« July 2007 | Main | September 2007 »

August 23, 2007

鹿児島公演

私の書き込みにたくさんの方々が反応してくださってありがとうございます。
私は私の事情を書きましたが、皆様、それぞれいろんなことを抱えて、潤くんや嵐に力をもらっているんだと思います。
そして潤くんは、私が知る限り、そういうことにちゃんと心が動き、そういうファンを力づけたいと思って、頑張っているんですよね。

ところで鹿児島は、本当に狭く、ムービングステージがありませんでした。
するとやはりダイナミックさに欠けていて、Everybody前進で、ムービングステージで前進する、心躍るオープニングがなく、
また、メインステージが低くて、1部で観たアリーナ席からは、前の人の頭が邪魔になって見づらかったですね。

その代わり、スタンド前列だった2部は、あまりの近さと、ムービングステージの代わりに、外周花道の移動が異常に多く、
メンバーが眼前にくるたびに、あたふたしてしまいました。
いつもなら、潤くんを目で必死に追いかけているのに、
今回は、あっ、くるよくるよ・・・と思うと、ドキドキしてしまい、
目の前にくるとまともに見れないんです。
うれしいのか、残念なのか、よくわかりませんでした。

今回初めてわかったのが、ジュニアの子達の真剣さと踊りのうまさですね。
だって、目の前すぐで、その場を動かずに、我こそスターだ!という感じで、ニコニコめいっぱい踊っているんですもの、
潤くんとは違って、しっかり拝見させていただきました。

韓国から来たファンが、ものすごく多くてビックリでした。
嵐が外国で公演することで、コンサートの生の魅力を知って、
日本に観に来る・・・ということが多くなるのかもしれないですね。
それから、ほぼ突っ立ったまま、呆然としているようなお年寄り達や、メチャメチャ乗りまくっている男性など、多種多様になりましたね。

鹿児島はムービングステージなしという、貴重な公演でしたので、
アンケートBBSにまた回答しようと思います。

花男の映画ですか。。。
ファイナルと言われても、オーラス詐欺に慣れてしまっているので、
ファイナル詐欺もあったりして・・・。
ジャニファンやっていると、簡単に信じられなくなりますね。

星フリメインBBS


|

August 21, 2007

松本潤は、私の夢なんです。

鹿児島から帰ってきました。

コンサートの次の日、フェリーに乗って、大隅半島の鹿屋(かのや)基地に行ってきました。
ここは、アメリカ軍の沖縄上陸作戦に対する、海軍の特攻基地のあったところです。(ちなみに知覧は、薩摩半島にあった陸軍の特攻基地です。)

父の兄がこの鹿屋基地への空爆のため、戦死しているのです。
もし生きていれば、私の父が家を継ぐこともなく、母と結婚して、私が生まれることもなかったかもしれません。

嵐のコンサートのために鹿児島に初めて行くのに、私は何かに導かれるかのように、鹿屋基地に行かずにはいられませんでした。
そして、特攻で亡くなった大勢の若い兵士達の写真が壁一面に貼られて、国のために散った若鷲たち・・・のような表現に、
「冗談じゃねえよ~!」と怒りがこみ上げてきて、どうしようもありませんでした。
伯父は、出征の前夜、行きたくない・・・と言って、泣きに泣いたそうです。

「硫黄島からの手紙」でも、先日放送された、水木しげるさんのラバウルの玉砕の再現ドラマでも、卑怯者ほど綺麗事を言う。
太平洋戦争にしても、特攻隊にしても、誰か上部の人間が開始を決めたのであって、天災ではなく人災。

帰りの船から見た桜島。
伯父は、どんなにか再びこの桜島を見、家に帰ることを望んだだろうかと思いました。

そして、その夜は、鹿児島の花火大会でした。
私は、ホテルの温泉の露天風呂から、桜島をバックに錦江湾上に打ち上げられる美しい花火をずっと眺めていました。
私は乳がんのため片胸がなく、温泉など、人前で裸になることは一生ないと思っていました。
でも、片胸がなくても、私は生きている。生かされている。
鹿屋基地を訪れて、伯父や私を可愛がってくれた祖母の無念さを思い、戦争が起きないように私は私でできることをしよう!と決めたんです。
みっともなくても、不細工でも、生きて生きて生き抜いて、私にしかできないことをしようって。

鹿児島のコンサートで、潤くんは、
「嵐は僕の夢です。」と言っていました。
私にとって、松本潤は夢なんです。

彼を見ていると、私も夢を持ってもいいのではないかと思えるのです。力を与えてくれるんです。
私の夢が、どんなに遙か遠いものでも、松本潤がいれば、少しずつでも、ほんのわずかずつでも、近づいていけるのではないかと思うんですね。
嵐のコンサートで鹿児島に行くことがなければ、伯父の最期の場所を訪れることもなく、片胸で温泉に入る勇気も持てませんでしたもの。

星フリメインBBS


|

August 14, 2007

アイドルはたいへん。

福岡1部でのニノの言葉、報道を肯定も否定もせず、
今後、事態がどのように展開しても、柔軟に対応できる余地を残したものだと思います。
これは逃げではなく、ファンに対して一番誠実な対応だったのではないかと思います。
だって、核心をつかなければ、ファン一人一人の心の中の、こうであって欲しいという理想のニノ像が生き続けられますもの。

それにしても、アイドルは本当にたいへんですね。
潤くんが以前、「ファンは変わるもの、家族は変わらないもの」と言っていましたが、
そういうシビアな覚悟があるから、ファンを喜ばせるために、あんなに一生懸命なのでしょうね。
なのに、ファンの中には、アイドルの愛情生活に寛容になれない人もいる。
私生活を隠すのもたいへんなことで、それもファンをがっかりさせたくないからなんでしょうね。
そして、自分が重いものを背負っているのと同時に、付き合う相手の背後にも様々な重荷がある場合もあるでしょう。

どんなに細心の注意を払って、ファンを傷つけないようにしようと努めても、マスコミの報道でぶっこわされる恐怖もあるでしょうし、
並大抵の神経ではつとまりませんね。

アイドルとファンと私生活。
永遠の壮大なテーマですね。

星フリメインBBS


|

August 08, 2007

なぜ、ホイホイお金を使っちゃうの?

今日、郵便局でドームコンの払い込みをしてきました。
万札が次々と機械の中に吸い込まれていくのを見ながら、
ふと、洋服を買ったりするのに、あんなに悩んでなかなか買えないのに、
なぜ、松潤関係だったら、こんなにホイホイお金を使っちゃうの~?
と自問していました。

すると、機械の向こうから、潤様のエロ顔がドアップで迫ってきて、
「ホラホラ・・・俺が幸せにしてやるから、とっとと金払えよ・・・」
と、黒光りしたお顔と逞しい腕でおっしゃるのです。

すると、ああ~、もうダメ。
はいはい払いますよ、払いますよ。

すると潤様が、さらににやけたヤラシイ顔になって、
「うふふ。。。ドームでは喜ばせてやるぜ!」とか言っちゃって、
私は、ずにのりやがって、こんにゃろう~!と、悔しくなるわけです。

ところで、日経エンタティメントに、嵐の再加速の理由を、もっともらしく小難しく書いていましたが、
私にいわせりゃあ、簡単な話だと思うのです。

デビュー当時のチャラチャラぺらぺらした、いかにもジャニーズのアイドルが、
艱難辛苦を乗り越え、オグさんの「反省しました」の弁に代表される、数々のエンターティメントを知り、世の中を知った、見る眼のある大人の男や女を魅了する、地に根をはった力強いエンターティナーに成長したからだと思うのです。
人間、強いもの、逞しいもの、輝くもの(お金の集まってくるところも?)に惹かれていきますもの。

星フリメインBBS



|

【TIMEコンサート】のアンケート(1)

(1)総合的満足度 4.5

(2)どこのコンサートに参加したか、場所を書いてください。
横浜アリーナ 29日2部  1日2部
  
(3)今回が初めての嵐コンサートですか?  いいえ

(4)歌・踊り・演出を総合したパフォーマンスBEST5
1. Cry for you 
2. Yes?No?
3. うらあらし
4. Love Situation
5. 大野くんソロ

*あえて潤くんソロのYabai-Yabai-Yabaiを入れませんでした。
断トツの面白さ、衝撃、エンターティメントでしたが、サーカスまがいのことをやるとそれに眼を奪われて1位にしてしまって、他が霞んでしまう・・・というのも、どうかな・・・と思ったためです。

    
(5)衣裳BEST3
1.♪時代・Yes?No?の黄色&黒のデザイン違いのスーツ。
2.♪Be with you・Love so sweetの光沢のある淡いピンクの三つ揃いスーツ。白いシャツにピンクのベスト、ジャケット、パンツ。
3.♪太陽の世界・WAVEの淡いグリーンとブルーを基調にした7変化のアジサイの花のようなシフォンが、肩から裾まで全面に付いたロングコート。


(6)装置・特殊効果などBEST3
1.MJウォーク
2.ムービングステージ2台の段違い使いなど
3.Cry for youの炎


(7)”TIMEコンサート”の良かった点
・MJウォークやムービングステージ2台に象徴されるように、常にチャレンジングなコンサートを作っていること。
・うらあらしのコーナーで、手紙とそれにまつわる毎回違う嵐の歌を聴かせてくれたこと。
・うらあらしはじめ、「座って聴いてください」と指示してくれたので、ゆったりした気持ちで、じっくり聴けたこと。
・Yes?No?の素晴らしい踊りとパフォーマンスが衣裳や演出を変えて再現されたこと。
・歌詞が、スクリーンに表示されたのがとても良かった。これからも是非続けて欲しいです。


(8)”TIMEコンサート"の良くなかった点
・観客にウェーブをさせるのは、せっかく夢の世界に浸っているのに、夢を冷めさせられる気がした。しかも長い。
・Cry for youのハードでカッコイイ世界に身も心も奪われた後、突然、「言葉より大切なもの」という、世界観のまったく違う歌が始まってしまったこと。もう1曲くらいガシガシ系のものが続いた方がよかった。


(11)その他、ご自由にお書きください。
29日2部で、男性の観客に声を出させたのが、面白かったです。
観客参加型にしたいのであれば、ウェーブさせるより、
会場を真っ暗にして、その上で、外国からきた人・初めての嵐コンの人などに、ペンライトをつけてもらう演出の方が、夢の世界の中で観客も参加できると思います。

アンケートBBS


|

August 03, 2007

嵐メンもファンも、一人の人間。

注意しませんか? さん
貴重なご意見、どうもありがとうございました。
ただ、星フリは、一人で一つの固定のHN(ハンドルネーム)での書き込みをお願いしております。
それは、お一人お一人の人格を尊重するためであり、
そのために、HNが重ならないように、もう一人の管理人のあきさんが、HN一覧表を作成してくれています。
また、一人の人間として、ご自身の発言に責任を持っていただきたいからでもあります。
言いにくいことは、名前なしや別HNでの書き込みがOKとなれば、サイトとしての秩序が保てません。
メールでの対応も管理人はしておりますので、
どうぞご理解とご協力をお願いしたいと思います。

ともさん
決意表明、勇気が必要だったと思います。
ともさんの決意表明を読んで、私も同じようにしよう!と思う人が出てきて、ファン全体でそういう空気が当たり前になっていくかもしれないですね。
そしたら、去年の長野公演の後、ファンにキツイメッセージを伝えざるをえなかった潤くんやニノも、きっと喜んでくれるのではないかと思います。
彼らも、私たちと同じ人間。
応援してくれる大事なファンに、反発を招きかねないあのような注意を公に発することは勇気が必要だったと思います。
でも勇気が勇気を呼び起こし、その時は物議をかもしても、時を重ねながら、良い方向に向かっていくのだと信じています。

星フリメインBBS



|

August 02, 2007

横アリ・ラスト

横アリラスト、行ってきました。
追加がドームコンに変更になったことで、横アリが今日でラストになり、
そして、嵐の成長に伴い、今後、関東圏は東京ドームが定番になるかもしれない・・・と思うと、ある種の感慨がありました。

数々の嵐コンを経験して、十二分に広い、広すぎるくらいに思っていた横アリが、今回は本当に狭く感じました。
4月のドームコンの後だったこと、スケステが2台使われたこともあるのでしょうが、
嵐の存在自体が、1万2千人の観客を喜ばせるだけではもったいない、何万もの人達を一度に満足させ、楽しませる、スケールの大きなエンターティメントに飛躍的に成長したためなのでしょう。
かつて、ドームでやって欲しくない・・・と書いていたころが、うそのようです。
箱が大きいとせっかくの嵐のパフォーマンスが楽しめないと思っていたのに、
嵐は、箱のスケールに合わせたエンターティメントを提供できるようになったんですね。

潤くんを知って、コイツはとんでもなく凄い奴だ!
なぜ多くの人は、この人の凄さがわからないんだろう・・・と思い続けて4年半、
でも、今回のMJウォークを見て、私が思った松本潤の凄さをさらに超えてしまった・・・と思いました。
私は彼を必死に追いかけ、その血肉・精神・野望を少しでも吸収したいと思い、それが私の生きるエネルギーにしてくれました。
でも、MJウォークには完敗です。グーの音も出ません。

その発想の凄さだけでなく、それを実現させるまでの数々の困難は、スケステの比ではないのではないか・・・と、私は勝手に想像しています。
その危険性、肉体的負担、本人がやりたいと言っても、止める人もいたのでは。。。
何があっても、自分で責任を負う覚悟がないとできませんよね。
特に、誰もやったことのない斬新なことは。。。

うらあらしのコーナーで、『感謝カンゲキ雨嵐』をやって、「勇気は泉~」のところが好きだと言ったそうですが、
常に、勇気を振り絞って、1歩を踏み出してきたのでしょう。
その1歩1歩の積み重ねが、彼を今のような逞しくも魅惑的な男にしたと思っています。
今日の横アリラストの3回目のアンコールは、『感謝カンゲキ雨嵐』でした。
個人的なことで、今の私には、♪SMILE AGAIN~♪が、本当にうれしく、またまた励まされました。

嵐や松本潤くんの成長は、観客・ファンを楽しませたい!という内なる強い想いの結果のように思います。
そして、『be with you』の薄いピンクのスーツの出で立ちは、嵐全員のその純粋さ・精神の清らかさ・品格の高さが凝縮されているようで、神々しいばかりに美しかったです。

私に言える言葉は、ありがとう!
万感を込めた「ありがとう~」です。

星フリメインBBS



|

« July 2007 | Main | September 2007 »