« 【AAA in Dome DVD】 アンケート開始します。 | Main | 美しい歩き方 »

October 26, 2007

「受け入れるとつまらなくなる」

GRAの初回SP、やっと観ましたが(途中まで)、
以前のJAMさんの潤くんの過去の言葉、「受け入れるとつまらなくなる」を思い出しました。
一緒のレギュラーやゲスト達は、あっちでもこっちでもバラエティ 番組で活躍している人達。
つまり、今の日本のテレビ界で受け入れられている人達ですよね。
そういう人達の中に嵐メンが違和感なく入って、
嵐も日本のテレビ界に受け入れられているんだなあと思いました。
でも、嵐のバラエティ番組というより、日常生活の中に流れているテレビという背景。
潤くんが、相葉ちゃんの司会を心配しているんだか、保護者か小姑かってくらい、いろいろツッコミを入れているのが面白かったりしましたが、嵐メンである必然性がわからない。

孫になるのは終わってしまいましたが、5人の個性が生かされた、今までの日本にはなかった素晴らしい企画ですよね。
孫でなくても、一生懸命生きている人達のところに嵐メンが行って、何かを学んでくるというのは、嵐の真面目さ・純粋さにピッタリな企画だと思うんです。

潤くんの黒澤映画のリメイクなど、新たな挑戦のニュースが流れていますが、
そういうものに心血を注ぐと、テレビのバラエティは、背景になってもいいからとりあえず反感を買わないように・・・ということでしょうか。。。


|

« 【AAA in Dome DVD】 アンケート開始します。 | Main | 美しい歩き方 »