« 信じられない?! | Main | 久々のENJOY更新 »

June 07, 2006

短くても中身で勝負!

1日、3公演と聞いて、夕べは怒り狂ったけど、
この事実を変えられないなら、考え方を変えないといけないわけで。。。

去年は、アルバム発売が、コンサート開始した後・・・に延期されて、今までになかったパターンだったから、
あの時も、怒り狂いましたね。

でも結果的に、アルバム曲を知らない人たちにも楽しんでもらえるコンサート作りに苦心したようで、
代々木の前半の、潤くんの力の入れようは、目を見張るものがありました。
特にダンスの動きの大きさには感動しました。

潤くんは逆境にあればあるほど、
それをプラスにすることに意欲を燃やすタイプのようですね。
あのスケステ(ジャニーズ・ムービング・ステージ)も、そういう中から、考えに考えて思い浮かんだアイディアなのでしょう。
アイディアを形にする実行力も凄い!と思います。

大都市での1日3公演が5日もあるということは、
3公演やってもOKなコンサート作りということになるわけで、
もしかしたら、今までの嵐コンとは違う新たな作戦を考えているのかもしれません。
短いけど、中身の濃い・質の高いものを目指すのでしょうか?

嵐コンに初めて行ってビックリしたのが、間近にきてのファンサービスのすごさでした。
ファンは、好きな人が少しでも近くに来てくれて、手を振ってくれたりすることに無上の喜びを感じて、
そのことで一喜一憂するのが、嵐コンの大きな楽しみの一つなわけです。
でも、その間の音楽は、BGM的になってしまって、それが延々と続くわけですよね。
その辺を削って、歌や踊りだけでファンに楽しんでもらおうとするのでしょうか?

それから、アンコールが、1回、2回、3回、4回と、その時によって違いますよね。
そうすると、コンサート自体よりも、アンコールの回数で、そのコンサートが盛り上がったかどうかを判断する傾向にあって、それって、どうなの?と思っていました。
アンコールの回数を減らして、中身で勝負!ということでしょうか?

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 信じられない?! | Main | 久々のENJOY更新 »