« バンビーノ2話 | Main | 昇天~! »

April 29, 2007

近くのイタリアンシェフの修業時代。

駅前に小さなイタリアンレストランがあって(テーブル席3つ、カウンター2人がけ。バンビーノの福岡のレストランのような規模ですね)、結構おいしいので、時々行くんです。
1ヶ月くらい前に、スケジュールが超立て込んでいて、
このレストランのランチが食べたい!という欲求と、振り込みをしなくてはならない事情と、何時までに○○に行かなければならない事情が重なったんです。
それで、行き慣れたお店だったので、「今、すぐ傍の銀行で振り込みをしてすぐ戻ってくるから、注文を先にさせて。」と言ったんです。
「そんなことをしたらパスタがのびるかもしれないし、そんなことはできない。」と言われたので、「その前に戻ってくるし、少しくらいのびても構わないから」と言ったら、
オーナー兼シェフに、怒られた、怒られた。
「うちは、お客さんの顔を見て、ちゃんと考えて料理を出しているんだから、そんな客はいらない!」ってね。
私は、本当に申し訳ないことをしたと思って、謝りに謝り倒したんです。
それに、プライドの高い人が好きだから、わあ、カッコイイなあ、素敵だなあ・・・と思ったんです。

おととい、また行って、そのシェフに聞いたんです。
「今、バンビーノっていうイタリアンレストランで修行するドラマをやっているだけど、そこで、殴ったり蹴ったりがあって、実際のところ、どうなんでしょう?」って。
そしたら、「そんなの当たり前だよ。自分が修行したイタリアでも日本でも、軍隊と同じ。それが修行なんだから。」と、バッサリ断言。
「フライパン飛んできたりしました?」
「ああ、あるある。なんでも飛んできたよ。」って。
「バンビーノってドラマ、結構面白いから、シェフの感想聞きたいです」って言ったら、
「ドラマだろ。ドラマなんか信用しちゃいかんよ。ドキュメンタリーならいいけど、ドラマが本当だと思ったら、とんでもないことになるよ」と、
どんなに言っても、完全拒否。

本当は、新人が入ってきたら、自分の修業時代にされたのと同じことをしますか?と聞きたかったんですが、
軍隊と同じ修行時代について、まったく疑問を持たず、そういうもんなんだと誇りを持って受け入れている様子を見ると、
同じことをしそうだなあと思いました。

sakuraさん、英語の先生までが潤くんファンなんですか?!
うれしいですね。
人見知りが激しくて話せなかったら、星フリで語り倒してくださいませ。

ゆーぼーさん
私もつい先日、やっと『黄色い涙』を観てきましたが、良かったですねえ。。。
最後、世俗的なチャンスよりも、自分のやりたいことを選んだニノが、
私に重なって見えました。
時江ちゃんの選択も、女性として、わかるなあ・・・と思いました。
いろんな世界を体験してみて、その結果、地に足のついた人生の選択をするってところがね

星フリメインBBS


ジャニーズブログランキング


|

« バンビーノ2話 | Main | 昇天~! »