« 獣偏&バンビーノ探検隊 | Main | まるで私(バンビーノ6話) »

May 22, 2007

松本潤のプロデューサー目線

少年倶楽部の嵐ドームコンの映像の後、5人でインタビューを受けているとき、
潤くんが中心に座って、まるで演出家が他の4人の出演者に感想を求めているような感じで、
ドームコンを潤くんが先頭に立ってやって、それが大成功をおさめたという自信があの態度に溢れていました。

また、雑誌『CUT』での5人の欠席裁判では、潤くんは、他メンから口々に、「尊敬」と言われていました。
嵐ファンの中には、こういう雰囲気に違和感を感じる人もいるのではないかと思うのですが、
コンサートのセットやコンセプト作りの段階から関わっていて、全責任を自分が背負ってやるということは、
言いにくいことも嵐を代表して、スタッフや上の人に伝えるのでしょうし、他メンを生かすことに心をくだいているでしょう。
彼が盾になって嵐メンを守り、そしてリスクも全部背負っているんでしょうね。。。

ところで、私が仕事で、「これが私のベストの条件です」と難しいことを箇条書きにして送ったら、
相手から、「したいことをはっきり言ってもらった方が助かる」と返事があって、
その直後に、雑誌『POTATO』で潤くんが、「まず理想を掲げて言いたいことを言う。ビシッと箇条書きにしたりして凄い。」とか言っていて、思わず笑ってしまいました。
「でも、ムービングステージだって、最初無理だと言われたのに、実際は作れたから、マジ成せばなると思った。」と言っていたので、勇気百万倍です。

星フリメインBBS



|

« 獣偏&バンビーノ探検隊 | Main | まるで私(バンビーノ6話) »