« May 2006 | Main | July 2006 »

June 28, 2006

愛は育てるもの? 

ポポロで潤くんに、「愛とは育てるもの。 
僕や嵐を応援してくれる人は、僕らを育てていかなきゃいけない」とか、
こういうことを、正面切って言われると、
あまのじゃくな私は、イラっというか、ムカっときたりするんですよね。
以前の、「ファンと僕とは相思相愛」とかも、ニコッと言われると、ケッと思うんですよ。
相思相愛たって、
私が1とすれば、潤くんなんて、たぶんその百万分の一くらいの愛もないわけで。。。涙。。。(仕事で楽しませてくれている・・・とかいう話はこの際ナシにして)

それより、私達とは別世界で、神のごとく、或いは悪魔のごとく存在して、
ファン? ケッ!っつうオーラを全開して、
そんな潤くんに、身も心もズタズタにされながらも、愛しく思うことをやめられない・・・なんていう、ドMの世界がいいなあ・・・なんて思うわけですよ~。

ところで、ウタワラの女ののど自慢の司会ですか?
昔、桂小金治さんとかやっていましたよね。
不幸自慢の女ののど自慢。
それを、22歳のアイドル潤くんが、酸いも甘いも知ってしまった恋愛経験豊富な男性として、
辛い女性の恋愛体験に、温かく優しい視線を注いで受け入れるという、今までにないパターンで、
こんなこと、潤くんにしかできないよなあ・・・と、変に感心して見ていたり。。。

まあ、いろんな松本潤にムカついたり、癒されたり、ドキドキしたり、
日々翻弄されている・・・ということですなあ。。。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

June 25, 2006

きみぺのメインテーマ。

きみぺの再放送で、放送当時物議をかもした最終回を久々に見て、びっくりしました。

何の疑問もなく、すっきり理解したんです。

放送当時から物議をかもしたのは、
(1)やってしまったのに、翌朝にいなくなるスミレちゃんは、あんまりだ。
(2)ハスミくんの、川底の石ころって何?
(3)ハスミくんの、「僕も謝らないよ、うそついたこと。」って、どういう意図?
(4)ドイツに行くべきだったのに。
(5)最後のカウンセリングの場面はいらない。

・・・などなどたくさんありましたね。

で、今回かなり客観的に観れて、感じたこと・わかったことは、
スミレちゃんにとって、モモはあくまでペットであって、現実の男ではなかった。
モモはスミレちゃんに恋していて、9話の終わりで告白して、その勢いでやっちゃったけど、
ペットとやってしまったとしか思えないスミレちゃんは、
混乱して、逃げ出さざるをえなかった。

ハスミくんとモモの対決は、まさしく心理戦で、
ガキで、自分よりずっと下の人間としか思っていなかったモモが(だって、スミレのペットなんですもの)、ライナスの毛布などという小難しいことを言って自分に挑んでくるものだから、
ハスミくんも、それに負けまいと、川底の石ころなどという哲学的なことを言って、おまえなんかにはわからないだろ・・・と、優位に立とうとしたんだなと思います。

そして、スミレは、モモを男性と見ていないので、
大好きで尊敬している恋愛・結婚対象の男性であるハスミくんに、「ずっと好きでいてもいいですか?」と平気で言える。

ハスミくんは、それを断り、スミレに別れを告げるが、その直前にモモには、スミレと別れるつもりがないと言っている。
でも、モモも嘘をついたことを謝らないと言っているので、またしてもモモと対抗して、嘘をついたことを謝らないと言う。

この辺は、スミレを巡っての、男の意地の張り合いで、とても面白いです。

そして、きみぺのメインテーマは、
最後のカウンセリングの場面でスミレが言った、
「いつもそばにいて心地いいなら、それで十分。」
だと、久々に観て気がつきました。
そういう人と出会うことが奇跡であって、それに勝るものはないんだということが、脚本の大森美香さんの言いたかったことなんだろうなあと思いました。
ですから、ドイツに行くより、スミレとの生活の方が、ずっと価値あることなんだと強調することが、キミペのテーマに添った終わり方だったのでしょう。
ですから、モモが帰ってきたところでドラマを終わらせて、視聴者にその後を想像させるだけの終わり方の方が、余韻を楽しめてよかったのかもしれないけれど、
大森さんは、カウンセリングの場面を入れて、何故ドイツに行かせなかったかを、視聴者にハッキリ伝えたかったのでしょう。

・・・と、私なりにびっくりするくらいスッキリ解決してしまいました。

ところで、3年前の潤くんのモモのビジュアルは、
男なのに男でもなく、日本人なのに日本人っぽくなく、現実にはとてもいなさそうな存在で、
あの目が異次元に私達を吸い込んでいきそうで、
ヤバイです。
一番やばかったのが、あの上半身裸。
3年前は、ただ細い~!と思ったのに、
今回見たら、乳首は綺麗なピンクだし、白くて柔らかなカーブでできたラインだし、異常に細いウェストで、とても男性の身体に見えないんですよ。
こういうイタイケな男の子に魅了されてしまうって、やばくないですか・・・と、アタフタ・ドキドキしてしまいました。

3年経って、男っぽくなった潤くんを知ってしまった私には、
モモの繊細なビジュアルは、好き!と簡単に言えない危なさがありますね。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

June 22, 2006

アホ嵐&きみぺ9話

夕べのG嵐、あまりのくだらなさ・アホさ加減に、
感心しまくりでしたよ。

本当のアホは、アホなことができない・・・というのが、私の持論で、
嵐は、皆それぞれ賢いから、あんなアホなことを嬉々としてできるんだなあ・・・としみじみ思いましたよ。

そして、きみぺ9話。
本当に久々に1話を見て、その後見ていなくて、
今日の9話を見ました。
放送当時は、小雪さんとの対等のラブストーリーとして夢中で観ていたのに、
今日観たら、まさに飼い主とペットという関係に見えたのがビックリでした。
そして、放送当時は、武志とモモを行ったりきたりして、ブラックな武志が時々見えるのが面白かったのに、
今日観たら、合田武志という普通の男の子が、スミレちゃんのために一生懸命モモを演じていたんだと見え、
涙の出ないお姫様の話が、合田武志から見たモモのストーリーとして、ものすごく説得力があって、
なんて凄い、素晴らしいドラマなんだ!と、
客観視できるようになって、改めてビックリしました。

そして、モモがペットに思えるようになった理由のひとつは、話し方ですね。
あの、ちょっと甘えたようなさりげなく可愛いしゃべり方が、ペットらしさを表していたんだと、今日気がつきました。
普段の潤くんの話し方を知ってしまっているので、
モモの話し方は、とっても工夫したんだなあとわかりました。

そして、スミレちゃんの葛藤も、モモの葛藤も、手に取るようにわかって、
共演者も皆、素晴らしくて、
なんてワンダフォー!なドラマなんだと、感心しまくりでした。


|

June 21, 2006

ファンでない友達の少クラ・インタビューの感想。

まったくファンでない友達に、先日の少クラのインタビュー見てもらいました。

「いつのまにあんないい男になったの?!びっくり。
髪形もいいし自分を魅力的にみせる術を身につけたね。嵐でアイドルしてたのが吐くほどのプレッシャーのオファーがきて、受けてチャレンジをするようになったんだね。いいなあ。
松潤みたいな新しいことにチャレンジし続ける人のファンになったら、こちらものーのーとしてられない刺激を受けるし・・・」

というようなメールをもらったので、「BBSに書いてもいい?」と聞いたら、「多少の嫉妬はあるけど、いいよ」って。

私は、あのインタビューを見て、
22歳にして、とんでもなく大人の男になってしまったという点で、サッカーの中田英寿選手を連想してしまいました。
状況が違うから一概に比較できないけれど、
中田選手は、試合やチームを語り、
潤くんは、自分を語るという相違点があるような気がするんです。
そして潤くんは、責任を自分に鋭く向ける傾向があって、
それが、ニノの言うところの、「ガラスのはかなさ壊れやすさ」に繋がるような気がします。

『白夜の女騎士』のアンケート、AJSとコクーンに送りました。
一部、集計もしました。
舞台ですので、限られて人しか観れませんが、それでも、花男の45人に続く、43人の回答があって、多くの人の心に強く響くものがあったのでしょうね。
ご協力、ありがとうございました。
http://www5.rocketbbs.com/151/matsujun.html

<星フリメインBBS・アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

June 19, 2006

少年倶楽部プレミアムのインタビュー

少年倶楽部プレミアムの潤くんのインタビュー、
ただ素直に、自分の気持ちを静かに伝えただけだったのが、まさに彼の真実を私たちに教えてくれたようで、
圧倒されて、言葉もありませんでした。

そして、少し時間が経って思うのです。
凄いストレスや不安は、多くの人にあるはずだし、それを口にする人も多いでしょう。
人間って、すごいストレスにさらされると、自分をだまして、適当なところで折り合いをつけて、
自分の精神が壊れるのを防ごうとすると思うの。

でも、潤くんの凄いところは、自分を守るよりも、
壊してでも、新たな自分の創造に突き進んでいき、素晴らしい結果を生み出すところ。

あのインタビューは、声が出なくなる前のものですよね。
もしかして、突然声が出なくなったのは、ストレスによるものだったのでしょうか。。。

でも、その後、復活どころか、さらに大きく力強くはばたいていったパワーは、どこから出てくるものなのか?
「死んじゃいそうだよ」と言われながら、
何故、松本潤は、不死鳥のように立ち上がり、多くの人々を驚かせる結果を生み出せるのか?

その謎が知りたい。

そして、そういう誰も持っていない能力を持っているから、
大きな作品ごとに、新鮮で、斬新な、新たな人物像を創り出すことができるんでしょうね。。。

多くの方の、『白夜の女騎士』のアンケートへの回答、ありがとうございます。
今夜のインタビューなどを聞くと、何も言えなくなってしまうなあと思いながらも、
ファンはファンで、できることをするのが、潤くんの頑張りに応えることにもなると思うので、アンケートを実施してよかったと思っています。
何故、潤くんがどんなにストレスにさらされても逃げずに立ち向かっていけるかの理由の一つは、いろんな事情がありながらも、必死に観に行くファンの存在があると思うのです。
このアンケートは、AJSのみならず、コクーンへも知らせようと思いますから、蜷川さんにも読んでもらえるかもしれません。
松本潤には、こんなに素晴らしいファンがついているんだよ・・・と、誇りを持って見てもらえると思っています。

<星フリメインBBS、アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

一筋縄ではいかない族

6月17日(土) 2時12分
『白夜の女騎士』のアンケート、締め切りを6月18日(日)に延期しましたので、よろしくお願いします。
皆様の回答を読んでいると、歯ごたえ・噛みごたえがありますねえ。。。
ファンも好きなタレントに似てくるのか、似ているからファンになるのか、
あんきも族なだけでなく、一筋縄ではいかない族だなあというのが、アンケートを読んでの感想で、凄く面白いです。

|

June 14, 2006

あん肝6+『白夜の女騎士』アンケート締め切り18日(日)に延期。

まさか、あん肝でこんなに繋がるとは思ってもみませんでした。
でも、あん肝の書き込みをした後で、
一昨年の、『嵐の技あり』での、あんこう漁を思いだしましたよ。
あんこうをさばいて、あん肝のともずあえ(あん肝をすり鉢ですって、酢と砂糖を加えたものに、あんこうの身(を蒸したものでしたっけ?)をつけて食べるんだけど、
潤くん、漁師さんの目を盗んで、食べる食べる。。。
まさしく盗み食いしまくりで、いたずらっこみたいな目をして、本当に可愛かったんですよ。
バラエティでいろんなものを食べる機会がありましたが、あんなに、食べずにはいられない・・・というくらい、はまりまくって食べていたのを見たことがありませんね。
共食い? おっと失礼。類は友を呼ぶ?

ところで、白夜の女騎士のアンケート、明日が締め切りでしたが、
台湾行きやW杯などで、ゆっくり落ち着いてアンケートに取り組む時間のない方もいらっしゃると思いますので、
18日(日)に締め切りを延期させていただきます。

今回は、アンケート実施をどうしようかと思ったのですが、
書かれたものを拝見して、本当に実施してよかったなあと思っています。
自分には気づかないことばかりを教えてもらって、読んでいて、本当に面白くてワクワクします。
今回は、満足度の平均や、原作の未読・既読を集計するくらいで、
皆様の書かれたものをそのまま読んでもらおうと思っています。
私が、集計するようなものではなく、お一人お一人の思いのこもった言葉をそのまま読んでもらうのが一番だと思いますので。
ですから、気ままに、お好きなようにアンケートに書き込んでいただけたらありがたいと思っています。(答えたい項目だけで結構です)

<アンケートBBS、星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。



|

June 12, 2006

なぜ、松潤がアジア他国で人気なのか?

台湾での潤くん、可愛らしくて、賢そうでしたね。
可愛らしいのは、その場だけのブリッコができるけど、
賢そうに見えるのは、長年の積み重ねが滲み出るものだから、ポイント高いと思いますよ。

で、イ・ビョンホンくんを、”英語でしゃべらないと”でたまたま見た時のことを思い出しました。
私、この人の魅力がわからなくて、この顔のどこがいいんだろ?と思ってたんですよ。
それが、英語を一言一言、考えながら、自分の言葉を探して話そうとする誠実な姿勢にグッときたんです。
そして、終わったと思った直後に、「うまくいった?」と聞きまくって、ほっとしてソファに倒れたのを見て、なんて可愛い人なんだろう・・・って思ったのね。

ビョンホンくんと潤くんに共通する可愛らしさは、
例えば外国語に対して誠実に向き合うし、
やればできるという自分の能力に対する自信があるから、
背伸びせずにありのままの自分をさらせる・・・
それが、賢さとの大きなギャップになる可愛らしさになるのかなと思う。

ところで、久々にきみペを見ました。
初めて見たときは、ごくせんの再放送落ちしたばかりで、慎とのあまりの違いに、その演技力にただただ感嘆していたけど、
今回は初めて客観に近いように見れた気がします。

小雪さんは、もう文句なしに素晴らしい!
潤くんは、眉毛の太さにビックリして、
以前、あんなに凄い演技力!と思った、「よろしくご主人さま!」のお手の顔、おもわず、キモっだったし、
ペットにはもっと、ヤワで中性的で綺麗な男の子いなかったの?!
松潤じゃ、男だよ・・・と思い、
だから、鈴木紗理奈さんとのケンカっぽい場面とかが、しっくり見やすかったし、
うう・・・・・ん、はっきり言って、違和感ありまくり。。。
だから、きみぺ見ていたけど、落ちなくて、
花男で落ちた・・・という人たちの感覚が、わかる気がしました。

で、思ったの。
潤くんは、個性が強すぎるんだって。
潤くんの魅力というか、きみぺ1話に関して言えば、
”ほや”とか”あんきも”とか、
珍味というか、はまって大好きな人にはたまんない味だけど、一般には、ちょっと・・・という感じ。

でも、それが回が進むにつれて、役としっくり同化していく・・・というところが、彼の誰にも代え難い魅力であるわけで、
そこが、観るものにも、作り手側にも、渇望される大きなポイントでもあると思う。

そして、台湾・韓国・香港・シンガポールなどのアジア諸国で大人気なのに、
日本の人気投票ではあまり上位に載らない理由が少しわかる気がしました。

日本は、島国で他国に本格的に占領された歴史もなく、強い個性よりも、目立たず、人から嫌われないように腐心していれば、とりあえず安定した生活ができる。
でも、上に挙げた国々は、中国からの独立とか、南北分断とか、政情の変化がそのまま実生活を大きく変え、のほほんと生きていられない国々。
それが、外国語学習やインターネットの熱心さにも関係している気がするし、
そういう面で遅れをとっている日本の将来は。。。

そういう意味で、松本潤くんがアジア諸国で人気というのは、将来を見据えた上で、とっても素晴らしいことだと思いました。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

人それぞれ。。。

6月10日(土) 22時43分
今夜は、仕事だし、食事の支度はしないといけないし、金曲奨は気になるし、忙しいです。

心配のメールをもらった時は、面白いなあ・・・と思ったんですよ。
自分が思いもしないようなことを言われると、
へえ~、なるほど~、そういう風に思う人もいるんだ・・・って。。。
だから、潤くんファンやめられないし、サイトやめられないんですよ。

私は、思いがけない視点からの指摘で、面白い!と思ったし、
言われてみれば、そこに加わっていない人やファンは、面白くなく思う人もいるかもしれないなあと、初めて気がつきました。
そこで、単純に、他の人はどう思うのか、聞いてみたかったんですよ。
それで、不快に思う人がいるとは思いませんでした。

そのメールをくださった方からも、
「星ふりさんは、いつもいろんな方が議論してたりするので、
管理人のミツコさんにお任せしますので、よろしくお願いします」というメールをいただきましたし。。。

そして、今日になって、私なりに考えたことを、書き込みました。
自分の考えをまとめるのに時間がかかったり、
人の意見を読んで、自分の考えを変えたり、深めたりすることは大いにあるし、
どんなに聞いても、やはり変えられないこともあります。

愛するから、心配だということは大いにあると思うんですよ。
特に、似たようなことがあって、その上で辛い思いをした実体験があると、他の人には何とも思わない事でも、ある人にとっては心配・・・ということはあり得ると思うのです。
また、そんなことは気にせず、大きな心で見守ろうよ・・・というのも、当然OKだと思うのです。
結局、人それぞれなんですよね。。。

人それぞれ、いろんな風に思う人がいるんだなあ・・・と知ることが、
掲示板の面白さだと、私は思っています。
一人で考えていると煮詰まって、絶対、これはAJSにメールしなくては・・・となることが、
他の人の感じ方を知って、
なんだ、たいしたことじゃないんだ、自分の思い過ごしだったんだと思うこともあると思うのです。
実際、心配メールをくださった方からは、
「今回の事は、皆さん楽しんでいらっしゃるようで、私の取り越し苦労かな、とも思っています。」
とメールをいただきました。

ということで、これからもよろしくお願いします。

台湾での、潤くんの晴れ姿、観た~いです。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

私の考え

日付:6月10日(土) 15時52分

ある方からの心配のメールについて、私の考えを書かせていただきます。

(1)について
ジャニーズのメンバーが集まって、盛り上がって、ジャニーズWEBでリレー方式で書こうよ・・・となって実行したのは、
彼らが考えて実行した仕事の一つだと思うのです。
同じジャニーズの仲間というのは、友達でもあり、ライバルでもあり、同じ会社の同僚であり、一緒にジャニーズという会社を発展させていこうという運命共同体なのだと思うのです。
単に友達同士の集まりなら、WEBまで使ってやらないと思うのです。

潤くんは、最年少で嵐のメンバーに選ばれ、ヘタレと呼ばれた時期を過ごして、今では嵐の影のリーダー的存在になりましたね。
同じように、ジャニーズの中にあっても、ジャニーズ全体の発展を常に考えて、他Gのコンサートや舞台を精力的に観に行っているようですね。
私、ジャニーズのやり方に疑問や文句がいろいろありますが、
潤くんがジャニーズにいる限り、ジャニーズは大丈夫だと思っているんです。

坂本龍一さんが、PSE法に反対して、署名を集め、アーティスト達の代表として記者会見をして、政府を動かしたりしましたね。
結局、類は友を呼びますので、
潤くんも、いずれ、そういうタイプの人になるような気がするんです。
突然、そういうタイプの人間になるのではなく、
日頃から、ジャニーズ全体の発展のための方向に、無意識に自分の行動を選んでいるような気がします。

(2)について
私が22歳の時は、企業に入って、まず最初に徹底的にたたき込まれたのは、電話の応対であり、他会社の人への接待態度でした。
それが、社会人の第一歩であった私には、敬語の使い方など、違和感がある時があります。
会社員とアーティストとは、土俵が違いますし、何とも言い難いところがあります。
ただ、この時期にウタワラの司会をさせてもらえるのは、とてもありがたいことだと思います。
言葉使いというのは、結局トレーニングですし、
様々な学ぶ場を与えられている潤くんは、本当に幸せものだし、
そういう場も、彼の努力でかちとったものだと思いますので、
彼は、本当に凄い!と思います。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。



|

June 10, 2006

ある方からの心配のメール。

今回のENJOYのことで、
今、ある方から心配のメールをいただきました。

(1)今をときめく豪華なメンバーで特別な仲間という感じで、ここに入りたいのには入れない人とか、そういう人のファンの気持ち考えたら、あんまり公表しないほうがいいのではないか。今回は、話だけでなく、リレーで結ぶので、益々心配。

(2)先輩・後輩なのに、タメ語で行こうということを、公の場で言って欲しくない。メディアの前では先輩は先輩できちんとして欲しい。

いつもは聡明な潤くんなのに、このことについては冷静に考えて欲しい・・・
ということでした。

皆様は、いかが思われますか?

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

久々のENJOY更新

久々のENJOY更新。
ジャニーズの先輩・後輩に読まれることを前提としたような、
ちょっと改まった書き方で、
いつものファン一人一人の心に真っ直ぐ語ってくるような、しみじみしたティストではありませんでしたね。

いつだったかの雑誌で、彼女には1日に1回は連絡とるようなことを言っていたのに、
ファンには3ヶ月近くぶりのENJOY更新。
しかも、ジャニーズ飲み会から発したリレー形式でしょ。
いじけちゃうよなあ。。。(彼女と張り合って、どうする?)

舞台でいろいろあったことについて、いつかゆっくり語って欲しいものですね。
その人の魅力って、順調にいかなかった時の言葉だったり、
絞り出すような想いだったりしますものね。


・・・なんて、久々のENJOY更新に、↑のようにいじけて書いたけど、
ホントは、「『今できる事をやり切る』ということはできた気がします」という彼の言葉に、ク~ッと来たのね。
私も、今できることをやり切ろうとしているギリギリのところにいるんだけど、
潤くんのこの言葉を思い出して、やり切ろうと思っています。

彼は、とっても単純な言葉で、大事なことを教えてくれる。
それは、さんざん自分と格闘して、その上で出てきたコアな言葉だから単純で説得力があるのでしょうね。。。

ネタバレ感想BBSに、『白夜の女騎士』について、メインBBSに書いてくださったものを、転載させていただきました。

後からファンになった人たちが、私たちの観た直後の生々しい声や、声が出なくなったと知った時の祈りを読んで、何かを感じてくれるのではないかと思います。
私も転載するために、皆さんの書き込みを読み返したのですが、
潤くんのサスケの公演と共に生きた、ハラハラドキドキの、2度と戻ってこない貴重な1ヶ月だったのだなあと思いました。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

June 07, 2006

短くても中身で勝負!

1日、3公演と聞いて、夕べは怒り狂ったけど、
この事実を変えられないなら、考え方を変えないといけないわけで。。。

去年は、アルバム発売が、コンサート開始した後・・・に延期されて、今までになかったパターンだったから、
あの時も、怒り狂いましたね。

でも結果的に、アルバム曲を知らない人たちにも楽しんでもらえるコンサート作りに苦心したようで、
代々木の前半の、潤くんの力の入れようは、目を見張るものがありました。
特にダンスの動きの大きさには感動しました。

潤くんは逆境にあればあるほど、
それをプラスにすることに意欲を燃やすタイプのようですね。
あのスケステ(ジャニーズ・ムービング・ステージ)も、そういう中から、考えに考えて思い浮かんだアイディアなのでしょう。
アイディアを形にする実行力も凄い!と思います。

大都市での1日3公演が5日もあるということは、
3公演やってもOKなコンサート作りということになるわけで、
もしかしたら、今までの嵐コンとは違う新たな作戦を考えているのかもしれません。
短いけど、中身の濃い・質の高いものを目指すのでしょうか?

嵐コンに初めて行ってビックリしたのが、間近にきてのファンサービスのすごさでした。
ファンは、好きな人が少しでも近くに来てくれて、手を振ってくれたりすることに無上の喜びを感じて、
そのことで一喜一憂するのが、嵐コンの大きな楽しみの一つなわけです。
でも、その間の音楽は、BGM的になってしまって、それが延々と続くわけですよね。
その辺を削って、歌や踊りだけでファンに楽しんでもらおうとするのでしょうか?

それから、アンコールが、1回、2回、3回、4回と、その時によって違いますよね。
そうすると、コンサート自体よりも、アンコールの回数で、そのコンサートが盛り上がったかどうかを判断する傾向にあって、それって、どうなの?と思っていました。
アンコールの回数を減らして、中身で勝負!ということでしょうか?

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

June 06, 2006

信じられない?!

1日3公演が、大阪・名古屋・横浜と5日もあるなんて、
いったい、嵐くんたちを人間扱いしているんでしょうか?!

人間ですもの、疲れるし、疲れると集中力は続かないし、
質が落ちる可能性だってあるし、
怪我だって心配だし。。。。。

去年のONEコンの素晴らしさは、MCの飛躍的な進歩にもあると思うんですよ。
毎回、毎回、違ったネタで、よく練られていて、
身体を使って、嵐ならではの素晴らしく楽しいMCだったんですよ。
回数が増え、時間的余裕がなくなれば、まずMCにしわ寄せがくると思うんですよね。

いろんな事情でコンサートに来れない人が観れる、
あれほどファンが望んだONEコンのDVDは出さずに、
1日3公演を5日もやるなんて、
ジャニーズ事務所、Jストの考えること、わけわかんない!

今までの例からすると、大都市で公演数を増やしても、
1人が参加できる回数が大幅に増えるかもしれないけど、
1度も観れない人が観れるようになる・・・という可能性はあまり高くないと思う。

<星フリBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

いい男のいっきくんへ

以前、私は、「松潤が好きと言った時の彼氏の反応が、いい男かどうかのリトマス試験紙だ」と書いたことがあります。
いっきくんの登場で、私の仮説が証明された気がします。
いっきくん、いい男ですね~。

いい男の条件に当てはまるいっきくん
(1)ドン引きされるかもしれないところに入っていく勇気がある。
(2)松本さんの魅力と年齢とのギャップを感じるときが俺は好き・・・という、人の本質を端的に見抜く能力がある。
(3)彼女がなぜ松潤が好きかが理解できて、嫉妬しない。
(4)完全に聞かず嫌いでした。すみません・・・と、過去の自分にとらわれず、成長を実感している。
(5)自分が好きなもののためなら、外国へ行ってでも(つまり困難を乗り越えてでも)思いっきり楽しむ!
(6)>海外の山に行ったら「飛びたい!飛べる!」ってカンジしますよ。
>夜明けの下界が白々としてきて、雪煙上げてシュプール描いて、スキーが身体の一部になってさッ!
>すごいんだぜ!
心の躍動・飛翔に自分の存在価値を置き、大きな世界に飛び出していく人間的な大きさがある。

・・・なんて、潤くんを語るようにいっきくんについて語ってしまいました。
気に障ったら、ごめんなさいね。
こんな彼を持って、彼女は幸せですね。

>俺等のサークルもあんなカンジで男女仲良しなんですよ。
>回し食い・回し飲み、すべてOK!です(笑)

自分と似ている嵐にとても魅力を感じてくださったようで、
結局、類は友を呼ぶんでしょうね。
矢沢永吉さんのファンは、あんな感じですしね。
ですから、いっきくんのようないい男が、嵐に魅力を感じてくれてうれしいです。

『白夜の女騎士』のアンケートの回答、
とても面白く読ませていただいています。
でも、皆さんの理解度の高さにビックリです。
私、見栄はっても40%くらい。
実質30%くらいなんですよ。
舞台を観ている時は、とにかく松本潤のサスケを感じつくしたくて、理解はどうでもいいと放棄していましたからね。
終わってから、アンケートを読ませていただいたり、ジェイさんのあらすじを読んだりして、
へえ~、そうだったんだ・・・みたいな感じです。

|

June 04, 2006

男性ファン初登場!

いっきさん、はじめまして。
男性の嵐ファンの初登場、とってもうれしいです。

>今週のAの嵐でここで言う「嵐落ち」しました、いっき・21歳です。
>彼女に進められて、初コメントです。

ということは、彼女が潤くんファンで、星フリを知っていたから、
すすめられて初コメントしてくださったということですね。
星フリでは、恋人やご主人と潤くん・嵐ファンとの両立に苦心されていらっしゃる方がたくさんいます。
是非、いっきさんにアドバイスなどをいただけたらと思います。

また、潤くん本人が星フリをチェックしている可能性がありますので、
男性ファンの登場は、とても喜んでもらえると思いますので、
これからも、気楽に思ったことを書き込みしてくださいませ。
男性視点のコメント、楽しみにしています。

ルカさん、
台湾からの書き込み、ありがとうございます。
『金曲獎』の情報ありがとうございます。
これからも、潤くん・嵐の台湾での情報を、是非ともお知らせくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。

『白夜の女騎士』のアンケート、
今回は、結果を集計するということは、最低限にして、
皆様のアンケートへの書き込みをそのまま、潤くんはじめ、関係者の方々、ファンの人たちに読んでいただこうと思っています。
それぞれの方が答えたい項目だけ、お好きなようにお書きいただけたら、ありがたいです。
みるくさんのように、アンケートをきっかけに登場してくださる方がいると、本当にうれしいです。
感謝いたします。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« May 2006 | Main | July 2006 »