« January 2007 | Main | March 2007 »

February 27, 2007

運命の人

道明寺は、つくしが運命の人。彼女に会ったおかげで、人間の心を持つ男になれた。
運命の人というのは、他と較べようがない絶対的な存在であって、
その人の存在のおかげで、耐え難きを耐え、大人の階段を上っていける人のことだと思うのです。

ですから、つくしにとって運命の人は、静ではないかと思うのです。
静に憧れて英徳に入り、司や類に出会い、そして静と同じ国際弁護士をめざそうと、法学部に行く決心をする。恋愛のことではハッキリしないのに、弁護士への決断はあっというまでしたものね。

類にとっても、運命の人は静なのでしょう。
静との関係に終止符を打って、つくしを愛そうと決めた時も、静に自分の決断を相談しているんですもの。

滋にとっては、司が運命の人。
絶対に失いたくないと思って必死に頑張ったけど、ふと自分の醜さに気づいて、こんなブザマな姿を運命の人の司にさらしたくないと思って、身を引く決心をしたのかもしれない。
自分に正直にのたうち廻ったおかげで、ただのじゃじゃ馬のお嬢様から、とびっきりのいい女への階段を上ることができた。

タマにとっては、行き先のなかった彼女を引き取ってくれた道明寺家の先代の当主が運命の人なのかもしれない。先代を絶対視し、道明寺家のために働くことが彼女の使命だと思っているから、楓など怖くもなく、平然と意見できる。

このように、運命の人を持つことができた人は幸せだと思うのです。
楓やつくしの両親などは、運命の人との出会いがなかったのでしょうね。

でもね。
司が類に対して、「牧野は自分にとって最強で、運命の女だから諦めてくれ」と土下座するのは、??。
だって、運命の人だと思うのは、一方的な思い込みであって、100%個人の事情ですもの。
それを人に強要するのは、まだまだ大人になれないボンボン。

それで類があっさりと諦めてくれて万々歳なはずなのに、簡単に手に入れることができたつくしは、「なんで、そんなに微妙なんだよ」と道明寺に言われてしまうような存在に成り下がっている。
花男1では、中塚くんに、微妙な女と言われて、「あいつの瞳はこの世のもんじゃねえんだよ」と殴りかかったほど神々しい存在だったのに。。。

私は土下座だとか、友情だとか、そんな形式や綺麗ごとでは、何も解決しないと思っている。
人間は、そんなに都合良くできてはいない。
ドロドロの醜態の中からやっと、本物の恋や友情がチラッと顔をのぞかせるから、貴重なんだよね。

そういう意味でも、この花より男子は、1もリターンズも、人間ドラマが幾層にも重なっていて、単純に語れない深さを持っていますね。

ところで、花より男子の謎、その1。
あんな厳しくも愛情溢れるタマさんや椿姉さんがついていながら、司は、なんであんな鬼畜坊ちゃんになってしまっていたの?

<花より男子BBS>・・・左上のリンクからどうぞ。


ジャニーズブログランキング


|

February 24, 2007

滋の本質

滋は、裸になって、司を責め、つくしに嫉妬からの嘘をつき、トコトンやるだけやったから、諦めることができたんだと思うのです。
ありったけの醜い自分を吐き出して、そこで初めて、狂いそうになるくらい好きで好きでたまらない男のために、身を引くことができたんですね。
なりふり構わず突く進むパワーがあるから、それと同じくらい凄いエネルギーを使って必死に、司の立場や想いを慮って、自らを悪者にして、辛い思いをやっとのことで抑えることができるんですね。
ふらふら中途半端な人は、潔く身を引くこともできず、いつまでもグダグダしますもの。

原作では、もっと早く司を諦めて、二人の応援団になったそうですが、私は、そんなことあり得ない!と思っていました。
命がけで愛した人を諦めたのなら、辛くてそばにはいられるはずがないですもの。
ですから、泣き笑いのピースサインを残して、あっという間にNYに飛び立った滋は、まさに私が思った通りの滋でした。

親の敷かれたレールに乗っかった男と結婚しなくてはいけないんだと、人生を半分諦めていた滋が、
道明寺に会い、自分の意志で行動し、玉粋を重ね、めげてもめげても彼の愛を得ようと立ち上がってアタックしていったことで、
自分の足で自分の人生を切り開く女になれた。

そして、恋には破れたけれど、もっと大切な本物の信頼を司から得ることができたと思うのです。
ですから、将来、大河原財閥のトップと、道明寺財閥のトップという、男女を超えた立場で再会した時、新たな滋と司の物語が始まるかも・・・ですね。

滋をこんなに魅力的なキャラに書いてくれた脚本のサタケさんと、
どんな言動をしようとも、滋の魂の美しさという本質を見事に演じた加藤夏希さんに、拍手です。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。


ジャニーズブログランキング


|

February 19, 2007

いまさら『ヴァンテーヌ』

皆様おすすめのヴァンテーヌを見てきました。
特にファンについて書かれたところなど、
今まで私が漠然と感じていたことを、ハッキリと言葉にしただけで、
そんなこと言われなくてもわかっとるわい、フン!だ・・・・・
と思って、バタンと雑誌を閉じて、立ち去りました。
ところが、数歩歩いたら、じわわ~と涙が出てきて、結局戻って買ってしまいました。(苦笑)

写真が素晴らしいですね。
最初のページのアップの目は、簡単には人を寄せつけない、疑いとか不信とか、一筋縄ではいかない怖さが感じられます。
真ん中のページの顎に手をやって横を見ている目と唇は、熟した女性のようなエロにドキッとさせられるし、
最後のページの視線を落としている写真は、
美と知と情が見事なまでにミックスされた究極の1枚のように思います。
知と言っても、インテリジェンスというようななまやさしいものではなく、誰かが斬りつけていったら、その刃をカキーンと跳ね返すほどの頭脳の鋭さが感じられます。
と同時に、自分自身をも含んだ人間の持つ醜さ・弱さに対する共感というような情をも持ち合わせているような、懐の深さも感じられます。

というように、私は、松本潤という人の写真の中に、何かを見いだそうとしますが、
Jiryさんは、彼が私達に問いかけてきているのだと思われるのですね。
ふうむ。逆転の発想ですね。面白いです。
いずれにしても、俳優・アイドルは、どう見えるかが勝負であって、
潤くんが、「どう見える?」と問いかけてきているなら、私たちは、「こう見えるよ」と発信し続けて行くことが大事かもしれませんね。

雪乃さん、きみぺの公式から花男の公式BBSまで、私が思っていることを代弁してくださったように思いました。ありがとうございます。
花男も、回が進むにつれて、様々な年代の様々な想いが、バランス良く載るようになり、ドラマに魅力があれば、おのずと公式の書き込みもそれにふさわしいものになっていくのだと改めて思いますね。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


ジャニーズブログランキング



|

February 17, 2007

7話

面白かった~です。
総次郎の涙もよかったし、
皆がいっぱいいっぱいで必死で・・・
でも、皆が必死だから、それぞれ思うようにはならない。

リターンズは、毎回泣いています。
1の時は、見返し用に、道明寺シーンだけを集めたDVDを作ったけど、
リターンズは、どのシーンも見応えがあって、編集版を作る必要なし(1話を除く)。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

February 16, 2007

タマさん(佐々木すみ江さん)

皆様の分析、凄い!なるほど!と、うなりまくりです。
自分には思いもつかない深い洞察を読むのは、本当に面白いです。

でも、公式のたくさんの書き込みをざっと読むと、若い子達の多くは、つくしと自分を同化して、自分が好きな人とつくしが結ばれるのを望んでいるので、あんなに必死な気がしますね。
井上真央ちゃんには、女の子たちが自分を重ねやすい、特別美人でもないけど親しみやすい魅力があるんでしょうね。

私は、つくしと同化してのめり込むには、歳をくいすぎているし、
いろんな辛い思いや世の中の無常・理不尽を経験しているので、
きみぺのスミレちゃんや滋のような、人間の弱さ・悲しさを体現しているようなキャラに自分を重ねて惹かれてしまいますね。
だからつくしの恋路に都合の良い人を”いい人”、都合の悪い人を”ウザイ人”と言われるのは抵抗を感じます。

ところでタマさん演じる佐々木すみ江さん、カッコイイ!ですね。
ホームドラマのちょっとクセのある年配の女性を演じる人のようなイメージでしたが、
これぞ女優!という迫力と貫禄で、感服してしまいました。
オーバーアクション極まりないんだけど、そうであればあるほど、ハマッテしまうし、つくしを下から見上げているのに、威圧しているという逆転の関係は面白いです。
道明寺のオーバーアクションはファンから見れば、大丈夫?と心配になってしまいますが、第3者から見れば、タマさんのように、オーバーであればあるほど、キャー・すてき!になるんでしょうか?
楓が鉄の女から、普通の女になってしまったので、
タマさんのような、毅然としたキャラが登場すると俄然ドラマが締まりますね。

いよいよ、今夜は7話、楽しみです。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

February 11, 2007

滋と松本潤という人。

つくしは、恋愛に関しては愛されること・優しくされることで喜びを感じる主体性のないタイプ。だから類と司の間で揺れる。
滋は、愛することに喜びを感じて突進するタイプ。
そして、受け身のタイプは反感を受けず、突進するタイプはウザがられるのが世の習わし。

でも、道明寺を理解し、つくしを想う彼をまるごと受け入れ、財閥の跡取りという難しい立場を私なら支えていける、彼のためならどんなことでも我慢できる・・・と、彼を思っての滋の行動なんだよね。
その真情がわかるほど道明寺も大人になってきたから、彼女をハッキリ断れない。

私、滋と松本潤という人にとても共通するものを感じるんですよ。
彼も、雑誌『ヴァンテーヌ』にあるようにファンを理解し、思い、嵐のことを誰よりも考え、より良い作品・コンサートにするために一生懸命。
でも一生懸命な人は、痛くて、ウザがられることを本能的に知っているから、潤くんの言動は、時として露悪的だったりする。
滋は、道明寺を失うことを考えたら、生きている価値がないと思えるほど好きで好きで・・・、でもこんな自分だったら、彼にとって重荷になってしまうから、せめて笑顔で軽い存在でありたいと努めるんだけど、泣き笑いになってしまう。

滋と松本潤、その心情・真の価値を多くの人に理解してもらうのは難しく、だからこそ私にとってはいとおしい存在です。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

February 08, 2007

anan

ananのP20~21のベッドに横たわった姿を見て、
かつての「山口百恵は菩薩である」というフレーズを思い出してしまいました。
あのロシア人の女の子は、ファンだったり、彼を好いている女性達みんなの象徴のような気がするんです。
そういう子を自分の股間に抱えながら、生身の男くささがないの。

あらゆる感情や表情を取り去った後に残ったものは、
すべての女性に対する慈愛のように思えるのです。
だから、あの子は目をつむって、気持ちよく幸せそうに身を預けている。。。

女性の裸体の向こうに伸びた彼の太ももから脚のラインだけが、ほんのちょっと垣間見れるエロさで、
だからこそ、慈しみたくなる芸術品になっていますね。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

February 06, 2007

庇護する・される

赤いダッフルコートの赤は、情熱・恋の応援・幼さ・・・ですか。
なるほどです。
私は、それにプラスして、進に自分の恋心をシンクロさせているので、中学生の進と同じダッフルコートを着せたのかなと思いました。
そして幼さをカバーして道明寺色を出すための、ラメ入りの黒のマフラーかな。

類の静→つくしの心変わりはアリか?という素朴な疑問にたくさんの方が答えてくださって、ありがとうございます。
それぞれ、私には思いつかないこと、原作を知らない私へのヒントなど、なるほど~です。
皆様のお答えを読んでいるうちに、私の知り合いのことをふと思い出してしまいました。
毎年教員採用試験に落ちていて、30歳を過ぎて、長い間付き合っていた年上の仕事バリバリのとてもデキル女性と結婚したんです。
それが、35歳の年齢制限ギリギリで採用試験に受かったら離婚して、今度は大学を出たばかりの可愛らしい新人教師と再婚しちゃったんです。
せっかく花男の夢の世界で盛り上がっているのに、現実の話をしてすみません。
彼のことを思い出したら、今まで庇護されるような立場だった男性が、精神的に成長し、自信を持つようになったとき、
今度は、自分が保護するような対象に惹かれるというのは、あるのかもしれませんね。
この彼や類は、女性との関係は庇護する・されるという縦の関係が心地良いのかもしれません。
道明寺の場合は、母親と財閥のプレッシャーで、鬼畜の自分をもてあましていて、自分に欠けているものを満たしてくれるつくしを本能的に渇望しているのであって、類のような縦の関係では決してありませんね。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

ジャニーズブログランキング


|

February 04, 2007

皆様に質問です。

類がつくしを本気で好き・・・というのが、どうも信じられないんです。
彼の青春を捧げたのは、年上の大人の魅力の静ですよね。
そういう人が、全然タイプも自分との関係性も違うつくしに本気で恋するっていうのが、???なんです。
例えば、東京タワーの耕二は、遙か年上でも同年代の可愛こちゃんでも、あっちはあっち、こっちはこっち・・・というチャラ男だから、全然アリだと思うんです。

でも、類は一途に静を想うようなタイプの男の子。
そういう彼が、可愛いなあと憎からず思っているつくしのピンチを助けたり、相談に乗ったりするのは違和感ないんだけど、
静をあきらめて、つくしに一途になるなんてことがあるんでしょうか?

恋愛経験豊富な皆様。
類のような心変わりって、アリですか?

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

February 03, 2007

ほっこりした回。

今回は、良いドラマだなあとほっこりしました。
道明寺と振られた進にボロボロ泣かされました。
嵐の主題歌が、とってもいい感じにドラマを盛り上げていましたね。
なのに、道明寺が、つくしに意を決して告白したのに、
♪ありがとう~♪と大音量で流れて、セリフにかぶさって、
せっかくのシーンが・・・以下自粛

百合子のファイティングポーズの大笑いしちゃったし、
最後、西田の訪問はビックリだし、
類・司の、劇画チック目力対決は迫力あったし、
司・滋のテンポの良いやりとりも面白いし、
司・進が二人で寝そべっているシーンも男同士が気を許した感があったし。。。

やっぱりいいわ~。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

ジャニーズブログランキング



|

February 01, 2007

百花繚乱

花より男子2、『百花繚乱』という言葉を連想させられます。

主人公の二人を盛り立てるために配された脇役達・・・という感じではなく、それぞれの人物が皆、悩み・迷い・傷つきながらも華やかに存在しているんですよね。
矛盾だらけから、賛否両論だけでなく、解釈の違いも大きいし、観ている人たちの今までの人生次第で、共感する人物が違うし、思い入れが強いだけに、あちこちで、あーだこーだ盛り上がるんでしょうね。

良くできた矛盾のないドラマ・映画だと、評論家の評価は高いかもしれないけれど、猥雑な興奮がない。
ハッキリ言って、花男2は、脚本・筋立てが破綻しまくり。
その代表が道明寺司だけど、松本潤の魔性の目力と、乙女心をとろかすセリフと、オバカな芝居の力わざで、まっいっか!と説得させられてしまう。

花男1で、とりあえず一つの物語として完結してしまったので、
その後は、金持ちは金持ちで大変なんだよ・・・、貧乏だからといって家族仲良く助け合っているわけではないんだよ・・・という負の部分をあぶり出して、それまでの価値観の混乱を引き起こして、さらに興味を引っ張る。

作り手に、おもしろけりゃいいんだよ!というパワフルな開き直りが感じられるし、俳優達も矛盾に悩まず、役をハチャメチャに楽しんでいる感じ。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。


ジャニーズブログランキング

ジャニーズブログランキングです。

|

« January 2007 | Main | March 2007 »