« 別人役作りは、生存欲求のため? | Main | 松潤はなぜエロイの? »

November 15, 2007

蜷川SM集団

今週の宿題くん、たむけんさん、楽しく見ました。
彼の焼き肉屋さんの話。
肉が薄いとか、あまりおいしそうじゃないとか、
そういうマイナス面を強調すればするほど、たむけんさんのお店に行ってみたいと思わされるのは、彼の芸ゆえでしょうね。。。
普通、宣伝って、いいことばかり言うじゃないですか。
それを逆手にとって、
『マイナス+やられキャラ芸→好奇心で行ってみたら、思ったよりマシなおいしさだった→爆発的人気』ですか。
ふうむ。深いです。

【e+】の小栗旬くんのインタビュー、
「どんな役でも、台本を読むと、その役を違う人が演じているのを見たくないなーって思っちゃうんです。」
というのを読んで、情熱大陸の過密スケジュール納得しましたし、
その気持わかるなあと思ってしまいました。
若手の俳優同士で仲もいいし、ライバル意識も当然あるし、お互い切磋琢磨しているんだろうけど、嫉妬のような感情もあって当然だと思いますもの。

それにしても、蜷川幸雄という人は、こういうピュアさと野心の塊のような若い俳優達を、まるで、エメラルドやルビーやサファイヤやダイヤモンドの原石をお互いにぶつかり合わせ、こすり合わせ、自分が削って、光り輝かせているように思えます。
削る道具は、罵倒や毒舌や難解な問いかけといった超ドS。
で、小栗くんや潤くん達のような若い俳優は、Mになって恍惚として、もっと恍惚としたいから、ドSの蜷川さんについて行く。

私、潤くんて、Sとか言われているけど、自分自身に対して一番ドSな気がするんです。つまり、ドMでもあるわけですよね。

そして、こういう蜷川さんを中心としたSM集団の外には、あそこに入りたいなあと思っている大勢の人達がいるわけで、
蜷川SM集団の中にいつづけるためには、さらにSMに磨きをかけていかなければ振り落とされるという恐怖もあるでしょうね。

みちゃさん、
アンケートの集計、ありがとうございました。
TIMEコン・コトバノチカラのオープニングのように、各曲のイメージを言葉で切り取ったという発想の素晴らしさに感嘆してしまいました。
順位をつけるだけでなく、皆さんの感想も加えたいと思っても、それでは膨大になりすぎてしまうし・・・という悩みが一気に解決された気がしました。
こうして、いろんな方がご自身なりのやり方で集計してくださるのは、本当にうれしくありがたいことです。


|

« 別人役作りは、生存欲求のため? | Main | 松潤はなぜエロイの? »