« August 2006 | Main | October 2006 »

September 21, 2006

潤くんウチワと共に、うふふ。。。

台湾コンの感想を、ネタバレに書いてきました。

グッズが日本とは違っていたのですが、
私は、グリーンのTシャツと潤くんウチワを買いました。

エクステ潤のうちわでしたが、
最初見た時、微妙~と思ったのに、
よく見ると、柔らかい表情で、こちらを見て微笑んでいるんです。

それで、食事の時は、空席に潤くんが座っているかのごとくウチワを置き、
ビールなどを前に置いて、一緒に飲んでいるかのごとく話しかけるんです。(楽しいよ~ん)

夜は、ホテルのダブルベッドに、潤くんウチワを隣りに置いて眠るんです。
朝起きたら、「おはよう、潤くん」ブッチュ!(アホかも~)

さすがの私も、夕べ、台湾から帰ってきて、
ダンナと息子に、「ありがとうございました。おかげで本当に楽しかったです。」と深々と頭を下げましたよ。
今日になって、留守番の男たちが、次々と体調不良を訴えて、
私がいない間は平気だったのに、帰ってきたら、ほっとして、具合が悪くなったようです。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

台湾コンサート感想

台湾コン、とにかく最高!でした。

シンプルで、ツボをおさせて、メリハリがあって、新旧織り交ぜて、
これぞ嵐の7年!というのを魅せてくれました。

私にとっての最高は、『感謝カンゲキ雨嵐』でした。
病気のことで辛かった時、何十回も聴いて、そのたびに涙し、
私の個人ブログのタイトルにもなっている歌詞。
♪余裕をなくして知らずに傷つけたかい。許して許されると人は素直だね♪
私の心を揺さぶり、何度も勇気づけてくれたこの歌に、
個人的にとても意味のある台湾で、中国語の歌詞をつけて、
「最後にこの歌を皆さんに贈ります」と言って、
最初は、潤くんと大野くんで、静かに心を込めて中国語で歌いはじめ、
次第に合唱となり、
日本語で大きなうねりとなって、
私は、ウチワを振って、涙をボロボロ流しながら、
♪SMILE AGAIN~何度でも立ち上がれる気がしている、僕の勇気は泉~・・・♪と、
力の限り大きな声で、繰り返し繰り返し歌っていました。(←信じられない人がたくさんいると思いますが。。。)
ムービングステージが、バックステージから次第にメインステージへと移動しながら、どんどん遠くなっていくんだけれど、
反比例するかのごとく、音量はどんどん上がり、スケールの大きなダイナミックな盛り上がりになって行くんです。
それが『Hero』へと続き、私は全身全霊で、涙と声を出し続けました。

それから、2年ぶりで見た、大ちゃんの『TOP SECRET』、素晴らしかったです!
これがあるから、嵐コンが引き締まるし、レベルがぐ~んと上がるんだと思いました。
ただ、センター席からは、下半身が見えなくて、
次回からは、センターステージを高く上げて、そこで踊って欲しいと思いました。

『La tormenta』、
今まで、私はこの曲の良さがあまりわからなかったのですが、
今回は、素晴らしく良かったです。
まず、潤くんと翔くんが、ARASHICコンのオープニングで着たピンクのスーツで、
メインステージに、ツートップのように、ガシッと力強く立つんです。
そして、潤くんの腰を安定させた上で、両脚を交互に前に上げる踊り。今まで、こういうのを見たことがなくて、ものすごく格好良かったです。ふう~。

『Blue』は、会場が真っ暗になって、星空のようにライトが煌めいて、
そこに高く上げられたゴンドラ2個に分かれて、DAYSの時の白のひらひらブラウスで生で歌うんです。美しさにためいきでした。

星フリのアンケートで、何人かの方が書かれていましたように、迷彩服がなくなって、『Tell me・・・』が、紫のバンダナ服になって、ニノではなくJrの子のギターソロになって、潤くんがほとんど絡まなかったのが残念でしたが、
『Carnival night』が、ピンクスーツになって、華やかな曲にマッチしていたと思います。

1日目よりも2日目の方が、通訳の人との疎通もずっとうまく言っていて、MCもなかなか楽しかったです。
日本よりも短くなってしまったのは仕方ないですね。

花道がぐるりと全周していて、嵐メンがアンコールでお手振りをしながらゆっくりまわると、
台湾のファンが、命の限り・・・と表現したいほど手を一斉に振って、
私の後ろ子は、耳をつんざく声で、「再見~!再見~!」と叫ぶんです。
どれだけ、嵐が、台湾のファンに求められているか、胸が痛いほどわかりました。

そして、嵐のメンバーは、その台湾のファンに対して、
誠心誠意応えようとしているのがよくわかり、
本当に、気持ちが良くて、感動的なコンサートでした。

嵐・最高!
台湾ファン・最高!
みんなみんなありがとう~!
と、心の底から叫ばずにはいられませんでした。

<コンサートネタバレBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

最高!の台湾旅行でした。

台湾から夕べ遅く戻ってきました。

台湾コン、最高!(ネタバレに感想を書きますので、お待ちくださいませ)
台湾旅行、ウルトラ最高!でした。

嵐がコンサートをやらなければ、絶対に行くことはなかったであろう台湾でしたが、私の人生の分岐点になるかもしれないほど、大きな意義のあった旅行でした。

いろんな人に会いました。
大学の後輩で、その後ソルボンヌを出て、台湾の大学で教えていた友達は、
香港人のコックさんと結婚して、大繁盛の広東料理店をやっていました。
同居して、一緒に働いているお姑さんは、父親を日本の731部隊に殺され、お嫁さんが日本人であることをお店でもひた隠しにさせ、
私にはニッコリしても、彼女にはキツイ顔を見せていました。
でも、彼女にゾッコン惚れまくっているオーラのご主人が作る、おかゆや焼きそばは絶品で、
妊娠5ヶ月の彼女は、「お金を儲けて何が悪い!」と、逞しく変貌していました。
その彼女と一緒に、世界一高い101タワーの展望台で、台北の美しい夜景を見下ろしながら、
これまでのお互いの過去、信念、夢などを語らい、本当に心躍る濃密な時間を過ごしました。

列車で片道4時間の台南にも行きました。
かつての潤クンファンで、私のメル友だった時の彼女は、医学部に入る勉強をしていました。
でも、今回初めて会った彼女は、親が学費を出せなくて、働いて欲しいと言われ、保険会社で働いていました。
すべての人をハッピーにするために生きていると思われるほど、愛情を振りまき、
会社の同僚の男の人と一緒に、台湾の京都と言われる台南をめいっぱい、車で案内してくれて、
最後、駅で別れるとき、ハグして、「今日を絶対忘れない」と言ってくれました。

そんな彼女と同僚の男性でしたが、ちょっと政治的な話になった途端、険悪な雰囲気になり、
強い主義主張があるわけではないけれど、そういう話題を避けないと楽しく一緒に過ごせない現実を目の当たりにしました。

台南への列車を待っていた台北駅でのホームの反対側には、
『台北市役男入営専用車』という紙が貼られた車両に、
若くてカッコイイ私服の男の子たちが次々と乗り込み、
ホームには、女の子や両親などが、泣いたり手を振ったりしていました。
20歳の男子全員の16ヶ月の兵役に出発する列車でした。

総統退陣要求の赤Tシャツと、支持派のグリーンTシャツのデモの最中でしたが、
台北駅前の広場の赤Tシャツの集会の大音量のスピーカーから、
突然、「あらし」という日本語が聞こえてきて、いったい何だったのだろうと、台湾人の潤友達に聞いたら、
「たぶん、コンサートで背中に大きく”嵐”と書いた台湾ファンの赤Tシャツを着た人がいたのではないか」ということでした。
ちなみに、コンサートグッズのTシャツは緑でした。

潤くんが最近のAJSで言っていたTV『プロフェッショナル』の言葉、「自分がやらなきゃわからない人」は、まさに私なもので、
今回台湾に行って、実際見て、経験して、肌で感じて、はじめてやっと何かが少しわかったんだなあと思います。

そして、こういう経験が無意識の中にすり込まれていって、
まったく別のことにも勘が働いて、「人がやっているのを見て、自分はそれをやっちゃいけない」という判断ができるということもあるんだろうなあと思いますね。

その他、台湾では、あまりに多くの、密度の濃い思いをさせてもらって、
嵐ファンであったおかげと、本当に感謝しています。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

September 13, 2006

淫靡な色気

今日のニュースで、マドンナのモスクワ公演、神への冒涜だとする抗議行動の様子が報道されていましたね。
そういう彼女をカッコイイと、あんなにファン丸出しな潤くん。
安全な道を歩いている人に、色気は感じないでしょうね。
そして、WinkUp誌で、色気を「暗いもの」と言って、「マドンナやカトリーヌドヌーブのような大人の女性の歩んで来た道に色気を感じる」と言う彼。
こういう大人の女の、命の崩れゆく淫靡さに、えも言われぬ色気を感じるのでしょうね。

それを突き詰めて行けば、ニノの「死にそうな人に色気がある」になるのでしょうか。
生命の冒涜ともとられそうなこの発言、
死の何たるかを知らない、脳天気な若者ではなく、
硫黄島という、太平洋戦争の最も悲惨な戦場だったとも言われる、生と死の極限状態の映画を撮ってきたニノが言う。
凡人には口にすることを躊躇する感性を発する彼は、
一般人には理解しがたい天才に思える。

私がよく感じる、嵐の健全さとは、
ニノのような危うい天才にも、潤くんのような女心の機微を知り尽くしているエロ番長にも、5分の一ずつの居場所がちゃんとあること。
私が思う不健全とは、単一色に塗り込められたものだから。。。

アンケート集計、(1)~(4)をUPしています。

<星フリメインBBS><アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

September 11, 2006

きみぺ2の可能性

きみぺ話をきっかけに、久々の方々の登場、とてもうれしいです。

私も、潤くんがまたモモをやる可能性は、ゼロではないと思いますよ。
今のところ、そういう話がないし、別の仕事・興味でいっぱいのため、
モモは彼の頭の中にはいないかもしれませんが、
韓国で、きみぺがドラマ化されるというニュースもあり、
それをきっかけに、きみぺ続編制作・・・なんていう話が出てくるかもしれません。

いざ、仕事となったら、新たなモモの創造に全力で取り組むでしょうし、
僕妹で高校生をやっているんですから、
客観的にモモはもう無理とは言えないと思うんですよ。

ただ、潤くんの場合、
観るものを驚かすほどの、新鮮な役作りは素晴らしいと思うのですが、
同じキャラを、同じように演じる・・・というのは、
沢田慎の本編とSPとの違いからもわかるように、難しいと思うんですよね。

それにしても、イベントで、質問コーナーがあるのはいいですよね。
雑誌やラジオだと、吟味された質問と、その答えですが、
イベントだと、仮に「ノーコメント」と答えたとしても、
とっさの、生の反応や空気が感じられるし、
その後で、今回のようにBBSで、あれこれ検討するのも面白いですものね。

ところで、夏コンのアンケート、今日9月11日(月)が締め切りですが、
明日から集計を始めますので、
今夜中の回答、OKです。
アジアでのコンサートや、今後の日本での公演に参考になるように、
よろしくお願いいたします。

<星フリメインBBS><アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

September 05, 2006

C1000タケダ・イベント

昨夜、東京のC1000イベントに参加できるという、本当にありがたいチャンスをいただきました。

嵐5人が私服っぽいいでたちでステージ中央に立った時、私は、エ~?!とビックリしましたよ。
真ん中の潤くんだけが、アイドルオーラがなくて、
がっつり逞しいスタッフオーラだったんです。
麗しいお姿で、ニコニコしているのに、
他の可愛らしい4人とは全く違って、演出家なんかが、舞台中央で、デンと脚踏ん張って立っている気がしたんです。

そしたら、このイベントは、嵐が全部考えて仕切ってやる・・・ということだと発表されて、
結局、潤くんが、何から何まで取り仕切ったイベントになりました。

その潤くんの印象。

<とにかく公平であろうとする。>
<言葉遣いが丁寧>
<逞しく賢い・出来る男>でした。

ステージ上に座ったファンの子達も良く見えるように、一人だけ後ろを向いて、振り付けを教えたり、椅子から離れて、ステージ上に座らせたり、同じように楽しめるようにという気遣いが素晴らしい。
何でもジャンケンで決めて、自分でも「ジャンケンが一番公平なんだよ」とか言っていましたね。

5人でCMを作ったんだけど、
ニノのC1000を1000個並べ、しかも、1本ずつ一気飲みしてそのたびに、C2000、C3000・・・と言っていくCMは、あまりの発想の飛びっぷりに、ニノの底知れぬ才能に腰抜かしてしまいました。
5人の誰のが一番良かったのか、客席に問うのかと思ったら、
潤クンが、「ニノのが一番だね」とあっさり認めてしまって、自分にとらわれない客観性を持っている人なんだなあと思いました。

今回は、ファンの為のイベントということで、全員にアオゾラペダルとカーニバルナイトの振り付けを教えてくれたのですが、
とても丁寧に、ファンをすごく尊重するやり方で、私には難しすぎたけど、とても気持ちの良いものでした。

嵐の代わりにステージで歌って踊りたいファンとジャンケンして、
1階席、2階席、ステージ上の席の人たちと分けて、
それぞれ10人くらいずつ、合計30人くらいかな、ステージに上がって、最終決定の為のジャンケンをしたんですが、ファンの一人一人に、丁寧で優しくて、言葉遣いが丁寧でしたね。

ですから、そういう潤くんや嵐メンバー達と、壇上のファンとのやりとりがとてもほのぼのしていい感じで、自分のことのようにうれしかったです。

潤くんが「やりたくない人にやってもらうのもなんだから、やりたい人、手を挙げて~!」と、最初に言ったのも、公平性の一つだと思いました。
公平性を貫くことで、皆が気持ちよくいられるんだなあと、改めて思いました。

その間、潤くんは、しょっちゅうステージの袖のところのスタッフのところに行き、何かを話し、
また、嵐メンの耳元で何かを伝え、
ファンに渡すプレゼントにまでいちいち気配りをし、
終了もジャスト21:00。

2時間のイベントの後半40分のライブが始める前、
どこの会場かわかりませんが(エクステなしでした)、コンサートが始まる直前の映像が2分くらい流れました。
円陣を組んでのかけ声、そして、一人気持ちを静めて集中するかのごとくの顔で、首を回している姿が、胸ドッキュンでした。

ライブの衣装は、夏コンの最初のピンクのスーツのみでした。
シングル曲がほとんどでしたが、
ステージから横にせり出した花道のようなところで、美しいお顔が良く見えました。
今度は、アイドルとして、客を煽って、いつものステージの潤クンでした。

今回は、仕事人としての潤クンの素顔に近いものを見せてもらえたようで、新たな発見があり、本当に感謝です。

去年の4月からミンテレ(ウタワラの前の番組)の司会が決まった時、
潤くんには、とてもふさわしい仕事とは思えませんでしたが、
昨日の取り仕切りぶりを見ると、適職!と思いました。
彼の頭の中には、あらゆることが網の目のように張り巡らされていて、
それを臨機応変に取り出して、指示しているのでしょうか。
とにかく、凄い!です。

<コンサートネタバレBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

September 03, 2006

【2006年夏、ARASHICコンサート】のアンケートに回答します。

(1)総合的満足度
4.1

(2)何回参加しましたか。
    横浜前半1回、福井2回、横浜後半2回

(3)初の嵐コンサート参加はいつですか?
    ・2003年夏(HOW’S IT GOING?)
    
(4)総合的パフォーマンスBEST5
1.I want somebody
2.CARNIVAL NIGHT part2
3.Tell me
4.Love parade
5.Yes No

(5)衣裳BEST5
1.紫のターバン
2.豹柄のロングコート

(8)今回の”ARASHIC”コンサートの良かった点
      ・うらあらしの即興で答えるのが、毎回とても面白かった。
      ・潤くんの男くさいエロさが前面に出てた。

(9)今回の”ARASHIC”コンサートの良くなかった点
      ・1日3回公演のせいか、ゆったり余裕を持って、コンサートを楽しめなかった。
      ・たくさんんの曲を詰め込んでいるのに、似たような曲、パフォーマンスが続き、メリハリがなかった。
・大宮SK、最後まで、何をやっているのかわからなかった。
      ・I want somebody以外の各メンバーをフィーチャーした曲、区別がつかないというか印象に残っていないのです。ソロとして歌って踊った方が印象に残ったと思います。

(12)パンフレットについての感想・ご意見をお願いします。
      嵐メンのインタビューが、皆、読み応えがあって、こんなに綺麗な魂と素晴らしい頭脳を持った子達が、あんなオバカなMCをやったり、華麗に歌い踊っているのだという予備知識を持てて、コンサートそのものの深みを感じることができて良かったと思う。

(14)言葉の通じない台湾・タイ・韓国で、嵐のコンサートの良さをアピールするためのポイントや提案。
     ・日本国内のうらあらしの中で、わかりやすく面白かったものの録画を字幕付きでスクリーンに映して楽しんでもらう。
     ・字幕付きの映像の多用と、ライブとのコンビネーションで、バラエティに富んだコンサートにしたらいいと思います。
     ・BLUEやDAYSのようなスローバラードを入れて、メリハリをつけることで、言葉がわからなくても飽きないようにする。
     ・一日1公演ですから、ファンサービスにたっぷり時間を使ったら、ファンは幸せだと思います。

(15)その他、ご自由にお書きください。
     ・一日3公演で、3公演目に潤くんが、例えばCARNIVAL NIGHT part2の踊りで、手も脚も半分くらいしか上がっていなくて、疲れ果てているのがハッキリわかって、見ていて辛かった。
公演数を増やすより、プロとしての技量をちゃんと見せられる状態にすべきだと思います。
     ・集まったファンを幸せにするんだ!という心意気が伝わって、頭が下がりました。

<アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

September 01, 2006

幸せをありがとう!(オーラス)

オーラス参加できたこと、しみじみと幸せを感じています。
『旅立ちの朝』が終わって、客電がついて、規制退場のアナウンスがあっても、席を立ちたくなくて。。。
それは、アンコールをさらに求めてではまったくなくて、
幸せの余韻をまだまだじっくり感じていたくて、動きたくなかったのです。
こんなことって初めてでした。
キャピキャピした楽しさではなく、全身にじわ~としみわたる余韻。

それは、嵐5人が、15000人のファンを喜ばせるために、誠心誠意、あらん限りの力を振り絞って、尽くしてくれたからだと思うのです。

大ちゃんの、どうしちゃったの?というくらいのうらあらしでのハッチャケぶり。
翔くんのアジア進出を、出兵に例えた力強い覚悟。
そして、潤くんのいつ終わるかもわからないような最後の挨拶。
長いんだけど、一言一言が、ファンを想う真心に溢れ、涙が出てきました。
「ファンの笑顔を見たい」ようなことを言っていたんだけど、やっぱり・・・と思いました。
ファンを幸せにして、その笑顔を見ることが彼の幸せなんだね・・・って。

潤くんが最後の曲紹介を間違えて、グダグダしちゃったけど、
その予定調和でないところに、今回のオーラスの素晴らしさがあった気がするんです。
何が飛び出してくるかわからないけど、何が起こってもそれを楽しさに変えるんだという、嵐とファンの信頼感。
お互いが、抱きしめあうような温かい雰囲気が会場全体を覆い、なんて素晴らしいグループなんだろう・・・って、頭が下がりました。

こんな嵐がアジア他国でコンサートを行う。
日本にはこんな素晴らしいエンターティナーがいるんだよ!て、胸を張って、誇らしく思います。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

ARASHICコンサートのアンケート開始

今年の夏コンも終わり、脱力状態の方も多いことと思いますが、
早速、アンケートを開始いたします。

今回の目玉は、

(14)言葉の通じない台湾・タイ・韓国で、嵐のコンサートの良さをアピールするためのポイントや提案。

ですし、このアンケート結果が、アジア他国でのコンサートに少しでも役立ててもらうために、
申し訳ありませんが、締め切りを9月11日(月)と早めに設定いたしました。

書きたい項目だけ、気楽に書いていただければ結構ですので、よろしくお願いいたします。

<アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html

|

« August 2006 | Main | October 2006 »