« 福井・金沢・相葉ちゃん | Main | 松潤・道明寺の顔は重い! »

August 17, 2006

福井公演

福井公演、2部は、なんと初のスケステ下でした。

真っ正面から、潤くんを真ん中に踊る5人が、ズンズン迫ってきたときの興奮は忘れられません。
だって、ああいう感覚って、生まれて初めてですもの。

そして、スケステが頭上を通り過ぎ、イナバウワーで見送り、反転して、センターステージ上の彼らを観る・・・でした。
そこにいたり、踊っている潤くんは、あまりに真剣な顔つき・目つきで、思わず目をそらしてしまいました。
もったいないけど、いざ目の前にすると、そんなものかもしれないです。

I want somebodyを踊っているときは、スケステが、上下にドンドン揺れて、踊りの迫力がすごいと思うべきか、スケステがヤワだと思うべきか・・・でした。
そして、真っ正面で踊っている相葉ちゃんの汗が、私の額にボタッと落ちて、
でも、その隣りで踊っている潤くんも、細かい汗が動きと共に綺麗に飛び散っていて、
わあ、あの汗が私に降りかかったとき、
今、額に乗っかっている相葉ちゃんの玉のような汗のために、
潤くんの細かい汗が感じられなかったら一大事と思い、
相葉ちゃんの汗を手でぬぐい取らせていただきました。(ごめんなさい。相葉ちゃんファンの方々)
結局、潤くんの汗が私に降りかかることはなく、
その後に、翔くんがペットボトルからまいた水が、バッチリとかかってしまっただけでした。(涙)

MCで印象に残ったのは、DUETの読者投票で、
潤くんが、怖いジャニーズの5位に選ばれていたけど、
ジャニーズ的には1位だね・・・とか、翔くんやニノに言われていたことです。
キレる・・・とかネタにされている部分と、
本当の意味での怖さと両方あるのではないかと私は思いました。

本当の意味の怖さとは、スケステを実現させるような実力とか、
ジャニーズのコンサート・舞台はほとんど観ていて、それに対するコメントに説得力があるとか、
坂本龍一さん、勘三郎さん、蜷川さんなど、世界的な人たちとツーカーの交流があるとか、
ジャニーズ内で、ひと声かければ、ノーボーダーのようなグループを作れてしまうとか、
22歳にして、ジャニーズ内で有無を言わせない力を持ちつつあるということに対する怖さも含まれるのかなと思ったりしました。

でも、相葉ちゃんに対して、「ぶっ○す」とか言うのは、コンサートという公の場で言うのは、やめた方がいいと思います。
会場にいた人たちはノリで済ませられても、
ネットで翻訳されて海外に伝わった時、あまりに直接的な表現で、弁解の余地がなくなってしまうと思うのです。
こんなことで揚げ足をとられたら、もったいなさ過ぎます。

<コンサートネタバレBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 福井・金沢・相葉ちゃん | Main | 松潤・道明寺の顔は重い! »