« 東京タワー話の続き | Main | 「たいへんだ・・・」 »

May 06, 2006

松本潤の演技の魅力は「クリエィティブ!」

美帆さんの、
>彼の現実にありえないものを、まるで存在するかのように演じる才能に惹かれるのでは・・

について、ずっと考えていました。
彼の演技の魅力は、一口で言えば「クリエイティブ!」だと思うのです。
現実にはあり得ないもの、或いは何もないところから、演技という手段を使って、まったく新しいものを創造する能力だと思うんです。
ですから、彼の演技がハマッタ時は、”驚き!”なんですよね。
こんな表情って、あり得るの?
こんな表現って、今まで見たことがない!

ですから、みかさんの指摘の、「いいシーンといまいちの差が大きいかも」というのも、
何となく、そこに存在している・・・という演技ではなく、常に何かを創り出しているので、
相手役や、カメラや、演出とのコラボが上手くいくといいシーンになるのですが、
上手くいかないと、浮いちゃって、アレ?っていうシーンになっちゃうのかも・・・なんて思ったりします。

そこで、思い出したので、松坂投手のことです。
彼は、立ち上がりがイマイチで、ある程度、試合で投げていかないと、力を発揮しないタイプなんですよね。
どんなに試合前でブルペンで投げても、関係なくて、
試合しながら、野手との連携や、バッターとの試行錯誤をしながら、その日の自分の調子を作り上げていくのだそうです。
大投手というのは、打たれたりしながらも試行錯誤し、最終的にはなんとかするだろう信頼に値する投手だと思うのです。

だから潤くんの演技の「イイとイマイチの幅が大きい」というのは、大きな俳優への道のスタートラインかな・・・なんて、思っています。

蜷川さんにさぞや鍛えられていることと思いますが、
すべてがプラスではなく、もしかしたら、彼が今まで大事にしてきた魅力を壊すことだってあり得るかもしれない。
でも、そこからまた新たな出発をするしかないのでしょうね。
今まで培ってきたものをゼロ、あるいはマイナスにされて、そこから新たなものを、必死で想像し、それを身体を使って創造していくという、果てしない道のり。。。
それが、松本潤の新たな魅力を生み出していくんでしょうね。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 東京タワー話の続き | Main | 「たいへんだ・・・」 »