかで記事になっていましたが、な~んにもないところに、とりあえず記事にして、新聞広告に名前を出して、それが売れてるってこと?
あの雑誌の目指すものはなんなの?って突然疑問に思ってしまいましたね。
発行部数さえのびればいいのか。。。

目指すものって、そばにいる人が大事な気がするんです。
翔くんが「時代を動かしたい」っぽい発言をするのも、キャスターをやっている時そばにいる人の影響って当然あると思うし、
翔くんの受けた影響は、嵐全体にも影響を与えるだろうし。

嵐は、それぞれがいろんな仕事をして、違う経験をして、
だからこそ、嵐としての目指すものが必要なんだと思う。
そうでないと、日々あまりに多くの仕事に追われ、こなして、流されて・・・になりかねないものね。
チームだから、日々目指すものを意識していなければ崩壊するものね。

そばに素敵な人がいるのは、本当にありがたいこと。
でも、素敵な人を引き寄せるかどうかはその人次第。
目指すものを持っている人には人が引き寄せられる。

いみじくも、18歳の潤くんが滝に打たれて叫んだ、「世界中の人を幸せな気持にしたい」の前に、嵐5人の名字をつけて、「この5人にしかできないことをして」だった。
一人で目指すものを実現するのは難しい。
潤くんは幸せだと思う。


|

« November 2007 | Main | January 2008 »