« 怒濤の萌えポイント! | Main | なぜ松本潤はキスシーンが上手いのか。 »

January 28, 2007

表面に見えるものと、その裏にあるもの。

英徳のカフェでの崩壊した道明寺は、
寒~いギャグを飛ばしても、笑いものになっても、
病院に運ばれたつくしの様子を知りたくてのお芝居に近いものがあって、
そんな道明寺の痛さが切ない。

滋は、道明寺に冷たくされ拒否されて、一旦落ち込んでも、明るく元気に振る舞って、好きでたまらない人に立ち向かっていく。
本当の心情と正反対の行動のために、滋の辛さが際立って伝わってきて、これまた切ない。

でも、辛い時に、宇多田ヒカルの大音量のせつないハスキーボイスが流れると、なんだかなあ・・・と思ってしまう。
1の時の『プラネタリウム』は、女の子の心情が可愛らしい音楽となっていて、
泣くつくし、静を想う類、クラブで暴れる司と三者三様な映像に、乙女チックで不釣り合いのような『プラネタリウム』が流れると、
相反する雰囲気がかえって、それぞれの辛い心情に思いをはせるという余白を与えてくれる。

ドラマでも、映画でも、表面に見えるものと、その裏にあるものとのギャップが、奥行きや趣を作り出し、
それをどう受け取るかは、観る側の感性に左右されるんだろうなあと実感する花より男子2です。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 怒濤の萌えポイント! | Main | なぜ松本潤はキスシーンが上手いのか。 »