« 俗世間への挑戦 | Main | なぜ潤くんは、ピュアさを表現できたのか? »

May 17, 2006

『女性自身』&京本政樹さん公式HP

今発売中の『女性自身』の、白夜の女騎士の写真と文、いいですねえ。
迷わず、買いました。
舞台写真は、表情が生き生きとしていて綺麗だし、
文は、稽古場の生々しい言葉が載っていて、思わず、うふふです。
杏ちゃんからは、「こんなに蜷川さんに対抗する人、はじめて見た」と言われ、潤くんは、「理不尽なことをイヤミったらしい言い方でするから(笑)」など。。。
私はそんなあなたが好きよ。
そして、そういうあなただから蜷川さんも他の人にないものを期待しちゃうんでしょうね。。。

ところで、京本政樹さんの息子さんがカツンのコンサートに出演したというニュースがありましたが、
彼の公式HPの中の、『Speak』という欄に、
突然、息子さんがカツンのステージに立ったことに対する、親としての真情がつづられていて、興味深いです。
「無謀にも・・・」とか、「レッスンを受けたわけではありません」とか、芸能界の厳しさ、親の七光りと言われる運命・・・などなど、とまどいでいっぱいであることも伺われます。

たまたま京本さんは、有名芸能人であるため、その心情を公にしていますが、
潤くんの入所当時の親御さんの気持ち、他のジャニーズに入られた親御さん達の気持ちも、
この京本さんと同じようなものなんだろうなあと想像します。

それにしても、有名芸能人の息子さんがジャニーズに入ったという話はよく耳にしますが、
20歳過ぎても活躍している人はいないような。。。
スタートラインで、チャンスは多いのかもしれませんが、
それ以降は本人次第ということなのでしょうね。

入所10周年の日を、蜷川・野田舞台の主役で祝えるとは、想像もしなかった素晴らしいことでしょうね。
おめでとう! 潤くん。

あゆみさん、毎朝のカウントダウン、ご苦労さまでした。
優しさの中に、ぴりっとした知性がわさびのように効いていて、
あゆみさんのおかげで、星フリの品位を保っていただいたような気がします。
本当にありがとうございます。

<星フリメインBBS>・・・左上リンクからどうぞ。

|

« 俗世間への挑戦 | Main | なぜ潤くんは、ピュアさを表現できたのか? »