« 冷徹な母子の瞬間 | Main | 道明寺が一番リアル »

January 25, 2007

本能が求める相手。

滋の出現で、司がつくしを捨てて、滋と結婚しても、いろんな状況を考えれば仕方ないかな・・・と思える雰囲気があったと思うのです。
司がすっかり大人になって、滋との間に子供もできて、道明寺財閥も順調に繁栄し、それなりに幸せな夫婦となって、めでたしめでたし。
つくしは、まだ若かった頃愛したせつない思い出の人・・・という位置づけ。。。
そんな風に大人になった男は、巷にいくらでもいると思うのです。

でも、つくしを諦めなければならなくなった司が、かつての暴力男に戻ってしまったのを見せられて、
司にとってつくしは、本能が求める相手。
理屈ではどうにもならないんだなあと納得させられますね。
この辺のドラマの作りが上手いなあ・・・と感心してしまいました。

<花より男子BBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 冷徹な母子の瞬間 | Main | 道明寺が一番リアル »