« アンケートされました。 | Main | 嵐コン・23日3部 »

July 25, 2006

松本潤・嵐は、救世主か。

メシア(救世主)、言われてみれば、そうかもしれないですね。

ファンの一人一人、いろんな事情を抱えて、辛いこともたくさんあって、でも、そんな時、潤くんや嵐の存在に救われている・・・というようなメールが、
AJSとかに、たくさん届いていると思うのです。
人には言えない、でも潤くんなら、わかってくれるのではないか・・・という懐の深さを感じさせる人なんですよね。

そういうファンの一人一人の思いに応えることはできないけれど、コンサートのつかの間の時間だけでも、幸せな気持ちにしてあげたい・・・
それが、彼のコンサートにかける原動力であり、ファンサービスの源のような気がします。

23日3部に今年の嵐コン初参加でしたが、
アンコールの時の、満足しきった晴れ晴れした、スクリーンに何度も映し出された笑顔が忘れられません。
今年最初の3回公演、脚をつらせながらもやり切り、満場のファンの幸せに満ちた顔と声援の中で、彼も、幸福の絶頂にいたのでしょうか。

潤くんも嵐も決して魂のない偶像ではなく、
繊細な感受性を持ち、コンサートを、音楽を自分達の手で創り出すんだという気概を持って、あの場に立つからこそ、価値があるのだと思うのです。

そして、完璧なスターではなく、いろんな欠点も未熟なところもありながら、ファンを幸せな気持ちにするために努力し、
MCでは自然体で存在する彼らに、
ファンが声をからして声援を送ることで、さらに救世主としての存在を強力なものにしているのかもしれませんね。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« アンケートされました。 | Main | 嵐コン・23日3部 »