« スケジュールがハード過ぎます。 | Main | 不思議なくらい、よく声が出ていて、素晴らしかったです。 »

May 29, 2006

時間がくれば必ず終わる。

本当に大事なものは、簡単には与えてもらえない。
簡単に得られるものは、それに見合うものしか与えてくれない。

私が松本潤を好きなのは、苦難や、葛藤や、自分も傷つき、人も傷つけ、その痛みを心底知った人のみが持ち得る、ピュアな心が見えるから。

今回は、舞台で声が出なくなる・・・という、誰の目にも明らかな試練だけど、
きっと、人知れぬところで、今までたくさんの涙と、苦難を乗り越えてきたのだと思う。
そして、そのことがプレゼントしてくれる、本物の宝物を彼はたくさん知っているし、持っているから、
苦難にも果敢に挑んでいけるのだと思う。

これから先に何が待っているか、誰もわからないけど、それでも、明日はやってきて、彼はまた舞台に立つ。
できる限り平常心で、やれるだけしかできない・・・と、開き直るしかないのかな。

去年4月から、ミンテレで初司会、しかも生放送・・・ということに対して、
潤くんは確か、「なるようにしかなりません」と言ったような気がします。
それに対して、日テレの羽鳥アナウンサーは、
「生放送のいいところは、時間がくれば必ず終わるところ」というようなアドバイスをくれたような気がします。
2日後の今頃は、たとえ何があろうと、すべてが終わっていますね。

今までなら、もしかしたら、一人で抱えた苦しみだったかもしれないけど、
今回はファンも一緒に、潤くんの辛い心に添わせてもらうことができます。
ある意味、ファン冥利に尽きると思っています。
一緒に祈らせてくださいませ。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« スケジュールがハード過ぎます。 | Main | 不思議なくらい、よく声が出ていて、素晴らしかったです。 »