« 潤くんは、ドS&ドM | Main | 歌笑、過去最高! »

March 11, 2006

ニノ。。。

ニノって、大竹しのぶさんとか秋吉久美子さんに可愛がられる感じがよくわかるんです。
人を煙に巻くって言うか、本音がどこにあるかわからないような感じの天才型という共通項。
それに対して潤くんは、夏木マリさんとか寺島しのぶさんとか、ストレートな言動と努力型の人たち。

で、私は、潤くんの演技の一つ一つにビシバシ感じるけど、
ニノが、どんなに演技が上手だと言われても、私には何も感じないのね。
上手であることと、心を動かすことができることとは別だと思うし、
心が動くかどうかは、受けとり手の問題だからね。

だから、潤くんがきみぺの後、長い間演技の仕事がなかった時、ニノが連ドラや蜷川さんの舞台などが続き、
何故、潤くんにはそういう仕事がないの?
何故、ニノなの?
と、真っ暗な心で見ていたわ。

潤くんはその後、演技の仕事で結果を残し続け、私にも余裕ができたのか、
今回のハリウッド進出は、素直に凄い!と思うし、良い結果を出して欲しいと思う。

でもね、また別の心配が出てきたの。
新しい世界で、あまりに多くの刺激を受けて、
嵐に戻ってきたとき、他メンとの微妙なズレが生じるんじゃないか・・・って。
だって、ニノは嵐をやめて、アメリカに演技の勉強に行きたいと、初めの頃は思っていたそうですもの。

でもね、今日のニノの日記を読んで、杞憂だと思ったわ。
ニノがハリウッド映画に出て、他メンが今まで通りだったら、意識のギャップが生じるかもしれないけれど、
嵐から1人、そういう仕事をすることで、他の4人の個々の意識もグ~ッと引き上げられて、
ハリウッドで仕事をして帰ってきたニノにとって、物足りない存在にはならないだろうな・・・って思ったの。

ニノの日記の後半、
「緊張する暇があったら・・・・」あたりから、涙がツツツツーと流れてきて、止まらなくなっちゃった。
私にとっては初めて、ニノの芯にある本当の言葉を聞いた気がするから。
私にとっては、24時間TV以来の、嵐に対する涙でした。


|

« 潤くんは、ドS&ドM | Main | 歌笑、過去最高! »