« 「たいへんだ・・・」 | Main | 声は思ったよりずっと良かったです。 »

May 09, 2006

声の枯れ=筋肉痛

私はまだ観劇していないのですが、
白夜の女騎士、ファンでない人達の感想をブログなどで読むと、総じて、「松潤は素晴らしいけど、声が2日目にしてすでに枯れていて心配」という感じですね。

私もとても心配ですが、本人が一番辛く悔しいだろうと思うと、夕べはあまり眠れなかったです。

それで、私自身のことを思い出したのです。
私は、”気持ち>身体”の人で、
何かを頑張ってやると、調子よくいっていると思ったのに、身体に不調が出てしまって、断念する・・・ということを繰り返していたんです。

そんな時、本で、
「慣れない運動をすると、筋肉痛になるように、慣れないことを頑張ると、身体の具合が悪くなるんだ」というのを読んで、これだ!と思ったのです。
それで、具合が悪くなっても、これは筋肉痛なんだから、慣れれば平気になるだろう・・・と思うことにしたんです。
そしたら、とっても気が楽になって、具合の悪さもなくなって、やりたいことが続けられるようになったんです。
体調と気の持ちようとは、本当にリンクしているんだと痛感しました。

潤くんは、蜷川さんと野田さんというビッグネームがいっぺんにきちゃって、
今までとは違う、厳しい批評にさらされるというストレスのさなかにいるんだろうなあと思います。
ストレスがあると、血流が悪くなって、身体の各器官が正常に働かなくなるんですよね。

どんなに頑張っても、自分の今持っている力以上のものは発揮できないのだから、
開き直って、気楽にやって欲しいなあと思います。
もし、このまま声がつぶれてしまって、酷評にさらされ、また皆に迷惑をかけることになっても、
ファンはガッカリしないで、見守り続けるし、
潤くんがどんなに努力して、素晴らしいものをつくりつづけているかわかっているし、
安心してちょうだい・・・と伝えたい。

22歳にして、頂点を極めるより、
たくさん失敗して、自分の身体や、身体との付き合い方を少しずつ体得していって、
長い時間かけて、本物になっていけばいいのだと思いますもの。

蜷川さんの要求が、3億階に思えるという状況が、
今は、何階くらいに思えるようになったかわかりませんが、
私は、潤くんは将来、蜷川さんを超えるビッグな人になると思っているんですよ。
いつか、3億階に思えたものが、自分のポケットに入るくらい小さなものに思えるような時がきて、
昔、蜷川のじいさんにしごかれたなあ・・・と懐かしく思う時がやってくると思うのです。

ですから、プロにかける言葉ではないかもしれないけれど、
ファンは、暖かく見守っているから大丈夫だよ・・・
無理せず気楽にやって・・・と伝えたいです。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 「たいへんだ・・・」 | Main | 声は思ったよりずっと良かったです。 »