« ナルシズムと理不尽 | Main | 「てめえの仕切りは最悪なんだよ」 »

February 08, 2006

「俺ほどの男になると、中産階級のババアが作った飯だってことくらいわかるんだ!」

「俺ほどの男になると、中産階級のババアが作った飯だってことくらいわかるんだ!」

1話で、楓との長~いテーブルを挟んで食べる司の寂しい目。
その後、つくしの伊勢エビ入り豪華な重箱弁当を見た司は、不愉快になって重箱を投げつける。
母親の愛情を受けられない司は、愛情たっぷりなつくしのお弁当に嫉妬して爆発したんだろうなあと、頭では理解していました。

でも、潤くんの演技にそれを納得させるものが感じられなかったのね。
弁当を投げつけることが、どういう意味があるの?だった。

そして、「中産階級」って、それなりのお金持ちを指す言葉で、貧乏なつくしの母は、「中産階級のババア」ではないよね・・・と、違和感がありました。

そして、放送終了2ヶ月近く経って思うこと。

あの重箱弁当は、愛情の象徴ではなく、
親の見栄と、自分の人生の幸福を娘におんぶしている酷い親の象徴であること。
愛のお弁当なら、つくしの健康を考え、適度な量にするよね。

司は、英徳学園の親たちの欺瞞を敏感に感じ取っていて、
つくしのあの豪華弁当の、愛を装いながらも、その底にあるドス黒い欲望が見えてしまって、嫌悪したのではないかと、今になって思います。

1話のあの時点では、つくしがド庶民だって、まだ知らないですよね?
だから、英徳の一般的の親のひとりとして、「中産階級のババア」と呼んだのかな。。。


No.376 - 2006/02/08(Wed) 00:24

--------------------------------------------------------------------------------
☆ Re: 「俺ほどの男になると、中産階級のババアが作った飯だってことくらいわかるんだ!」 / ミツコ 引用

すみません。
今、このシーンを見直したら、最初に「庶民が、必死で上流階級のまねかあ」と言っていますね。
ということは、↑の、つくしがド庶民だとまだ知らなかった・・・という前提が違っていました。
そうすると、やはり、単に愛情あふれるお弁当に嫉妬したってことかな。

でも、「中産階級」という小金持ちを指す言葉に引っ掛かるんです。
これも、日本語弱い系の道明寺の認識違いなだけ?

皆様、いかが思われますか?


No.377 - 2006/02/08(Wed) 16:55

<アンケートBBS>・・・左上リンクからどうぞ。


|

« ナルシズムと理不尽 | Main | 「てめえの仕切りは最悪なんだよ」 »