« あったりまえじゃ~!!! | Main | 表面とのギャップの魅力 »

October 31, 2007

松本潤にとってのリボーン。

いよいよ明日クランクインですね。
ドキドキしてきました。
潤くん本人も、ファンも、不安と期待と武者震いと、なんとも表現のしがたい思いを抱えながら、ただただ祈るような気持ちでいるのではないでしょうか。
黒澤明監督のリメイクということで、ゼロから新しい映画を作るというよりも、
過去の名作の残像を持っている人がたくさんいるわけで、そのイメージの払拭というマイナスからのスタートとも言えるんでしょうね。

不安というのは、映画の出来だったり、公開後の評価だったりするのでしょうが、
極論すれば、そんなものはどうでもいい。
松本潤という俳優が、リボーンした(生まれ変わった)!と感じられることができたとすれば彼にとっての成功だし、『隠し砦の三悪人』以後も、魅力的な仕事が次々と彼を必要とするようになるでしょう。
そして、リボーンし続けることこそ、松本潤が松本潤たる根本だと思うので、
自分を信じて、萎縮することなく、
思いっきり演技を楽しんで遊び狂って、観客の度肝を抜いてくださいませ。


|

« あったりまえじゃ~!!! | Main | 表面とのギャップの魅力 »