« 滋と松本潤という人。 | Main | 7話 »

February 16, 2007

タマさん(佐々木すみ江さん)

皆様の分析、凄い!なるほど!と、うなりまくりです。
自分には思いもつかない深い洞察を読むのは、本当に面白いです。

でも、公式のたくさんの書き込みをざっと読むと、若い子達の多くは、つくしと自分を同化して、自分が好きな人とつくしが結ばれるのを望んでいるので、あんなに必死な気がしますね。
井上真央ちゃんには、女の子たちが自分を重ねやすい、特別美人でもないけど親しみやすい魅力があるんでしょうね。

私は、つくしと同化してのめり込むには、歳をくいすぎているし、
いろんな辛い思いや世の中の無常・理不尽を経験しているので、
きみぺのスミレちゃんや滋のような、人間の弱さ・悲しさを体現しているようなキャラに自分を重ねて惹かれてしまいますね。
だからつくしの恋路に都合の良い人を”いい人”、都合の悪い人を”ウザイ人”と言われるのは抵抗を感じます。

ところでタマさん演じる佐々木すみ江さん、カッコイイ!ですね。
ホームドラマのちょっとクセのある年配の女性を演じる人のようなイメージでしたが、
これぞ女優!という迫力と貫禄で、感服してしまいました。
オーバーアクション極まりないんだけど、そうであればあるほど、ハマッテしまうし、つくしを下から見上げているのに、威圧しているという逆転の関係は面白いです。
道明寺のオーバーアクションはファンから見れば、大丈夫?と心配になってしまいますが、第3者から見れば、タマさんのように、オーバーであればあるほど、キャー・すてき!になるんでしょうか?
楓が鉄の女から、普通の女になってしまったので、
タマさんのような、毅然としたキャラが登場すると俄然ドラマが締まりますね。

いよいよ、今夜は7話、楽しみです。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 滋と松本潤という人。 | Main | 7話 »