« 松潤はなぜエロイの? | Main | 目指すものとそばにいる人。 »

November 21, 2007

小栗旬くんの情熱大陸2のいらだち。

小栗旬くんの情熱大陸2を見ました。
イライラしていましたね。。。
彼女や奥さんになる人はたいへんだろうなあ。。。
観ているこちらがイライラしてきて、
潤くんが白夜の女騎士出演中の少年倶楽部のインタビューが無性に見たくなって見ました。
ほ~っと心が落ち着き、これが惚れているってことなのか・・・とも思いました。
あまりにたいへんで、まわりから「死にそうだよ・・・」と言われたことを、メガネをかけて静かに語る彼は、なんて美しいんだろうと思いました。

そこにいるだけで許してしまうファンとアイドル役者という話が蜷川さんと旬くんでなされていましたが、
えらそうなこと言うなよ・・・と思ってしまいました。

ただ蜷川幸雄というだけで許してしまう演劇ファンがいないか。
本当にわかって、自分の血肉にしている人がどれだけいるというのだろうか。

私は、松本潤が出ているだけで観に行くファンだけど、
プロのアイドルであることの凄さ。
そこにいるだけ・・・の状態に至るまでの長年の過酷な積み重ね。
そこから放たれる輝きに、どれだけ希望や幸せを得られることか。
どんなに芝居がうまくたって、観客にこんなにも生きる喜びを与えてくれるアイドル以上の人がそうそういるだろうかと思う。

そんなことを考えていると、少なくとも私が知る限り、潤くんにいらだちを感じないのは、
ジャニーズのアイドルという自分を受け入れているし、与えられた条件の中で可能な限りの自由を謳歌し、
世間の偏見に対しての摩擦を感じないからなんだろうなあと思う。

でも、蜷川さんは、旬くんのいらだちを芝居にぶつけて昇華することを期待し、
かつて潤くんに対して、「おまえは俺と組まないとダメになる」と言っていた。
今の松本潤に、蜷川さんは何を見ようとするんだろうか。。。


|

« 松潤はなぜエロイの? | Main | 目指すものとそばにいる人。 »