« 高田和夫くんが可哀想で。。。 | Main | 潤くんと一緒に観劇すること。 »

March 29, 2006

いい男だからこその高田和夫役。

夕べからずっと潤様が、いえ、和夫くんが可哀想で、可哀想で。。。
だって、何にも悪いことしていないのに、あんな目にあって、最後、イマキヨさんの腕のブレスレットが哀れで。。。
理不尽だ~~~!

でね、潤くんが平凡な大学生役ができるか・・・という話だけど、
この話は、華やかな美形な潤くんだからこそのキャスティングだったと思うんですよ。
これが、あのボロアパートに馴染んじゃうようなどこにでもいるような男の子じゃ、イマキヨさんとの対比が生きてこないじゃないですか。
最初、和夫が真っ赤な服を着ていたのも、インパクトが強かったですよね。

すごい美形で、色気があって、いい女にもてまくっている、男の敵のような松潤が、
あんな薄汚いイマキヨさんに取り憑かれてしまったために、悲惨な目にあって、救いようのないオチで終わる役をふられるのは、
ざまあみろ~という、男のひがみ・嫉妬の発露の気がするんです。

それにしても、道明寺にしても、高田和夫くんにしても、
美形だからこそ魅力倍増になるコメディという、
他の俳優さんにはできない、松潤だからこその演技力が期待される分野を開拓しましたね。

イマキヨさんにチューされそうになって、驚いて身を引く潤くん、最強でしたね。
確かに彼の演技はオーバーだけど、ハミングイェイに代表されるように、いい男を捨てる潔さがあのオーバーアクション・表情となっていて、照れがないのがいいわ。

<星フリメインBBS>・・・左上のリンクからどうぞ。

|

« 高田和夫くんが可哀想で。。。 | Main | 潤くんと一緒に観劇すること。 »