« 表面に見えるものと、その裏にあるもの。 | Main | 百花繚乱 »

January 30, 2007

なぜ松本潤はキスシーンが上手いのか。

ウタワラの最終回、3歳の潤くんがソファでえらそうに寝そべって、お父さんが床に寝そべっている様子、家族の関係性が見えるようで面白かったです・・・っていうか、まるで、うちの次男坊とダンナみたいで笑ってしまいました。
うちの次男坊も俺様だもんね。
でも、小さい時は似たようなものでも、その後は大違い。

最後に行くに従って、潤くん、真面目な面持ちになって、
ソロを歌っている顔は、コンサートでのクジャクが羽を広げて煽っているアイドル松潤とは正反対の、
ごく普通の男の子が緊張して歌っているように見えました。

で、思ったの。
潤くんがキスシーン上手なのは、男としての魅力で相手役の女優さんの自我を崩壊させて、自分の世界に引きずり込む自信があるからでしょうね。
そうやって、自分の意思次第で変幻自在なエロイシーンを創り出せる。
最近の何かの雑誌の質問の、「告白されたことありますか?」に対して、「誰に聞いてるの。僕だよ。」みたいな答え方していましたものね。
そして、自分の芝居にも自信があるから、花男2の4話の巨大テーブルでの高慢御曹司のあの雰囲気・エロさを表現できるんだろうし、ホテルでの童貞芝居も楽しんでいるように見える。

・・・と、松本潤のエロは、自信の発露と私はみましたね。

ウタワラ、終わるとなると寂しいですね。
でも、ドラマ・映画と好調な時に終わるというのは、次のステップのために卒業していく・・・みたいな感じで、終わり方としては良かったのでしょうね。。。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


ジャニーズブログランキング

ジャニーズブログランキング、投票お願いいたします。


|

« 表面に見えるものと、その裏にあるもの。 | Main | 百花繚乱 »