« 表面とのギャップの魅力 | Main | ファンに解釈を委ねていますね。 »

November 03, 2007

全身全霊をかける・・・とは。

まだ、シネスクも日経ヘルスも見ていませんが、
潤クンの全身全霊をかけて・・・という言葉を見ると、白夜の女騎士の時の、千秋楽の彼を思い起こします。
その数日前に、公演中声が出なくなって、アンコール時に土下座をしたという潤くん。(私は見ていません)
どんなに全身全霊をかけてあらゆる準備をして公演に臨んだとしても、他に多くの仕事をこなしながらの公演だったとしても、突然声が出なくなったことについて、何一つ言い訳などできるはずもなく、ただただ観客に、共演者に、スタッフに頭を下げることしかできなかった彼。
あの日から数日間、どれほどファンが心配したことか、祈ったことか。。。
でも、次の日からもなんとか舞台を務め、
そして千秋楽。
まさに不死鳥と思いました。
サイドの2階席から観た彼は、全身全霊をかけて演じるというのはこういうことなのか!という凄まじい迫力でした。
その姿を観、声を聞いているだけで、私はボタボタと涙を流し続けていました。
身を震わせられるような幸福感に包まれました。
あの光景は一生忘れることができないだろうと確信できる、私の魂をわしづかみにして離さない強烈さがありました。

言葉で全身全霊をかけて・・・と言うのは簡単なことだけど、
実際にそれを実行することは、なかなかできることではないと思うのです。
潤クンは、白夜の女騎士などで、それを実行でき、大きな危機を乗り越えることができたからこそ、今回の隠し砦の三悪人でも、どんなことが起きたとしても、全身全霊をかけてやれるんだ!という自信を持つことができるのではないでしょうか。

話が変わりますが、JJさんとちーぼさんのロケ見学についてのやりとり、お二人ともファンとして全身全霊をかけておられるから、堂々と主張し、堂々と謝ることができるのだと思うのです。
物事は視点を変えれば、どんな捉え方もできるし、100%正しいとか間違っているとかいうことは言い切れないと思うのです。
だからこそ、私はこう思うと言うことはエネルギーがいるし、リスクも背負うし、覚悟のいることですね。
それを実行できるお二人を私は尊敬しますし、こういう方々が書き込みしてくださる星フリを誇りに思います。
どうもありがとうございます。


|

« 表面とのギャップの魅力 | Main | ファンに解釈を委ねていますね。 »