« ベストアーティスト♪ | Main | NY・その2 »

December 09, 2006

ミツコ in NY

道明寺楓になるつもりで、意気揚々とニューヨークに行ったのですが、
現実は厳しく、牧野ミツコ in NYでした。

ひとり旅は寂しいし、NYのホテル代はバカ高いので、
日本人だけのドミトリー式とかいう宿にしたんです。
3DKのアパートに、12人分の二段ベッドがあり、洗面・トイレ・シャワーがまとめて1ドアですから、朝なんか特にたいへんです。
はじめは、どうなることか思いましたが、人間って、慣れるんですね。
隙をねらって、12人の中に適応していくし、
急に冷えて、狭い部屋の中で風邪が大流行したのに、私は元気!

混んでいたピザの店は、生焼けだったし、
甘すぎのものに辟易していた私は、健康茶と書かれた緑茶を買ったら、どっぷり砂糖入り。
メトロポリタン美術館のカフェで、これなら甘くないだろうと買ったポテトチップスが、なんと砂糖まぶし。
結局、昔なつかしい日清のインスタントラーメンを、宿の小鍋に作ったのが、最高に美味しかったです。(泣)

メトロポリタン美術館に2日通って、日本のドラマロケが来ていないか聞きまくったけど、誰も知らないって。。。(また泣)

NYの街中を、ここで花男ロケに出会ったら、ビルの陰に隠れて見ようとか悩みながら、無駄にドキドキして歩き回ったけど、
かすりもせず。(涙)

潤くんのいないNYにいても仕方ないと思って、今度は、ボストンに行ったのですが、ここのYWCAの宿は、
風呂・トイレ・洗面が、共同で部屋の外。
シャンプーも石けんもなく、寒空の中、コンビニに買いに行ったし、
ドライヤーもなく、部屋だけは無駄に広い。

でも、人は、本当に誰もが、紳士・淑女でビックリでした。
NYでもボストンでも、誰もが、右も左もわからない私を全身全霊で助けてくれました。

そして、ボストンに向かう駅から日本に戻ってくるまでの間、たまたま話した人たちと話がはずみ、私の魂に刻み込む言葉を何人もの人が残してくれました。
話し込むと、ヒエ~!と驚くバックグランドと、私の根幹にかかわることに関連のある人たちばかりで、
この人たちに出会うために、私はNYに導かれたのでは・・・と、
全くの無宗教の私でも、思ってしまいました。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

« ベストアーティスト♪ | Main | NY・その2 »