« June 2007 | Main | August 2007 »

July 30, 2007

ジャニーズのイメージを覆す翔潤

夕べの選挙特番、翔クンのところの録画を見ました。
ニュースZEROの時と同様、用意されていたものの解説をするのがほとんどで、自分の考えなどを述べることはほとんどありませんでしたが、あれはあれで良かったのではないかと私は思っています。

何しろ、潤クンを知るまでの私のジャニーズのイメージは、あほっぽい男の子達がチャラチャラしている集団・・・であり、
嵐についての唯一の知識は、慶応の子がいるらしい(まあ、慶応って言ったっていろんなのがいるから、どうせろくでもないだろ・・・)ってなもんだったわけです。
おかげさまで私は改心させていただきましたが、
かつての私と似たりよったりのイメージを持っている人達は大勢いると思うのです。

そういう人達にとって、また選挙特番だけは何となく見た人達にとって、昨日の翔くんは、若者の良識を体現している感じがして、好印象だったのではないか・・・と、私は思っているわけです。
世の中をよく知りもせず、表面的なことだけで声高に主張する若者より、分をわきまえ、出演者一人一人の話を一生懸命聞き、与えられたプレゼンの仕事はきっちりこなす嵐の櫻井翔に対して、
かつての私だったら、あら、この子まともじゃん、いいじゃん・・・と思ったと思うのです。
様々なアンケート結果の解説をするだけであっても、その話し方、物腰、顔つきには、きちんと積み上げてきた教養や知性の裏打ちが感じられるし、
もし、予定外のことで突っこまれたとしても、即座にバランスのとれた発言ができるであろう・・・という準備と自信も感じられました。
社会が期待するものをキチンとこなし、大きな組織の中でいつの間にか出世していそうなタイプのように思います。

それに対して潤くんは、yabaiのパフォーマンスやスケステの考案などでもわかるように、
常識とか固定観念を打ち破り、誰もやらないことにチャレンジし、自分の頭の中のアイディアを実現させるために大人や組織を動かしていく・・・という、既成の枠の中では収まらないタイプ。
こういう潤くんに脅威を感じ、生意気だとかと言って否定する人もいそうですが、そんなちっぽけな奴のことは、とっくに乗り越えているのでしょう。

社会や体制に対して、相反するスタンスを持っているような翔潤ですが、かつての私のようなジャニーズに対するマイナスイメージを打ち破る二人だと思っています。

星フリメインBBS



|

July 26, 2007

初めての主演男優賞、おめでとう!

ザ・テレビジョンのアカデミー賞、初めての主演男優賞、おめでとう!

ごくせんで助演男優賞をもらって、きみぺはどうだったのか、記憶が定かではないのですが、調べたら、助演男優の読者賞はとっているんですね。
それから、2年半ドラマがなくて、
こんな素晴らしい俳優なのに、なぜ? なぜ?と、ひたすらドラマ出演を待って待って、ガセネタに踊らされること幾たびか。。。(涙)

そして、2年半ぶりの連ドラの『花より男子』で助演男優賞をもらって、
『花より男子リターンズ』では、読者賞はもらったのに、結局受賞ならずで、
今回『バンビーノ』では、読者賞やTV記者賞では2位だったのに、審査員賞で1位だったおかげで、主演男優賞をもらうことができましたね。
雑誌や各種メディアにドラマ評をたくさん書いている審査員のおじさん・おばさんの票のおかげで、バンビーノの主演男優賞をもらえたというのが、このドラマの特徴を表しているのかもしれないですね。

視聴率や、単に面白いかどうか・・・という基準ではなく、
TV記者やテレビ評を仕事にしている審査員達、つまりプロ達の投票が3分の2を占めるザテレビジョンのアカデミー賞で、松本潤が、連続ドラマのたびに、受賞したり次点だったりするというのが、彼の実力が認められているということなのでしょう。

受賞のコメントが、共演者の皆さんのおかげで・・・という感じでしたが、先日の番宣で、北村一輝さんが、潤くんを、「まさに座長」と言っていましたね。
主演・助演者達がお互いを褒め称え合って、チームワークができて、このような真摯な作品が出来上がったんですね。

それと同時に、ごくせんスタッフとの長い間の絆とか、今までの彼の精進とか、時間の積み重ねがあったからこその今回の受賞のようにも思います。

ドラマがなかった2年半、きみぺの話ばかりしていた長い時期にファンをしていた者としては、
本当にうれしい、初の主演男優賞の受賞です。

星フリメインBBS

|

July 21, 2007

【TIMEコンサート】アンケート開始しました。

今回のコンサートツアーは、2ヶ月半にわたる長いもので、
今からアンケートを始めてはどうか・・・という提案をいただき、
なるほど~と思い、早速、アンケートを開始いたしました。
最終的締め切りは、9月30日(日)です。

一箇所しか参加しない人も多いと思いますので、記憶が鮮明なうちに回答していただき、
また、何カ所も参加される方は、その都度、何度回答していただいてもOKです。
何度も回答したい場合は、ご自身の書き込みの『返信』機能を使っていただけば、その都度一番上に再UPされます。
集計は、その方の最後(最新)の回答を使わせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

嵐メンの各ラジオにも知らせますので、もしかしたら、参考にしながらコンサートツアーを進めていくかもしれませんし、
或いは、敢えて見ないようにするかもしれませんが、
まあ、ファンはファンで、できることをする!という感じです。


JAMさん
カウントダウン、ありがとうございます。
こうして、良いと思えることが受け継がれていく・・・ということは、言葉で言い表せないくらいうれしくもありがたいことです。
毎日たいへんなことと思いますが、毎日考え、工夫されているようで、本当に素晴らしいことと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

アンケートBBS

|

『バンビーノ!』アンケート集計UPしました。

ドラマ『バンビーノ!』アンケート集計UPしました。
さっこさん、ルビィさん、ハマさん、集計ありがとうございました。

こうして協力してくださる方がいらっしゃるおかげで、星フリでアンケートを実施できます。
本当に感謝しております。

2004年の【いざッNOW】コンサートから始めたアンケートですが、良くない点を書いたりすると、それに対する反発などがあったりしましたが、
地道に続けてきたことで、皆様、思うことを率直に書いてくださるのが当たり前になり、価値あるアンケートになっていると思います。
答えるのも、集計するのも、アナログ極まりないアンケートですが、
だからこそ、お一人お一人の感性・息づかいが伝わるものになっていると、誇らしく思っています。

日テレの『バンビーノ!』スタッフにも送りましたので、喜んでもらえるのではないかと思っています。

今回の『バンビーノ!』は、回答を読ませていただくと、ドラマそのものに対しては、ほとんどの方が似たような感想を持っておられるのですが、
それに対して、面白い面白くないとかが、お一人お一人の感性や実生活や仕事に対する考え方によって違っている・・・という感じがいたしました。

また、好きなキャラクターは、今回は、道明寺vsモモという真逆なキャラ対決という結果になり、以前の慎vsモモの図式から、道明寺の登場によって、慎が下がってしまった・・・という感じですね。
独断で、キャラクターを限定してしまいましたが、後からファンになった方でも、DVDレンタルなどで簡単に観ることができるキャラクター・・・というつもりで限定させていただきました。

アンケートBBS

|

July 08, 2007

『バンビーノ』アンケートへの回答

(1)総合的満足度 4.5

(2)原作漫画は、未読

(4)好きなシーンBEST15

1.11話
  バンビと香取との厨房での別れのシーン(「その時は香取さんを追い抜いているかもしれませんね」「ちょっと裏にくるかおまえ」「嫌です」(←きっぱりと不敵な表情で・・・)そして、「ありがとうございました!」と深々を頭を下げる。1話と対照的な、象徴的なシーン)

2.10話
  恵理が来たとわかって飛び出して行ってから、道を挟んで別れるまでのシーン

3.1話
  ごみ置き場でアスカをからかったら、鼻っ柱が折れているよ・・・と言われるシーン

4.2話
  恵理に電話で強がりを言って、福岡と六本木で同じ半月を見るシーン

5.3話
  香取のアシスタントを上手くできるように、空想シミュレーションするシーン

6.6話
  野上さんにペスカトーレの作り方を美味しそうに説明するシーン

(5)好きな、或いは印象に残ったセリフBEST10

1.4話
  「何してるんだろ俺は。惚れた女と別れて大切なものを捨てて、何をしようとしてるんやろ。」

2.2話
  「男は始めから男じゃなか。自分の力で男になるんじゃ。」

3.6話
  「自分の気持ちを晴らすためにためにやっているんだろ。・・・だって、それは愛じゃないだろ。」

4.8話
  「リスペクトできるものを持っている人なら盗む。嫌な気持はその代償ってことで。」

5.9話
  「なんで走るんだろ?」(堅実に物事を積み上げていくタイプの桑原さんが、失敗しても前を向いて突っ走っていくバンビへの疑問・気持を表した象徴的な言葉だと思う。)

6.2話
  「逃げないことも才能なんだ」

7.9話
  「心の中の力が弱っている感じがする。」

8.9話
  「何かを成し遂げるには、何かを犠牲にしなければいけないんだ。」

9.5話
  「目の前のことに一生懸命になれない奴に夢を語る資格はない。」

10.7話
  「女は男のかっこ悪いとこも含んで惚れるんだ。」

10.1話
  「器用な味っていうのは、人まねがうまいってことだ。」


(6)印象に残った表情・しぐさBEST10

1.4話
  恵理との別れのキスをする前後の男の子の決心した顔

2.2話
  雅司との野菜切り対決の時の凄い目

3.1話
  バンビーノと名付けられた時の悔しそうな挑むような目

4.5話
  スマイル~の作り笑顔

5.2話
  バンビが怪我をしながら店に戻ってきた様子を「いいもんだ~」と優しそうに見つめるシェフの目

6.8話
  テーブルに突っ伏して、「何もしないって、とっても疲れるんですけど」

7.8話
  「織田さんのこと好きじゃないけど好きです」と言われた時の織田さんの涙目


(7)ドラマ『バンビーノ』のよかった点を箇条書きにしてください。

・働くと言うことを、真っ正面からとらえ挑んでいったドラマ作りに敬意を表します。ですから年配の視聴者もとらえることができたと思います。

・脇役もそれぞれキャラが立っていて、魅力的でした。特に、雅司くん、織田さん、香取さん、桑原さん、恵理さんが素晴らしかったと思います。

・心に残る、考えさせられるセリフが多く、ドラマとしての質が高かった。

・イタリア料理を食べたいと思わせる魅力に満ちていた。


(8)ドラマ『バンビーノ』のよくなかった点を箇条書きにしてください。

・芸達者の豊富な脇役にもっとスポットを与えて、ドラマに厚みが欲しかった。主役ではあるけど、バンビに焦点が当たりすぎて退屈する視聴者も多かったのではないでしょうか。

(9)美味しそうなメニューBEST3を挙げてください。

1.桜エビとトマトのスパゲッティ(10話で恵理が食べたバンビが作ったもの)

2.ティラミス・バンビーノ風

3.野菜のリゾット

(10)今まで松本潤くんが演じた主な役で、魅力的・好きな役BEST5を挙げてください。

1.道明寺司
2.伴省吾
3.耕二
4.モモ
5.慎
(好きというより、俳優としての力量を感じる順番にしてしまったような気がします)

(11)感想・ご意見など、ご自由にお書きください。

花男リターンズから続いてのドラマ、本当にご苦労様でした。
当たり役の道明寺から、主役俳優としての地位を確保したバンビーノだったと思います。
何と言っても松本潤には華がある。
そこに役が乗り移って、キラキラ輝く・・・。
真面目で真摯な言葉の連続でも、そこには、視聴者に夢を見せてくれるオーラがあり、それがスター俳優なんだと、潤くんを見て思います。
天性の華と、頭脳的な役作りで、魅惑的な俳優への道を歩んでいると思わせてくれたバンビーノでした。

|

July 07, 2007

山田太郎を潤くんが演じたら・・・

夕べの山田太郎くん、潤くんがやったらどうなるんだろう・・・と思ってしまいました。
ニノは、何をやっても飄々と難なくこなし、あたかも当たり前のようにそこに存在しているような俳優。
潤くんは、考えに考えて、役を作り上げ、表情一つ一つにも大きな意味を持たせようとしているのが見てとれる俳優。だから、ドラマの当初は違和感があったり、見ている方が疲れたり。

だから、山田太郎のように、一つのドラマの中で、大きなギャップのある役柄を演じたら、どうなるんだろう???と、潤くんファンの私は大いに興味をひかれるわけですよ。
しかも、御曹司ティストはすでに道明寺司という超ハマリ役があるわけで、道明寺とも違う御曹司で、しかも弟妹母想いの貧乏庶民を、どんな風に作り上げるんだろう・・・って考えるだけで、興奮してしまいますもの。

古い話題ですが、私の本名の脳内占い、頭の中全体が「愛」という文字でいっぱいで、真ん中に一文字だけ「欲」でした。
私、欲深い人間で、今まで自分の欲に忠実に生きてきてるんですよ。
だから、中心に欲が一文字で愛で包んでいるというのは、光栄の至りという感じでした。

ところで、このメインBBSに書かれた、ドラマ『バンビーノ』の皆様の感想を、
ネタバレBBSに転記させていただきました。
ともさんの大作の番協レポの上になってしまいました。
後からファンになった方々が、過去探しの旅に出られた時、皆様の感想を読んでいただきたいと思って、保存しているんです。
潤くんの主な作品の感想が、過去ログに残っているんで、興味のある方は読んでいただけたらと思います。

星フリメインBBS





|

« June 2007 | Main | August 2007 »