« 宿題君、初めて、超楽しかった~。 | Main | 皆様へ »

April 04, 2007

大島さんを見る潤くんの目。

さとみさんへ
飯島直子さんと見るあの眼は、後にも先にもあの時だけだったと思うのですが、皆様、いかがでしょう?
ただのエロおやじ化した眼だったんですよ。
俳優としての彼の得意技の切ない眼の真逆で、
あんなものを見せられたら、百年の恋も冷めてしまう・・・ってなもんでしょうが、
彼の場合、ああ、この人のカテゴリーの中には、ギトギトエロおやじという分野も存在していたんだあ・・・と、その魅力の幅の広さにまたまた感心してしまって、さらなる深みにハマってしまった・・・というわけです。

で、夕べ、相撲を始めようとする大島さんに、ニノが後ろから、
「すげえ見てますよ~」と声をかけて、
振り向いた大島さんを潤くんが、ジト~っと見ていたんですよ。
それを見た瞬間、飯島直子さんの時のことを思い出したんですよ。
あの時のようにエロおやじというわけではないけれど、
オスとして興味を持って大島さんを見ているように【私には】思えたんですよ。
それまでは、自分のファンだというお笑い芸人さんの反応が面白くて、楽しくて、わざと刺激して、ギャハハ大笑いしていたけど、ここまでは、モテモテ男の潤くんには想定内のこと。(コンサート時などと同じように、ナルシズムを素晴らしく満たしてくれる状況ですね)
ところが、相撲をしようとするところまでくると、ナルシズムという自分に向けてのベクトルではなく、相手に対する好奇心に変わったように思うんです。
だって、大島さん、とびっきりのいい女ですもの。

いい女の第一条件は、潔いこと。
彼女は同じ芸能人で、同じTV番組に出演していながら、ファンとしての一線を守り通したし、仕事となれば、まわしをつけて相撲もするし、お尻だって出す。
なぜ潔いのがカッコイイかといえば、海面下のたくさんのやせ我慢の涙の上の、氷山の一角のように潔さだけが人目に触れるからなんだよね。

第二条件は、自分だけのこだわりの価値観を持つこと。
世の中の流れなんかと関係なく、人にどう思われようと、千代の富士、アルシンド、そして松潤。
自分の見る目を信じているんだよね。
だから、人に媚びる必要もないし、純粋でいられる。

第三条件は、サービス精神があること。
人を幸せにすることが自分の幸せであり、一緒にいる人を楽しませ、癒すことができる。

たくさんの女性にもてて、女性を研究するのが大好きな潤くんが、この大島さんの資質に気づいて、興味を持ったって、当然だと私は思うんですよね。

花より男子リターンズ・アンケート



|

« 宿題君、初めて、超楽しかった~。 | Main | 皆様へ »